<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< BBC Radio 1 Live In Concert/Paice Ashton Lord(1992) | main | Mother/Bow To The King/Bang(1972) >>

Fling Again/Flying Burrito Brothers(1975)

JUGEMテーマ:音楽

 

今回聴いたのは、再編Flying Burrito Brothersの第1弾アルバム『Fling Again』です。

 

Flying Burrito Brothersは、Gram Parsons、Chris Hillmanを中心に、1968年に結成されましたが、1971年に解散しています。

そしてその後、オリジナルメンバーのSneaky Pete、Chris Ethridgeが再び集まり再結成したのが再編Flying Burrito Brothersなのですが、今回聴いたアルバムを含め2枚のアルバムを残しています。

オリジナルメンバーが2人参加しているとはいえ、中心メンバーであったParsonsは既に亡くなっているし、Hillmanも参加していないので、Hillmanはこの再編には異議を唱えたようですが…。

 

ケチが付いたとはいえ、メンバーは結構豪華です。

上記2人の他に、L. A. GetawayのJoel Scott Hill、Nashville WestのGib Guilbeau、同じくNashville West、The ByrdsのGene Parsonsが参加しています。

Joel Scott Hillの参加は、EthridgeがL. A. Getawayに参加していので、その繋がりですかね。

 

アルバムは、軽快な楽曲「Easy Get On」からスタート。Eaglesの「Take It Easy」のように爽快なナンバーです。

2曲目の「Wind And Rain」は、穏やかなバラード調のナンバー。上でEaglesの名前を出しましたが、再編Flying Burrito Brothersも、Eaglesのようなライトなカントリーサウンドを目指したのでしょうか。

ここまではHillがリードヴォーカルを執っています。

 


3曲目「Why Baby Why」は、フィドルをフィーチャーした、典型的なカントリーサウンド。リードヴォーカルのGuilbeauの声質もよく似合っています。

4曲目「Dim Lights, Thick Smoke」、5曲目「You Left The Water Running」と、ド直球のカントリー・ロックが展開されていきます。

 

とここまではカントリー路線まっしぐらなのですが、6曲目「Building Fires」は、ゴスペル調の楽曲で、これまでの白人サウンドとは一線を画しています。あまり黒っぽくはないんですけどね。

 

毛色の違う曲はこの「Building Fires」くらいで、7曲目「Desert Childhood」以降も軽快なカントリーサウンドを展開してくれます。

 

アルバム全体を聴いてみて、「Building Fires」はともかく、楽曲のクオリティは低くないのですが、かといってこれぞというか、決定打的な楽曲もなく、今一つ印象が薄いアルバムにも感じます。

特にL. A. Getawayで熱いヴォーカルを聴かせてくれたHillの、L. A. Getawayとの落差が大きいのが何だかなという感じ。

Guilbeau、Parsonsと典型的なカントリーサウンドが似合う面々がいる分、Hillは、EaglesのGlenn Freyのように破天荒な面を魅せてもよかった思うかな。

 

 

Flying Burrito Brothers
T-Bird
【ディスク1】
  1. EASY TO GET ON
  2. WIND AND RAIN
  3. WHY BABY WHY
  4. DIM LIGHTS, THICK SMOKE AND LOUD, LOUD MUSIC
  5. YOU LEFT THE WATER RUNNING
  6. BUILDING FIRES
  7. SWEET DESERT CHILDHOOD
  8. BON SOIR BLUES
  9. RIVER ROAD
  10. HOT BURRITO #3
  11. OUT OF CONTROL
  12. WAITIN' FOR LOVE TO BEGIN
  13. TOE TAPPIN' MUSIC
  14. QUIET MAN
  15. NORTHBOUND BUS
  16. BIG BAYOU
  17. WALK ON THE WATER
  18. LINDA LU
  19. BORDER TOWN
  20. SHE'S A SAILOR
  21. JESUS BROKE THE WILD HORSE

Macchi * 70年代西海岸ロック * 19:07 * comments(0) * - * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 19:07 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









このページの先頭へ