Macchiが通勤BGMとして聴いたアルバム、休日に観た映画、休日の海のボート釣り
Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

2007年12月1日より
ブログパーツUL5
注目ブログ
Favorite
MOTHER3
Mobile
qrcode
Sponsored Links
<< ブラザーフッド main 京急大津へボート釣りに行く(初イナダ編) >>
Jo Mama/Jo mama(1970)
Danny Kortchmarの事を知ったのは、Don Henleyのソロで。
その当時は、Don Henleyの重要なソロ活動のパートナー程度しか知らなく、彼が数々の(隠れ)名グループの中心メンバーだと知ったのは、ずっと後の事。

このJo Mamaの1970年のファーストアルバムを手にしたのも、そのDanny Kortchmar(このグループでの名義は、Danny Kootchになっている)が在籍していたから。

全体的にR&B調の曲が多くて実にファンキー。
また「Venga Venga」のようなジャマイカンミュージック(というのかな?)調の曲があったり、「The Word Is Goodbye」のようなジャジーなバラードもそつなく決めている。
また、「Love'll Get You High」の中盤では、後にこれまたDanny KortchmarがメンバーとなるThe Section を思わせるようなスリリングな演奏も聴きもの。

Danny Kootchの事ばかり注目されるけれども、大半の曲でリードヴォーカルを執るAbigale Hanessのハスキーでソウルフルな歌いっぷりやRalph Schuckettのキーボードプレイも、このグループ、アルバムを名グループ、名盤たらしめていると思う。

Jo Mama


2006.10.15 Sunday 22:46
70年代西海岸ロック comments(0)
スポンサーサイト


2017.05.28 Sunday 22:46
- -
comment




/PAGES