<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Down On The Farm/Little Feat(1979) | main | Seasons Of Change/Richie Furay(1982) >>

Warhorse/Warhorse(1970)

JUGEMテーマ:音楽

 

Deep PurpleのオリジナルメンバーであるNick Simper(ベース)が、Purpleを追い出され、黒人女性シンガー Marsha Huntのバックバンドを経て結成したハード・ロック・バンド。

当初メンバーの中には、後にYesで活躍するRick Wakemanもキーボーディストとして参加していたみたいで、このWarhorseのヴォーカルAshley Holtは、後にWakemanのソロアルバムにも参加しています。

 

で、このWarhorseの肝心の音楽性なのだけれども、アルバム冒頭「Vulture Blood」のイントロからシンフォニックなオルガンの音色がフィーチャーされ、そこに歪んだギターと、ヴォーカルのシャウトが加わり、これがモロPurpleという感じ。

続く「No Chance」も初期Purpleの雰囲気を醸し出しているし、ブギー調の「Burning」や「Ritual」なんかも、笑ってしまう位、わ〜こりゃPurpleだわという感じ。

 

楽曲の感じもそうだけど、ヴォーカルのHoltは、「Vulture Blood」でIan Gillanばりのシャウトを聴かせたかと思えば、「No Chance」ではRod Evansのような端正な歌声も聴かせてくれるし、Frank WilsonのキーボードやGed Peckのギター、Mac Pooleのドラムも、なんかPurpleのJon Lord、Ritchie Blackmore、Ian Paiceのそれに似ています。

 

まあ、Nick自体は元とはいえPurpleのオリジナルメンバーだったし、単なる真似にとどまらない、これもある意味本物のPurpleミュージックなわけで、個人的には気に入っているし、よく出来たアルバムだなと思います。

Nickも、Purpleに対する対抗心もあったんだろうしね。

Keefがデザインしたこのアルバムジャケットも印象的だし、美しいの一言に尽きますね。

 

結局、このWarhorseのデヴュー・アルバム、商業的に失敗して、ギターのPeckはバンドを脱退してしまい、代わりのギタリストを入れてセカンド・アルバムを発表するものの、これも失敗してしまいバンドは解散してしまいます。

 

(収録曲)

1.Vulture Blood

2.No Chance

3.Burning

4.St. Louis

5.Ritual

6.Solitude

7.Woman of the Devil

Macchi * 70年代ブリティッシュハードロック * 21:27 * comments(0) * - * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 21:27 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









このページの先頭へ