<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「みんなのミュシャ」展を観に行く | main | せかんど/めんたんぴん(1976) >>

Past To Present - The 70S/Jay Graydon(2006)

JUGEMテーマ:日記・一般

 

9連休と巷では言われている今年のお盆休みですが、私は14日から出勤という事で、14〜16日の3日間出勤してまいりました。

電車とかは若干人は少めだったもののガラガラというわけではなく、会社のある街中は確かに人は少なかったかという感じですね。

 

まあ、天気コーナーはともかく、トップニュースとして連日暑い暑いというな!夏なんだから当たり前なんだろ。余計暑く感じるわという不満はあるものの、やはり暑い事は事実なので、音楽位は爽やかな曲で行きましょと、今回は、2006年に発表された、Jay Graydonが1970年代に残した未発表音源を集めたアルバムのリマスター盤を聴きました。

 

未発表音源集とはいっても、曲自体は、「What Good Is Love」や「Should We Carry On」、「She Waits For Me」といった、Bill Champlinの『Single』Airplayの唯一作に収録されている曲も収録されており、それらの曲はデモ音源という事で、自分にはどこまで完全な未発表曲が収録されているのか分かりません。。。

 

と、自分が思った事は、このアルバム発売当時(2006年)にも、ちょっとした不満としてそこかしこにあったみたいです(苦笑)。

 

本作は、あくまでも本当に彼の事が好きなマニア向けのアルバムですね。

 

(収録曲)

1. If There’s a Way
2. What Good Is Love
3. You Can Count On Me
4. You’re My Day
5. Should We Carry On
6. Secret Love
7. She Waits for Me
8. Throw a Little Bit of Love Way
9. I Fall In Love Every Day
10. Love Flows
11. Love Flows – Melody Guide Version
12. Ted’s Theme #2 – Without Ted’s Rap
13. Ted’s Theme #2 – With Ted’s Rap
14. Ted’s Theme #1
15. Ted’s Theme #1 – With Ted’s Rap
16. Ted’s Theme #1 – Only the Tail of Ted’s Rap
17. Sony Jingle
18. If There’s a Way – Intrumental Track
19. What Good Is Love – Instrumental Track
20. It’s Right to Be In Love

Macchi * AOR * 12:50 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 12:50 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ