<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Music/Bang(1973) | main | King Biscuit Flower Hour presents Uriah Heep/Uriah Heep(1997) >>

Give It Up/Bonnie Raitt(1972)

JUGEMテーマ:音楽

 

まだやらなければならない事は残っているけど、休日にはようやく平穏が…。

 

Bonnie Raittのセカンド・アルバム。

 

冒頭曲「Give It Up Or Let Me Go」は、自作のブルージーなナンバーながら、ブラスセクションをフィーチャーした、ニューオリンズ・ジャズが融合したような曲。

ブルージーな曲は他にも、「I Know」、「Love Me Like A Man」、「You Got To Know How」とあるけど、「You Got To Know How」は「Give It Up Or Let Me Go」同様ニューオリンズ・ジャズが融合した感じだし、「I Know」も、やはりブラスが参加していて普通のブルーズ・ナンバーとは趣向が違います。

「Love Me Like A Man」が一番コテコテのブルーズ・ナンバーに近いですが、聴き易いですね。

 

ブルージーなナンバーばかりではなく、James Rayが1961年に発表しヒットした「If You Gotta Make a Fool of Somebody」や、Jackson Browne作の「Under The Falling Sky」などもカヴァー。

 

アルバム中でお気に入りの曲は、「Nothing Seems To Matter」と、Eric Kaz作の「Love Has No Pride」。

フォーキーな「Nothing Seems To Matter」は、アクの強い「Give It Up Or Let Me Go」の後だけあって、肩の力が抜けた脱力感、清涼感を届けてくれる曲。

「Love Has No Pride」といえば、Linda Ronstadtがほぼ同時期に『Don't Cry Now』でカヴァーしていますが、そのLindaヴァージョンと比べると、アコースティックギターの弾き語り調の、アッサリとした感じに仕上がっています。

 

収録に参加したミュージシャンは、「Love Has No Pride」の作者Eric Kazの他に、OrleansのJohn Hall、Paul Butterfieldなどが参加しています。

 

(収録曲)
1.Give It Up or Let Me Go
2.Nothing Seems to Matter
3.I Know
4.If You Gotta Make a Fool of Somebody
5.Love Me Like a Man
6.Too Long at the Fair
7.Under the Falling Sky
8.You Got to Know How
9.You Told Me Baby
10.Love Has No Pride

 

Macchi * 70年代西海岸ロック * 13:10 * comments(0) * - * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 13:10 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









このページの先頭へ