<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< NANA | main | Anything Goes/Harpers Bizarre(1968) >>

Sugarloaf/Sugarloaf(1971)

Side One
1.Green-Eyed Lady
2.The Train Kept A-Rollin'(Stroll On)
3.Medley:Bach Doors Man
Chest Fever

Side Two
1.West Of Tomorrow
2.Gold And The Blues
3.Things Gonna Change Some

コロラド州、デンヴァー出身の、ハードロックバンドのファースト。
このバンドを、プログレとも分類する向きもあるけれど、やはりハードロックバンドかな。
Side Twoの1や3のようにポップなヴォーカル曲(それもハーモニーも結構重視している)から、演奏主体のインストへ展開していく辺りに、KansasやStyxのようなアメリカン・プログレ・ハードに通ずるものがある。
Side Oneの2.(The Yardbirdsのカヴァー。但しヴォーカルなしのインスト)や、Side Twoの2.なんかを聴くと、ベースになっているのはブルーズか。
バンドの要になっているのは、キーボードのJerry Corbettaと、ギターのBob Webberで、この二人がしのぎを削る部分や、Side Oneの1.と3.なんかを聴くと、初期Deep Purple辺りを連想させられる。
特にSide Oneの1.はサイケ調というか、アートロックというか、幻想的な曲で名曲だ。


Macchi * Vinyl * 17:12 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 17:12 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ