<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Indelibly Stamped/Supertramp(1971) | main | For All You Mad Musicians/Michael Johnson(1975) >>

Yer' Album/The James Gang(1969)

JUGEMテーマ:音楽

Joe Walsh、Jim Fox、Tom Krissの3人から成るThe James Gangのデヴューアルバム。
デヴューアルバムとは思えない、大胆で実験的、かつ自由奔放なアルバム。
次作『Rides Again』が代表作だけれども、その下地はこのデヴューアルバムで既に出来ていたといえると思う。

ストリングスの「Itoroduction」から始まる本作は、既に1曲目からして単なる歌モノに終わらない様相を見せているけれども、次曲の、後のBoston辺りに相当影響を与えていそうで、スペーシーな「Take A Look Around」をはじめとして、これはハードロックの範疇を通り越して、プログレとも呼べそうなコンセプトアルバム調。

粘っこいファンキーな「Funk #48」や、The Buffalo Springfieldの「Bluebird」、Yardbirdsの「Lost Woman」といったへヴィにカヴァーした曲など、斬新さに満ちている。「Lost Woman」の中で、各楽器のソロパートが出てくる部分があるけれども、ハードロックバンドにありがちな退屈な(特にドラム)ソロパートでは全くなくて、緊張感に溢れたものに仕上がっている。

時代が時代だけに、サイケ的な感じがする面もあるけれども、Joe Walshの遊び心のような面も垣間見れて楽しい。
全体的に後の2枚と比較して、リズムセクションもへヴィで、もちろんハードロックアルバムとしても楽しめる。

評価:
The James Gang
MCA
【ディスク1】
  1. Introduction
  2. Take a Look Around
  3. Funk #48
  4. Bluebird
  5. Lost Woman
  6. Stone Rap
  7. Collage
  8. I Don't Have the Time
  9. Wrapcity in English
  10. Fred
  11. Stop

Macchi * 60年代アメリカンハードロック * 14:10 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 14:10 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ