<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Rise/The Answer(2006) | main | The Yes Album/Yes(1971) >>

Bang/Bang(1971)

JUGEMテーマ:音楽

 

2月月初の一仕事も、(まだ終わってないけど)とりあえずヤマ場を越えました。

1日が早いと言う上司の言葉とは裏腹に、正月明け以来、自分は長い1日の連続で、正月休みが遠い過去のよう…。とにかく長い1ヶ月だったな。

お疲れ、俺…。

 

日高屋の前を通ったら、「バジルチキンライス」なる日高屋っぽくないネーミングのメニューのポスターが貼られていて、気になったので食べてみました。

要は、鳥のそぼろ肉とバジル(高菜っぽいという指摘もあるが確かに…)をあんで包んでご飯にかけた、ネーミングとは裏腹に、中華食堂を謳っているだけあって日高屋らしいメニューです。

見た目があまり美味そうに見えないのですが、味は美味しいです。そこかしこに見える唐辛子が効いていて結構辛い。

残念なのはやっぱり見た目かな。せめて人参を入れるとか、彩りのある具材を入れたら、もう少し美味しそうに見えたはず。

ちなみ自分が食べた時は、別添の温泉卵が付いてこなかったんだけど…。

 

 

さて、Bnagです。

Capitolからデヴューしたフィラデルフィア出身の3人組バンドです。

 

アメコミっぽいジャケットとは裏腹に、冒頭の「Lions, Christians」をはじめとして、「Future Shock」など、Black Sabbathのような重く引き摺るようなへヴィ・ロックが特徴的です。

ヴォーカル兼ベースのFrank Ferraraは、Ozzy Osbourneに声質が似ているけど、あそこまで気だるい感じではなく、「Come With Me」のようにハイトーンのシャウトも出来ます。

 

Black Sabbathのような重く引き摺るようなへヴィ・ロックと書いたけど、そういう曲は概して単調で、あまり面白みのある曲ではないと思います。

3曲目の「Last Will」で、それまでとは打って変わって突如フォーク・ロック調の曲が展開され、ハーモニーワークも披露されるのですが、本バンドの特徴はむしろそういうところにあるんじゃないかと思います。

事実、この「Last Will」以降は、「Our Home」や「Questions」といったへヴィなだけでなく躍動感があり、ハーモニーワークも生かしたちょっとポップなナンバーが多くなり、むしろそういう曲の方がしっくりきます。

 

(収録曲)

1.Lions, Christians

2.The Queen

3.Last Will

4.Come With Me

5.Our Home

6.Future Shock

7.Questions

8.Redman

Macchi * 70年代アメリカンハードロック * 12:55 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 12:55 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ