<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Fling Again/Flying Burrito Brothers(1975) | main | Coool/杏里(1984) >>

Mother/Bow To The King/Bang(1972)

JUGEMテーマ:音楽

 

あっという間に1月も終わり…。

と言っても、あっという間に過ぎ去ったのではなく、もの凄い長く感じる1月だった。

社会人になってから20年以上同じ業務をしているけど、業務上のテクノロジーが発達しているのに、締め切りが20年以上前と全く変わらないのは何なんだろうね。本当に疲れたな。

 

それにしても、一応撤回されましたが、今回のウィルス騒動で、脱出者の為の政府チャーター機搭乗希望者に、当初税別8万円を請求しようとしていた件、その話を聞いて、税別って(消費税だよね?)、課税対象額は幾らなの?という事に真っ先に気になってしまった自分の職務にウンザリする!

 

さて、今回聴いたのは、Bangのセカンド・アルバム『Mother/Bow To The King』です。

ファースト・アルバム、それにお蔵入りになってしまったデヴュー・アルバムについては以前取り上げました。

 

まず冒頭アルバムタイトルにもなっている「Mother」ですが、意表を突くアコースティックギターとコーラスワークも爽やかな、カントリー・ロック調の楽曲。エレキギターも加わり、段々とハードさも増してきますが、実に軽快な楽曲です。
続く「Humble」もへヴィな楽曲ですが、そのイントロは穏やかもので意外性を魅せますね。

 

「Humble」、続く「Keep On」、「Idealist Realist」とへヴィなブルーズ・ロックのオンパレード。特に「Idealist Realist」はスライドギターも加え、また違ったエッセンスを加えていますね。

 

5曲目の「No Sugar Tonight/New Mother Nature」は、The Guess Whoのカヴァー。女性コーラスを加え、キャッチーさも出していますね。

以降の「Feel The Hurt」、「Tomorrow」も、2〜4曲目のへヴィ路線とは打って変わって、キャッチーさを打ち出しています。

 

ラストを飾る「Bow To The King」は、冒頭の「Mother」同様アルバムタイトル曲でもあるのですが、この曲もアコースティックギターのイントロからハーモニーワークを聴かせてくれます。

 

デヴュー・アルバムもそうでしたが、やはりこのバンドはハード&へヴィ一辺倒のバンドではなかったですね。

 

(収録曲)

1.Mother

2.Humble

3.Keep On

4.Idealist Realist

5.No Sugar Tonight/New Mother Nature

6.Feel The Hurt

7.Tomorrow

8.Bow To The King

 

Macchi * 70年代アメリカンハードロック * 19:14 * comments(0) * - * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 19:14 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









このページの先頭へ