<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< チェンジリング | main | Heart Food/Judee Sill(1973) >>

Satori/フラワー・トラベリン・バンド(1971)

JUGEMテーマ:音楽

 いきなり初っ端から「ガーッ!」という雄叫びはないだろうと思うが、フラワー・トラベリン・バンドのセカンド『Satori』は名盤だ。


フラワー・トラベリン・バンドは、フラワーズに続くバンドとして、内田裕也によって様々なGSグループから集められた、和田ジョージ(和田ジョージだけは、元フラワーズのメンバー)、ジョー山中、石間秀樹、上月ジュンの4人によって結成され、1970年に『エニウェア』でデヴューしたバンド。
この代表作『Satori』のイメージから、プログレシッブロックと評される向きもあるが、ファーストからのイメージを考えれば、やはりハードロックと捉えた方がいいと思う。


『エニウェア』では、King Crimsonなどの洋楽ロックをカヴァーした内容だったが、このセカンドでは全編オリジナル曲で構成されている。
『Satori』という表題から連想されるように、東洋音楽のような楽曲で構成されたコンセプトアルバムだが、全て「Satori」という題名の楽曲で、Part1からPart5で終わる楽曲のうち、圧巻なのは東洋色調を強く打ち出したPart2、3、5(3、5は仏教色も強い)。
特にPart2は、石間秀樹のギターが繰り出す民謡のようなメロディ(石間秀樹の独特なギター奏法を、ラーガ奏法という)に、和田ジョージが叩き出す盆踊りのようなリズムに圧倒される。


以前ジョー山中のライヴに、和田ジョージが参加して、Part2の演奏を観た事があるが、その時は和太鼓との共演だったが、その違和感は全くなく、ハードロック色が強いPart1よりも素晴らしい演奏だった。

評価:
フラワー・トラベリン・バンド
ダブリューイーエー・ジャパン
【ディスク1】
  1. SATORI PART1
  2. SATORI PART2
  3. SATORI PART3
  4. SATORI PART4
  5. SATORI PART5

Macchi * 70年代ジャパニーズロック * 00:44 * comments(0) * trackbacks(1) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 00:44 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

FLOWER TRAVELLIN' BAND - 「SATORI」

何せ40年前の日本のロックに洋楽一辺倒だと思いがけない出合いなんてのもないに等しいわけですが、OUTRAGEが影響を受けたと公言をはばからないのがこのFLOWER TRAVELLIN' BANDなんであります。ネットで探せば事業仕分けよろしく、内田裕也氏の名も検出されるので、その
From RATTLE YOUR GODDAMN HEAD! @ 2010/07/14 8:59 AM
このページの先頭へ