<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2019年を振り返って | main | BBC Radio 1 Live In Concert/Paice Ashton Lord(1992) >>

One/Mike Della Bella Project(2019)

JUGEMテーマ:音楽

 

年明け1月も既に半ばに差し掛かろうとしていますが、新年最初の記事です。

 

僕の年末年始の休みは、どこに行く事もなく、何もやらずにあっという間に9日間が過ぎるという、他の人から見たら最高につまらない休みを過ごしましたが、1年の中でこの年末年始の休みが、僕は一番好きですね。

どうせだったらずーっと年末で年明けしなければいいのにと、アホな事を思ってしまいます。

 

で、6日から仕事始めだったのですが、正月ボケもする暇もなく、月末月初が休みだった事によるツケの為、早速連日夜の8時過ぎまで激務で、年末年始の9日間の休みよりも長く感じる、しんどい5日間でした。

また、11日から3連休ですが、2月の月初まではキツイ仕事の毎日だな…。

 

さて、新年最初の通勤帰宅BGMですが、タワレコからたまたま送られてきたメールのウェストコースト云々という宣伝文句につられて、昨年末の仕事納めの帰りにタワレコ横浜で購入した、Mike Della Bella Projectの『One』というアルバムです。

 

このMike Della Bella Projectは、Mike Della Bellaというイタリアの音楽家による企画もの(?)で、今回聴いた『One』は、TOTOをはじめとするウェストコースト系AORサウンドを展開する内容だそうですが…、アルバムジャケットもこれまたシティポップ調で、非常に興味をそそられます。

 

このMike Della Bellaという人、色々なアメリカン・ロックから影響を受けているようだけれども、特にTOTOからの影響は強いようで、「Challenge The Sky」なんか聴いているとそんな感じも分かる様な気がする。

「A 1000 Ways To Say I Love You」なんかは、David Foster辺りからの影響かな。

「Turn You On」辺りは、Journeyからの影響ですかね。

冒頭の「Hot Stuff」もそうだけど、1980年代から1990年代前半にかけての、AOR系ポップ・ロックへの憧憬が滲み出ていますね。

サウンドは違うけど、音楽の趣旨から考えれば、日本の流線形的な存在かな。

 

ウェストコースト系とはいうものの、2曲目「I Won't Follow」は、出だしこそ「Hot Stuff」の流れを引き継いでいますが、中盤からは何となくBostonのような感じ。

まあBostonも、デヴュー時はEaglesのようなウェストコースト・サウンドっぽいと評されていたので、これも確かにウェストコースト系といえばそうなのかなと。

 

3曲目「Time」なんかは、速弾きのギターソロを聴いていると、何となく日本のEvery Little Thing辺りを思い浮かべてしまったが、Every Little Thingも、以前Jay Graydon他Airplayや、Chicagoのメンバーを起用した企画もののアルバムを出していたしね。

もしかして、このMike Della Bellaという人、Every Little Thingも聴いていたりして(んなわけないか)。

 

音楽自体は新味はないものの、安心して聴けるサウンドですね。

 

ただ、ちょっと単調で、アルバムを通して聴いていくうちに、個人的にはちょっと飽きてきてしまうかな。

 

あと、僕はウェストコースト系という文句に釣られて買いましたが、1970年代のEaglesをはじめとしたウェストコースト・サウンドとは違うので、そういうサウンドを期待する人は気を付けた方がいいかもしれません(ウェストコースト系というと、そっちを思い浮かべてしまう人もいると思うので)。

メロディアス・ハード系も含めた、AOR系サウンドですね。

 

 

マイク・デラ・ベラ・プロジェクト
Pヴァイン・レコード
【ディスク1】
  1. HOT STUFF
  2. I WON’T FOLLOW
  3. TIME
  4. CHALLENGE THE SKY
  5. A 1000 WAYS TO SAY I LOVE YOU
  6. TURN YOU ON
  7. FLYING (ボーナス・トラック)
  8. UNTIL A BETTER DAY
  9. IT’S JUST DESIRE
  10. DEMANDING LIFE
  11. SHE’S A DREAM
  12. UNCHAIN MY LIFE
  13. UNTIL FOREVER’S GONE (ボーナス・トラック)

Macchi * AOR * 14:14 * comments(0) * - * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 14:14 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









このページの先頭へ