<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Better Days/Paul Butterfield's Better Days(1972) | main | Messina/Jim Messina(1981) >>

A Rumor In His Own Time/Jeffrey Comanor(1976)

7月は暑い日はあったものの、夜はまだそれなりに涼しかったのですが、8月もお盆休みに入ろうとしている今頃になって、ようやく蒸し暑い、夏らしい感じになってきました。
せめて行き帰りの電車の中くらいは涼しい気分でいたいと、今回はJeffrey Comanorの3枚目のアルバム『A Rumor In His Own Time』を選んでみました。

Comanorのアルバムについては、以前ファーストアルバムを取り上げましたが、あのアルバムの感じとはガラリと変わっています。
ファーストアルバム発表時は、ニューヨークで活動していたComanorですが、70年代に入り西海岸に移動しEpicで2枚のアルバムを発表するのですが、この2枚のアルバム発表に力を貸してくれたのが、EaglesのマネージャーであるIrving Azoffで、今回取り上げるサードアルバムには、Eagles絡みの人脈が大挙参加しています。

ファーストアルバムでは、いかにもSSWらしいフォーキーな感じの曲を展開していましたが、このアルバムでは、1曲目の「My Old Lady And Your Old Man」から、アコースティックギターのイントロが始まるとすぐDon Felderのキレのあるエレキギターの音色が聴こえてきて、Timothy B. SchmitとTom Kellyのバックコーラスが彩りを添えます。
2曲目「Wishing For Saturday Night」、3曲目「Running Back Home To You」も、2曲目はエレキギターがJoe Walshに変わりますが、同様の感じです。
と、ここまで書くと爽やかなウェストコーストサウンドかと想像しますが、決してダミ声だとかハスキーヴォイスだというわけではないのですが、このアルバムの主役で、メインのヴォーカルのComanorの歌声が、一筋縄ではいかない一癖あるもので、バック陣のサポートと混じると、ウェストコーストサウンドの爽やかさとはまた違う不思議な清涼感が漂います。

とはいうものの、「You'd Be Surprised」以降続くバラードやポップな曲など、(決して嫌みな意味ではなく)キャッチーな曲への変貌ぶりには、かなりの驚きです。
「Song Fo The Long Night」は、レゲエ調の曲でもあります。

アルバムは、England Dan & John Ford Coleyが取り上げ、ヒットした「Will Never Have To Say Goodbye Again」を経て、Don Henleyがバックコーラスに参加した「Richmond」で終わりますが、キャッチーな感じからは想像つかないほど、歌詞の内容はSSWらしく内省的な部分も垣間見、ベタな感じはありません。

参加ミュージシャンは、上記の面々の他に、J.D.Souther、Al Kooperなども参加し、John Boylanがプロデュース。Paul Williamsも協力しているようです。

評価:
ジェフリー・コマナー
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
【ディスク1】
  1. マイ・オールド・レイディ・アンド・ユア・オールド・マン
  2. ウィッシング・フォー・サタデイ・ナイト
  3. ラニング・バック・ホーム・トゥ・ユー
  4. ユード・ビー・サプライズド
  5. ラスト・ソング
  6. ラヴ・ミー・ノット
  7. ソング・オブ・ザ・ロング・ナイト
  8. ウィル・ネヴァー・ハヴ・トゥ・セイ・グッドバイ・アゲイン
  9. ロード・トゥ・ノーホェア
  10. リッチモンド

Macchi * SSW * 13:24 * comments(2) * trackbacks(0) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 13:24 * - * - * pookmark

コメント

久しぶりにレス付けさせていただきます。A Rumor In His Own Time、バックに参加ミュージシャンの多彩さばかりで語られがちですけどアルバムの内容も僕はかなり良いと思います。

Jeffrey Comanor、ソロデビュー以前に参加していたGroopというソフトロック系バンドのアルバムも以前CD化されてました。現在廃盤のようですけど、中古で見つけられましたらぜひお試しください。以下は日本のアマゾンのリンクです。

http://www.amazon.co.jp/Groop/dp/B000P6R8DG/
Comment by poco_byrds @ 2011/08/17 2:59 AM
poco_byrdsさん、コメントありがとうございます。
Jeffrey Comanorは、ソロ以前に、グループでの活動もあったのですね。
入手は難しそうですが、気長に探してみたいと思います。
Comment by Macchi @ 2011/08/18 1:21 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ