<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2012.7.14京急大津釣果速報

JUGEMテーマ:スポーツ



アジ10匹、大サバ1、シロギス2。
その他イワシ多数。持ち帰らなかった魚も多数。

久々の京急大津でのアジツ抜けです。

丸根近辺での釣りでした。

詳細は明日です。

Macchi * 海のボート釣り * 21:00 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

ボート釣り行ってきます

おはようございます。

これから京急大津に行ってきます。

実釣情報はTwitterで、呟きます。
Macchi * 海のボート釣り * 05:41 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

東京湾サクラマス情報

本牧海釣り施設で、シルバーサーモンが釣れたという事を、先日記事にしましたが、Twitterでフォローして頂いている方の書き込みで、横須賀海辺釣り公園でも、同日朝方に釣れたらしいという情報を得ましたので、同公園のブログを覗いたら、確かに釣れていました!

http://umibetsuripark.blog11.fc2.com/blog-entry-2341.html

色々調べてみると、なんと大黒でも、7日、13日両日に釣れていました!!



本牧では、シルバーサーモンの記述でしたが、横須賀、大黒では、サクラマスの記述でした。
サクラマスの方が、分かりやすいし、誤解がないかもしれませんね。
サクラマスは、ヤマメが海に下ったもので、生まれた川に戻るそうです。

さらに調べると、ここ数年東京湾では、年によってムラがありますが、数は多くないものの、漁獲があるそうです。

http://www.ifarc.metro.tokyo.jp/22,294,47.html

今は、まれに釣り上げる釣り人もいるみたいですが、昔はサクラマスも珍しい魚ではなく、水質悪化や河川整備でいなくなっていたようです。

今年は、特に魚影が濃いのかもしれませんね。

この時期(5月)に限った事みたいのようですが、東京湾も段々水質が良くなってきているんだなぁと、なんだかロマンありますね。
Macchi * 海のボート釣り * 12:44 * comments(7) * trackbacks(0) * pookmark

本牧海釣り施設でシルバーサーモン!?

いやはや、以前本牧海釣り施設で、ホッケが釣れた事は、ブログでも触れましたが、何と本日(2013年5月21日)、シルバーサーモンが釣れたそうです!!
ちゃんと釣果写真も載っています。
シルバーサーモンって、直訳してそのまま銀鮭ですが、「銀鮭」の事なのでしょうか?
恐らく、どこかの川上流(多摩川?)の管理釣り場から逃げたものかも知れませんが、東京湾は驚く事だらけです。
Macchi * 海のボート釣り * 19:39 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

5月5日京急大津ボート釣り

2013051122310000.jpg
PCがないと、やっぱり不便です。

PC宛てのメールの送受信や、ネットの閲覧程度は、携帯電話やPHSで出来るので問題ないのですが、こうやってブログとかある程度の長さの文章を書くのも、携帯で書かなければならないし、当然エクセルなどの表計算ソフト等も使えません。
また音楽も聴けません。家で音楽を聴く事自体は、CDプレーヤーなどで聴けるのですが、このブログの主要記事である通勤BGMについては、PCからMP3プレーヤーやウォークマンに音楽を落として聴いていたので、それが出来なくなってしまいました。
ちょっと前に記事にしたMDに音楽を落とせば、通勤BGMも可能なのですが、ここ何年もそういう事をしていなかったので、臨機応変に対応出来ないのが現状です。
何でもPC頼みというのも、良くないですね。

PCの件はこれくらいにして、遅ればせながら、釣りの報告です。
Twitterでは実況でツイートしていたのですが(5月5日のつぶやき参照)、5月5日に、釣りとしては昨年9月の金沢八景以来8ヶ月振り、京急大津には昨年8月以来実に9ヶ月振りにボート釣りに行きました。
当日は朝一の出港時には若干北風が強かったですが、お昼過ぎ位に南風が強くなるまでは、風もなく凪の状態で、晴れた絶好の釣り日和となりました。

ここ数年、特に一昨年辺りから、京急大津は葉山並の、海のボート釣り人気スポットとなってしまい、電車釣行派の僕としては、当初借りようと思っていたボート屋さんでボートを借りれない事が多いのですが、この日は結構釣り客が多かった割には、意外にあっさりとボートを借りる事が出来ました。
この日は、石田ボートさんでボートを借りました。

海苔棚も撤去されてしまい、どこで釣るのか、適確なポイント(根)を特定する事が要求される難しい時期ですが、とにかく丸根が気になってしまい、当日は丸根で糸を垂れようと決めていました。
しかし、ボート屋で武山根が前日は良かったという情報もあり、また多くのボートが武山根に向かっていたので、結局僕も武山根で釣る事にしました。

僕の釣りのパターンとして、体外スタートダッシュの行方次第で、当日の釣況が決まる事が多いのですが、この日は釣りを始めて1時間経った8時過ぎに、20センチ程の待望のアジがサビキで釣れました。
仕掛けを入れて、一投目からアタリがあったわけではないですが、そこそこ良い立ち上がりに、これからの釣りの行方に期待が高鳴ります。
ところが、アタリはこれのみで、サビキもビシもアタリが続きません…。周りもアタリがなさそうです。
昨年の秋に買ったものの、実戦の機会を与えられず、ようやく初陣の運びとなったおNewの赤い竿の使い勝手も悪く、元々10時を過ぎても釣れないなら移動しようと思っていたので、とうとうしびれを切らして、最初気になっていた丸根に移動することにしました。

丸根に移動すると、こちらのドンキホーテ沖は、岸近くと海辺釣り公園側に小数のボートが浮かんでいるのみで、武山根とは大違いです。
こちらでは、さすがにアジオンリーの狙いではボウズの色が濃厚となってきたので(実際にはアジ1匹釣っているので、完全ボウズではないのですが)、サビキ仕掛1本と、シロギス等を狙って、投げ仕掛1本で釣りをすることにしました。
しかし、こちらも釣れません…。ますます焦りが募ります…。
1回だけ、シロギスとは明らかに違う、カレイかもしれない大きなアタリが投げ仕掛にあったのですが、餌だけを持っていかれてしまい、魚の姿も見ることが出来ず、勿体ない事をしました…。

結局、唯一釣果のあった武山根がまた気になりだし、11時半には丸根を諦め、再び武山根へ。
今度は朝よりも少し沖に陣取りました。
この陣取りはとりあえず成功で、アタリは頻繁にきました。しかし、釣れてくるのは、小さなカサゴばかりで、とても持ち帰れません。
結局、ここでは良型のメバル2匹と、この手のヤツにしてはまあまあ型のいいシコイワシ1匹を持ち帰りようにクーラーに納め、昼過ぎから今度は南風が強くなってきたので、2時過ぎに納竿としました。

陸に上がって、中根で釣られて先に陸に上がっていた方に聞いたのですが、この日は中根はそこそこ良かったようで、素直にそのまま沖に行けば良かったと思った次第でした。

釣りそのものは、ストレスの多い結果となりましたが、久しぶりの京急大津でのボート釣りはやはり気分良かったですね。
また近いうちに釣りに行きたいと思いました。京急大津の隠れた名物アナゴとか釣ってみたい魚も尽きません。

Macchi * 海のボート釣り * 23:19 * comments(2) * trackbacks(0) * pookmark

2012年納竿…

JUGEMテーマ:スポーツ



もう準備万端だったんですけどねぇ…。

12月8日、今年最後のボート釣りを、京急大津に行く予定でした。
しかし、天気は良かったものの、風が強く駄目!予備日として本日9日も予定に入れてましたが、今日も風が強く駄目!
な、ならば3連休初日22日に。この日が駄目ならば今年は断念だ!!と画策していたんですが、7日金曜日の夕方に起きたあの件で、ほんの少しの間は様子見という事で、「僕個人」は、今年の釣りを断念しました。

今年も、昨年に引き続き3回釣行。
結果的に9月の金沢八景が最後という事で、あの日はアジが小アジながらも27匹と、数でいえば有終の美を飾った事になりますが、納竿という意識もなく、結果的にそのあまりにも早い納竿にガックリ…。
10月は仕事が忙しく行けず、11月の半ばに予定を入れていたのですが、週末は雨が降ったりと、天気がいまいちで、12月にかけていたのですが、今度は風で参りましたね。
秋の絶好の時期を逃しただけに、今回は行きたかったのですが、結局今年もイナダちゃんに会えませんでした。

今のBGMは、これ↓ですかね

 The Damage Is Done/Foreigner
 
ミック・ジョーンズの泣きのギターソロがしみるぜ!

ガックリはしているのですが、まあ、高気圧に覆われたポカポカ陽気の中での〜んびりと釣り糸を垂れるならともかく、ボートは出れたとしても北風が吹く中で無理に釣りする事もないか…と気持ちを切り替えようとしています。
釣果はどうでもいいと言ったら嘘になりますが、世知辛い日頃の喧騒を忘れ、の〜んびりと無心で糸を垂れ、竿を振る事も、僕個人のボート釣りの楽しみですから。

今年の冬休みは結構長く、新年早々、天気が良ければ、個人的に今までで一番早い初釣りも出来るかなと、ちょっと楽しみにもしています。

まだ、皆様は恐らく釣りに行かれると思いますが、寒いのでしっかり防寒対策して、くれぐれもお気を付けて楽しんできてください。

Macchi * 海のボート釣り * 20:44 * comments(6) * trackbacks(0) * pookmark

ショゴ?

JUGEMテーマ:スポーツ

ポイント横須賀大津店の釣り情報を見ていたら、なんとショゴ(と呼んでいいサイズなのでしょうか!?カンパチの幼魚)が釣れていたようですね。

どうも写真の場所が横須賀海辺釣り公園みたいなので、公園のブログを確認したら、11月1日、2日に釣果が何匹かあったようです。

http://umibetsuripark.blog11.fc2.com/blog-entry-1944.html

http://umibetsuripark.blog11.fc2.com/blog-entry-1946.html

以前、三春町の岸壁で大きなカンパチを釣り上げた女性の方がいましたが、本当に稀ですが回遊してくるんですね〜。

Macchi * 海のボート釣り * 21:50 * comments(2) * trackbacks(0) * pookmark

ハンドル・ロッド・ベルト

JUGEMテーマ:スポーツ

今月釣りに行くのは難しそうですが、港南台のポイントに行ってきました。
小学生の頃から行っている釣具屋さんです。

お目当ては、広告に載っていた「ハンドル・ロッド・ベルト」。

電車釣行派の僕にとって、釣行の際の荷物は、出来る限り軽量で、かさばらないようにしたいもの。
また、釣行当日の「時間」は、朝早くから行っているとはいえ、限られた貴重なものなので、出来れば余計な事には「時間」を費やしたくない。手っ取り早く言えば、早く釣りたい(笑)という事なのですが。

で、釣行の際、竿は下の写真のように持って行ってました。



竿を百均で売っていたマジックテープで束ねて、これを手で持つというスタイルなのですが、ポイントに到着したら早く釣るという点では理にかなっているのですが、軽量でかさばらないという点では、これでは手が塞がってしまいます。
ライフルみたいなベルトが付けられると、肩に掛けられて、手も空くし、便利なんだけどなぁと色々探したのですが、これというものが見つかりませんでした。

でも、数日前に入ってきたポイントの広告に、まさしくどんぴしゃのアイテムがセールで売っているではないですか!



これこれ。正しく僕が探していたのはこれですよ。これで機動力(といっても徒歩+電車ですが(笑))が増しますよ!
今は、まだ仕事が忙しいのでなかなか行けませんが、早く行きたいです。

Macchi * 海のボート釣り * 18:07 * comments(7) * trackbacks(0) * pookmark

2012年9月22日金沢八景ボート釣り(その2)

その1からの続き…。

釣り船の出船ラッシュの時間帯には、波に揺られながらも小アジですが、アジを主体にコンスタントに釣れ続きます。ただ、全てがマアジかというとそうでもなく、中には魚体の細いマルアジの豆アジも混じっています。今年の金沢八景のボートアジは、そんなところも特徴です。
時折、アジに混じってウルメイワシやカマスも釣れました。

  

しかし、10時になるとアタリもパッタリ止んでしまい、魚探を見ると、群れの反応はなくなってしまいました。
たまに釣れるのは、ヒイラギのみです。



アタリも止み、シーパラダイスも開園したのか、ジェットコースターも動き始め、女の子の黄色い悲鳴が聞こえ、時折シーパラダイスの遊覧船が周囲を航行するのを眺めながら釣りをしました。


「トムソーヤの冒険」にでも出てきそうな遊覧船

当日は曇りで、長かった暑さもようやく終わり、早朝は前日夜に雨が振った事もあってかなり涼しかった為、日が少し出てきて多少暑くなる場面もあったものの汗もかかず、汚い話ですが、飲んだ飲み物は尿意へ移りました。
この相川ボートのすごいところは、各ボートにお小水用の手桶が完備してあり、僕もこれのお世話になりました(^^;)。


1艘に完備の便所。

ただ、周りは釣りボートが集中しているので、人目をはばかる為、アンカーを上げて少し皆から離れたところへ移動。


ここのアンカーは京急大津と違って、重くないのもいいです。

11時になり、再びアジが、飛ばしサビキにも、サビキにも掛かりだしました。
魚探を見ると、また底から2m付近に群れがあります。
アジが戻ってきたのかと思いましたが、アジは数匹釣れたのみで、サッパの群れでした。
ここからサッパの猛攻が始まり、型はなかなかなのですが、すでにアジを20匹以上釣っていたし、我が家ではサッパは不評ですので、リリースです。
仕掛けを投入すれば必ず釣れるという状態で、サビキの全針に掛かる事もしばしばでした。これがアジだったらなぁという思いも…。
そんなサッパの猛攻が続く中、飛ばしサビキに強烈なアタリがあり、糸を巻き上げると、25cm位のマサバと、同サイズのイシモチでした。
サバはマサバでしたが、大きさがまだまだなので、これからドンドン大きくなる事を期待してリリース。イシモチはキープしました。

  
サバは、せめて35cmくらいあればなぁ…。

結局、午後12時半にはコマセもなくなり、沖揚がりとなりました。

終わってみれば、アジ27匹。小アジばかりで、中にはマルアジも混じっていましたが、自己記録には及ばなかったものの、数だけで言えば自己歴代2位の記録となりました。
釣りの仕方は再点検できたかというと、どうもその点に関しては「?」です。アジのタナを掴み、仕掛けを合わせていましたが、サビキは好調だったものの、飛ばしサビキでの釣果は数匹でした。仕掛けがタナやコマセの幕の中に同調していなかったのかもしれません。ビシ釣りに課題の残る釣果でした。
また、当日は緑系のサビキが好調という事で、緑はないものの、白に緑ビーズののサビキを使って、サビキは良い結果を残しましたが、釣れ行きが良くないのなら、飛ばしサビキも普通のサビキに変えて釣っていれば、50匹はいけたかもしれません。変に粘った事が釣果を伸ばせませんでした。





釣ったアジは、その日の晩に、小さいので南蛮漬けで頭からバリバリと食べました。また数を釣ったので、小さいですがタタキにもしました。
その数日後には、アジ、ウルメイワシ、カマスをフライに。人生初釣果のカマスは、小さいながらもフワフワの身が最高でした。
イシモチは冷凍してあって、後日塩焼きにする予定です。

久々の好釣果は、いい気分転換になりました。
金沢八景のボート金アジは、とうとう束釣りを達成した方もいて、この台風の影響がどうなるのか分かりませんが、10月半ばまで楽しめそうです。型も大分良くなったようで、ひと夏のシーズン限定の釣りは、僕にいい夏の終わりをもたらしてくれました。

Macchi * 海のボート釣り * 21:11 * comments(10) * trackbacks(0) * pookmark

2012年9月22日金沢八景ボート釣り(その1)

JUGEMテーマ:スポーツ

ブログの記事のネタが、新鮮ではなくなってしまいましたが、台風も来るという事で、釣りにもならないでしょうから、息抜きに読んでやって下さい。

先週の土曜、2012年9月22日、金沢八景に海のボート釣りに行ってきました。
元々この日は、京急大津に行くつもりはなく、最初から金沢八景に釣行するつもりでしたが、この日の午前中は北風で、ボートこそ出せたようですが、京急大津はコンディション的に良くなかったらしいので、金沢八景に行ったのは正解でしたね。

金沢八景に行った理由は2つあって、1つは当地の夏の風物詩、ジェットコースター金アジが釣りたかった事。
今年の金アジは、例年に比べると今一つ出足が鈍かったようで、ポイントも当初は日産沖で釣れていたようですが、ここにきてようやく定番のポイント、八景島シーパラダイスのジェットコースター周りで釣れてきたようです。
ただ、型が小アジが主体というのが気にかかります。

もう1つの理由は、京急大津への釣行からとにかく1回離れたかったからです。
2006年からこのブログを始めて、釣り専門のブログではありませんが、ブログ開始当初から京急大津での海のボート釣りを記事にしてきました。2008年11月にアジ31匹を釣り上げて以来、ツ抜け前後にいく事も難しく、個人的に当地でのアジ釣り絶不調の状態です。
要するに腕が下手なんでしょと言われれば、正しくそうなのですが、僕個人が思うに、数年前から当地(京急大津)のアジを釣るのがすごく難しくなったように思うのです。
元来、僕はずぼらな性格で、アジは根周りにいるという事は分かってはいるものの、ここら辺が根でしょと山立ても適当にアンカーを打ち、ボート釣りを続けてきました。そういうところが好釣果に繋がらないながらも、そんな僕でも京急大津はそれなりにお土産程度のアジを釣らしてくれる釣り場だったと個人的に思っています(初めて釣りでアジを釣ったのも、京急大津でのボート釣りです)。
しかし、昨今の自分の釣果や、他の方の釣行レポートを見ていると、仮に正確に根を特定し、アンカーを上手く打っても、それが必ずしも釣果に結び付くわけではなく、いくつかの根の移動を繰り返し、また魚探等を駆使した上で釣果に結び付くのが現状で、果たして海のボート釣りの入門魚的な存在だと思うアジ釣りが、こんなに敷居の高い釣りでいいのかなと迷ってきたからです。
そこで今回は、移動もそんなに繰り返さず少しのんびりアジ釣りをしたいという願望と、魚探などの使い方を含め今の自分のアジ釣りの仕方を見直す意味でも、直近で(といっても2年前、2010年の事)辛うじてツ抜けをした金沢八景へ行く事にしました。
もちろん金沢八景だからといって、アジ釣りが簡単なわけではありませんし、ツ抜け出来るかどうかも分かりません。ただ、イナワラの情報に惹かれながらも、色々な京急大津の情報に少し距離を置きたかったのです。

金沢八景への電車釣行は、京浜急行金沢八景駅から徒歩でシーサイドライン金沢八景駅に向かいシーサイドラインに乗車。そして1つ目の野島公園駅で下車。徒歩で金沢漁港へ向かいます。


野島公園駅で撮った写真ですが、こんなモノレールみたいな電車で行くのだ

金沢漁港にあるのが相川ボートさんで、ここでボートを借ります。


桟橋の左横にある筏から海面に浮いているボートに乗り移ります

目指すは八景島シーパラダイスのジェットコースター線路脇で、当地でのボートアジ釣りの1級ポイントです。朝6時半出船です。


なかなか想像つかないロケーションですが、このジェットコースターの周囲でアジが釣れるんです。

この日は、午前中は北風3〜4mくらいでしたが、このポイントは八景島の影になっているのか?、さほど風の影響は感じませんでした。
ここ金沢八景は、いくつか複数のポイントがあり、狙う魚によってポイントも違うのですが、比較的風に強い釣り場で、内湾のためか波も穏やかな釣り場で、ボート初心者やお子様連れにもお薦めの釣り場です。
ただ、どの釣り場もそうですが、地形によって風の影響はありますので、比較的風に強い釣り場とはいっても、安全の為にも風の強弱や影響を考えながら釣りをしたいものです。ここ金沢八景もポイントごとに、風向きによる強弱があります。
また、今回釣ったジェットコースター周辺は、航路の脇にあたる場所です。金沢八景は、この近辺でも屈指の釣り宿密集地ですので、朝の7時半から8時にかけては、釣り船の出船ラッシュの時間帯で、加速を付けた釣り船の波の影響をもろに受けます。初心者の方は、安全の為にも、ピークを過ぎた8時過ぎにこのポイントに入る事をお薦めします。
詳しい事は相川ボートさんのHPに丁寧に紹介されています。


大体20隻近く立て続けに出て行くので、波は半端ではありません。今回は3回もボートに波を被りました

早速魚探で底を見ると、水深9.6mあります。普段京急大津で釣りをしている人なら、信じられない浅い水深ですが、こんなに浅くてもアジが釣れるのです。
底から1〜2m付近に何やら群れの反応があります。魚探の表示を切り替えると、7.2m付近に魚の群れがいるようです。

  
分かりにくいですが、左画像のディスプレイ真ん中の黒い太線が底。そのほんのちょっと上の黒いポツポツが魚の群れ(一番上の黒い太線は海面)

早速、2本竿を用意し、1本はコマセカゴが付いた天秤に飛ばしサビキ仕掛けを付け、エサはアオイソメのちょっと掛けを、もう1本はサビキ仕掛けをセットし、投入しました。
竿を振り、コマセを撒き、仕掛けのタナを7.5m前後にすると、早速飛ばしサビキ仕掛けにアジが掛かりました。


小アジですが、こんな金色のアジが釣れるのがここのいいところ。

その2へ続く…。

Macchi * 海のボート釣り * 19:20 * comments(4) * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ