<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Classic Hits Live/Foreigner(1993) | main | Coquettish Blue/飯島真理(1987) >>

From The Cradle/Eric Clapton(1994)

JUGEMテーマ:音楽

 

芸能人が政治に関する発言をしたっていいじゃないか。彼等だって一人の人間なんだし。色々な考えはあるでしょう。

色々な意見があるが、どう考えてもそもそもの発端となった手続きがマズ過ぎるのは明白だと思うが…。

 

本日は休みだけど、本日も在宅ワーク。

自宅での仕事は慣れているけど、会社以上に動かないからさすがに疲れが…。

こういう辛い時は、癒されるような曲を聴くのもいいけど、ブルーズなんか聴くのもいいよね。

 

先週は連休明けで2日しか会社に行かなかったから、今週と併せて1枚のアルバムを聴きました。

という事で、今回はEric Claptonがブルーズのカヴァーを全編にわたって収録した『From The Cradle』を聴きました。

 

前作の『Unplugged』に収録された「Tears in Heaven」がヒットした事で、若い女性などファン層を広げたClaptonだけど、Claptonは別にバラード歌手でもなんでもなく、彼の原点がブルーズなのは昔から紛れもない事実で、本作の発表も出るべくして出たものでしょう。

 

冒頭の「Blues Before Sunrise」からドスの効いた歌声を聴かせるけど、Clapton自身がすごく歌が上手いし、その歌声もソフトな感じだから、そこはやはり洗練されていてブルーズ・アルバムとはいえども聴き易いアルバムかな。ブルーズの入門用にはいいアルバムかも。

 

個人的に好きな曲は、「Hoochie Coochie Man」やスライドギターをフィーチャーした「It Hurts Me Too」、「Someday After a While」、「Groaning The Blues」かな。

 

(収録曲)
1.Blues Before Sunrise
2.Third Degree
3.Reconsider Baby
4.Hoochie Coochie Man
5.Five Long Years
6.I'm Tore Down
7.How Long, How Long Blues
8.Goin' Away Baby
9.Blues Leave Me Alone
10.Sinner's Prayer
11.Motherless Child
12.It Hurts Me Too
13.Someday After a While
14.Standin' Round Crying
15.Driftin'
16.Groaning The Blues

Macchi * 90年代以降ロック * 20:25 * comments(0) * - * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 20:25 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









このページの先頭へ