Macchiが通勤BGMとして聴いたアルバム、休日に観た映画、休日の海のボート釣り
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
pc
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
2007年12月1日より
ブログパーツUL5
注目ブログ
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
<< Rural Free Delivery/Eric Weissberg & Deliverance(1973) | main | 2012年第33週の通勤BGMは… >>
「真珠の耳飾りの少女」を観に行く



久しぶりの美術記事です。

昨日13日、上野の東京都美術館で行われている、マウリッツハイス美術館展を観に行きました。
お目当ては、もちろんフェルメールの「真珠の耳飾りの少女」です。
このブログでも以前書きましたが、フェルメールを観に行くのは初めてではないのですが、前回は「真珠の耳飾りの少女」はなかったので、待望の観賞です。

前売券は買ってませんでしたが、事前に(いわゆる安売り)チケット屋で買ってありましたので、当日券よりも200円安く入場。
ただ、現地に着いて、すんなり入れたわけではなく、僕は11時20分頃着いたのですが、その時で50分待ちでした。
とはいえ、延々と外まで並ばされたわけではなく、すぐに館内に入れましたし、館内での並びも50分もかからなかったと思います(12時45頃観賞を終え、外に出ましたが、30分待ちになってました)。

展示は、オランダのマウリッツハイス美術館の所有する、フェルメールをはじめとして、レンブラントやルーベンスといった17世紀オランダの著名な画家達の絵画を展示。

当時の画家達の、風景画での雲の描き方や、静物画での緻密な描写に感嘆し、歴史画では、ルーベンスの「聖母被昇天(今回の展示はその下絵)」が、「フランダースの犬」の少年ネロが憧れ続けた絵だと知り、また一つ知識が増えました。

そして、問題の「真珠の耳飾りの少女」ですが、青だとか、光と影だとか、色々解説はありますが、恐らく現代と比べれば、決して食料事情がいいわけではないでしょう。ましてや庶民は。
しかし、この少女の適度にふくよかな頬と艶のある唇は、なんとも言えない魅力を放っています。
映画でスカーレット・ヨハンソンが彼女を演じましたが、その人選もそんな理由からのような気がします。
そして、その視線は画家を見ているのとも違うどこかを見つめ、この点もたまらない魅力なのです。

展示を観終え、ベンチが並んだ場所には、この展示のキャンペーンガールを務めている武井咲が、少女に扮して着た衣装も展示されていました。

美術館の外に出て、上野の駅に向かおうとすると、「ツタンカーメン展」の整理券を配っていたのですが、お昼の12時45分に配っていた整理券が、なんと夕方の5時半に入場する整理券だったのには驚きました。

帰りは、上野から電車に乗らず、35度の猛暑の中、秋葉原まで歩いていったのですが、もう何年前に秋葉原に来たのか忘れましたが(僕が最後に秋葉原に来た時は、PCパーツ屋とかがまだ流行っていた)、秋葉原駅前に大きなビルが建っていたり、テレビではよく見ますが、AKB劇場や、ガンダムカフェ、AKBカフェなど、秋葉原の変わり様にはまたまたビックリしてしまったのでした(駅前のラジオ会館が、なんだか居心地悪そうでした)。

| 美術 | 20:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
スポンサーサイト
| - | 20:22 | - | - | pookmark









http://re2002.jugem.jp/trackback/667