<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< Death Of A Country/Bang(1971) | main | Past To Present - The 70S/Jay Graydon(2006) >>

「みんなのミュシャ」展を観に行く

JUGEMテーマ:アート・デザイン

 

Bunkamura ザ・ミュージアムに観に行って参りました。

 

今回の展示は、単にミュシャの絵を飾るだけでなく、彼の絵がその後のアートにどう影響をもたらしたのかというのが趣旨で、1960、70年代のロックのアルバムジャケットや、日本の漫画への影響なども展示されていました。

影響を受けたロックのアルバムジャケットに関しては、当ブログでも記事にした、もろミュシャじゃんというGypsyのアルバムや、Greatful Deadのアルバム、意外なところではKing Crimsonの『Lizard』なんかも飾られていましたね。

 

で、鑑賞後はお馴染みのミュージアム・ショップ。缶のデザインがミュシャの絵のミント・タブレット缶を買ってしまったのですが、色んなグッズを見ていて思ったのは、ミュシャの絵って、他の人の絵と比べると結構商売上手だな…という事。

お馴染みのポストカードやクリアファイルはもちろん、それこそ今回購入したミント・タブレット缶や、スマホケースとか、現代的なものにも何の違和感なく親和するところが、すごいというか。芸術なんだけれども、芸術然としていないところが、そこがいいんですけどね。

Macchi * 美術 * 13:50 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 13:50 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ