<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Give It Up/Bonnie Raitt(1972) | main | Ladies And Gentlemen... The Bangles !(2014) >>

King Biscuit Flower Hour presents Uriah Heep/Uriah Heep(1997)

JUGEMテーマ:音楽

 

Uriah Heepがアメリカ・サンディエゴで行ったライヴを収録した、『King Biscuit Flower Hour』の音源。

『King Biscuit Flower Hour』については、以前Rick DerringerやAmericaのライヴ音源を取り上げました。

 

この頃のバンド・メンバーは、David Byron(ヴォーカル)、Mick Box(ギター)、Ken Hensley(キーボード)、Gary Thain(ベース)、Lee Kerslake(ドラム)と、バンド黄金期のメンバーです。

 

収録曲は、ブギー調の「Easy Livin'」からスタートし、叙情的なバラード「July Morning」、へヴィ・ロック「Gypsy」、「Look At Yourself」と、代表曲はしっかり網羅しています。

 

Byronの魅力的なハイトーン・ヴォーカルに、ハード・ロック・バンドらしからぬ絶妙なコーラスワーク(特にByronのさらに上をいくハイトーン・コーラスがいいのだ)、Hensleyの荘厳なオルガンの音色と、彼等の魅力が詰まったライヴ音源です。

 

(収録曲)

1.Easy Livin'

2.Sweet Lorraine

3.Stealin'

4.July Morning

5.Seven Stars

6.Gypsy

7.Drum Solo

8.Sweet Freedom

9.Look At Yourself

10.Love Machine

11.Medley:Roll Over Beethoven, Blue Suede Shoes, Hound Dog, At The Hop

 

 

Macchi * 70年代ブリティッシュハードロック * 19:00 * comments(0) * - * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 19:00 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









このページの先頭へ