<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Coquettish Blue/飯島真理(1987) | main | Give It Up/Bonnie Raitt(1972) >>

Music/Bang(1973)

JUGEMテーマ:音楽

 

今回のコロナ禍で、判明した事業の持続化給付金の疑惑。

決算申告のために、コロナ禍でもほぼ毎日通勤しましたが、ああやって、透明性がないまま、我々の税金がごく一部の企業に食い物にされていくのだろうか…。

 

Bangの4枚目で最終作です。

メンバーが2人になってしまったのかな!?

Pete Searsがピアノで収録に参加しています。

 

Bangの4枚目で最終作です。

メンバーが2人になってしまったのかな!?Pete Searsがピアノで収録に参加しています。

 

「Windfair」や「Don't Need Nobody」は、へヴィなハード・ロックなのですが、「Glad You're Home」や「Love Sonnet」は美しいバラード調の曲。

前作の流れから「Must Be Love」のようなカントリー・ロック調の曲もあり、どの曲もコンパクトでまとまりの良い曲になっています。

 

佳曲が多くて捨て曲もない出来のいいアルバムですが、へヴィ、ハード・ロック感は大きく後退してしまったところは少し残念かな。

 

(収録曲)
1.Windfair
2.Glad You're Home
3.Don't Need Nobody
4.Page of My Life
5.Love Sonnet
6.Must Be Love
7.Exactly Who I Am
8.Pearl and Her Ladies
9.Little Boy Blue
10.Brightness
11.Another Town

Macchi * 70年代アメリカンハードロック * 16:46 * comments(0) * - * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 16:46 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









このページの先頭へ