<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ブラザーフッド | main | 京急大津へボート釣りに行く(初イナダ編) >>

Jo Mama/Jo mama(1970)

Danny Kortchmarの事を知ったのは、Don Henleyのソロで。
その当時は、Don Henleyの重要なソロ活動のパートナー程度しか知らなく、彼が数々の(隠れ)名グループの中心メンバーだと知ったのは、ずっと後の事。

このJo Mamaの1970年のファーストアルバムを手にしたのも、そのDanny Kortchmar(このグループでの名義は、Danny Kootchになっている)が在籍していたから。

全体的にR&B調の曲が多くて実にファンキー。
また「Venga Venga」のようなジャマイカンミュージック(というのかな?)調の曲があったり、「The Word Is Goodbye」のようなジャジーなバラードもそつなく決めている。
また、「Love'll Get You High」の中盤では、後にこれまたDanny KortchmarがメンバーとなるThe Section を思わせるようなスリリングな演奏も聴きもの。

Danny Kootchの事ばかり注目されるけれども、大半の曲でリードヴォーカルを執るAbigale Hanessのハスキーでソウルフルな歌いっぷりやRalph Schuckettのキーボードプレイも、このグループ、アルバムを名グループ、名盤たらしめていると思う。

Jo Mama
Macchi * 70年代西海岸ロック * 22:46 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 22:46 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ