<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< Heart Like A Wheel/Linda Ronstadt(1974) | main | 2009年という年〜音楽編〜 >>

カティンの森

JUGEMテーマ:映画

本年最後のレヴューは、アンジェイ・ワイダ監督の『カティンの森』。
といってもこの作品、2007年の作品で、日本での公開に2年も経ってしまった。

『地下水道』、『灰とダイヤモンド』、『鷲の指輪』と、ワイダ監督は、第2次世界大戦におけるポーランドの国内軍の悲劇と、戦後から冷戦終結まで政権を牛耳る事になる共産主義政権(とその後ろ盾であるソ連)への恨み節を、一貫して描き続けてきたが、今回はポーランドとソ連(ロシア)との間の最大の確執の一つである「カティンの森事件」を描いた。

この映画(というよりワイダ監督の映画)、とにかくポーランドが辿った現代史を予習しておかないと、内容がさっぱり分からないだろう。
1939年9月、ドイツはポーランドに侵攻。第2次世界大戦の勃発である。
ほどなくして、東隣の隣国ソ連がポーランドに侵攻。ドイツとソ連は、事前にポーランドの東西分割の秘密協定を結んでいたのである。
東西から攻め込まれたポーランドはあえなく崩壊。西側半分をドイツに、東側半分をソ連に占領される事になる。
映画冒頭で、ドイツ軍から逃げ惑う人々と、ソ連軍から逃げ惑う人々が、橋の上で遭遇する場面が出てくるが、まさにこの場面こそ、ドイツとソ連のポーランド侵攻だ。

その後約2年ほど、ポーランドはドイツとソ連の分割占領状態に置かれるが、1941年6月、かねてより東方に目を付けていたヒトラーは、今度は不可侵条約を破り、ソ連への侵攻を開始する。
独ソ戦当初、ソ連はドイツに大敗北を喫し、首都モスクワ目前まで攻め込まれる。
当然、ソ連侵攻の途上にあったポーランド東側半分は、ドイツの統治下に。
そして、ソ連国内のスモレンスクを占領したドイツ軍は、カティンの近くの森で、大量のポーランド人将校の遺体を発見する。
これが「カティンの森事件」だ。この事件は、赤十字の調査団も含め調査され、ソ連が、捕虜にしたポーランド人将校を虐殺したと、当時のナチス政権によって、世界に宣伝される事になる。

映画は、主人公のアンジェイ大尉等将校が、ソ連軍の捕虜になるところから処刑されるまでと、アンジェイ大尉の妻アンナ等犠牲者の家族達の、ドイツ・ソ連の侵攻から、戦後ドイツから解放され、共産党政権(ソ連軍)統治下に入る姿を描いている。
犠牲者等の、捕虜生活の不安、そして釈放への期待(と同時に本当に釈放なのか?という疑念)と、犠牲者等の帰還を待ちわびる家族達の思いを淡々と描く。
映画で描かれているように、この事件は、ドイツ側はソ連の暴虐と宣伝したが、ドイツを撃退したソ連側は、(対ユダヤ人同様の)ナチスの残虐行為と非難合戦を繰り広げた。
戦後共産主義政権下のポーランドでは、この問題は、ソ連に遠慮してタブー視されてきた。
この問題が解明され、ソ連が自らの犯行を認めたのは、ゴルバチョフの登場してから、1989年以降まで待たなければならなかった。
終戦直後までしか、映画では描かれていないが、ドイツそしてソ連という大国に翻弄される姿を、被害者等を通して描く、ワイダ監督の手腕には感心させられる。

今回の映画で、一つ気になった部分がある。
それは、終戦直後ポーランドの人達が迎えたそれぞれの境遇だ。
これまでのワイダ監督の映画では、国内軍は悲劇のヒーロー的な扱いで、そして共産主義政権側は悪者的な扱いだったが、この映画では、国内軍(や共産主義に反発する人達)と、戦後共産主義側についた(つかざる得なかった)、アンジェイ大尉の同僚のイェジや、大将家の召使などを、平等な扱いにしているところは注目に値する。
国民同士でも、体制によって引き裂かれた悲劇が、この国の歴史なのだろう。


2007年ポーランド作品
監督:アンジェイ・ワイダ

Macchi * 映画 * 17:17 * comments(0) * trackbacks(4) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 17:17 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

カティンの森、ポーランドの人々が絶対に許さない歴史

今となっては歴史の事実となったカティンの森事件。21世紀になってようやく映画化できたこの作品は久しぶりに戦争の真実を描いている名作だ。アンジェイ・ワイダ監督の執念が作り上げた傑作だと思う。
From オヤジの映画の見方 @ 2010/01/13 4:33 PM

映画「カティンの森 」人間は、こんなこともしてしまうのだ

「カティンの森 」★★★★DVDで鑑賞 マヤ・オスタシェフスカ、アルトゥル・ジミイェフスキ、ヴィクトリャ・ゴンシェフスカ主演 アンジェイ・ワイダ監督、122分、 2009年12月5日公開、2007,ポーランド,アルバトロス・フィルム (原題:Katyn )         
From soramove @ 2010/05/10 7:34 AM

「カティンの森」(KATYN)

「灰とダイヤモンド」「地下水道」などの作品で知られるポーランドの巨匠、アンジェイ・ワイダ(1926年〜)がメガホンを執った戦争ヒューマン・ドラマ「カティンの森」(2007年。ポーランド、122分、R−15指定)。この映画は第二次大戦中、ポーランドで、
From シネマ・ワンダーランド @ 2010/07/17 1:04 AM

mini review 10472「カティンの森」★★★★★★★★☆☆

第二次世界大戦中、ソ連の秘密警察によってポーランド軍将校が虐殺された「カティンの森事件」を、ポーランドの巨匠アンジェイ・ワイダ監督が映画化した問題作。長い間明らかにされてこなかった同事件の真相を、ソ連の捕虜となった将校たちと、彼らの帰還を待ちわびる家
From サーカスな日々 @ 2010/07/23 11:51 PM
このページの先頭へ