<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< The Driver/Terry Reid(1991) | main | Warhorse/Warhorse(1970) >>

Down On The Farm/Little Feat(1979)

JUGEMテーマ:音楽

 

数日前は最高気温20度なんて日があったのに、今日は10度以下でまさか雪まで降るとはね…。

 

今回は、Little Featの8枚目のアルバム『Down On The Farm』です。

 

本作の発表前に、リーダーのLowell Georgeのソロアルバム『Thanks I'll Eat It Here』が発表され、バンドは解散の方向へと歩み始めますが、Lowellはソロアルバム発表に伴うツアー中に薬物中毒が原因で急死してしまいます。

今回聴いたアルバムは、そのLowell死去を受けて、メンバーが残された音源に、他のミュージシャン仲間の手を借りて完成させたバンド最後のアルバムです。

Fred Tackett、David Lindley、Sneaky Pete、Bonnie Raitt、Rosemary Butler等が参加しています。

 

「Down on the Farm」や「Perfect Imperfection」といったブルージーな楽曲や、「Six Feet of Snow」といったカントリー調の楽曲など、アメリカン・ルーツ色が窺える楽曲は収録されていますが、初期の南部色の濃い泥臭さとかファンキーさは、このアルバムにはあまり感じられません。

 

残された音源を完成させたという事で、Fred Tackettのスライド・ギターが心地いい「Kokomo」も、どことなく中途半端な終わり方。

 

泥臭さとかファンキーさが後退した分、中期以降のフュージョンやジャズっぽいナンバーが前面に出ているのかというと必ずしもそうでもなく、「Front Page News」や「Wake up Dreaming」のように聴き易い、どことなくシティポップ調というか都会的な魅力が増してきているのは、ラスト・アルバムながらこれはこれで面白いですね。
最も、個々のメンバーはセッション・ミュージシャンとして、ウェストコースト系をはじめとして、様々なシティポップ・AOR系のミュージシャンのアルバムの収録にも参加してきたので、こういう魅力が出てくるのもまあ必然なのかなとも思いますが。

 

ただアルバム全体としては、気の抜けた感が否めないアルバムかなと思います。

 

 

リトル・フィート
ワーナーミュージック・ジャパン
【ディスク1】
  1. ダウン・オン・ザ・ファーム
  2. シックス・フィート・オブ・スノー
  3. パーフェクト・インパーフェクション
  4. ココモ
  5. ビー・ワン・ナウ
  6. 愛は素直に
  7. フロント・ページ・ニュース
  8. 夢ならさめないで
  9. フィール・ザ・グルーヴ

Macchi * 70年代西海岸ロック * 18:40 * comments(0) * - * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 18:40 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









このページの先頭へ