The Snake/Harvey Mandel(1972)
0

    JUGEMテーマ:音楽

     

    朝、会社に出勤して、駐車場でハグロトンボという、羽が真っ黒だけど、胴体は金緑色の美しいトンボ見ました(後で調べてこの胴体はオスの特徴だという)。

    飛び方も普通のトンボとは違っていて、どちらかというとカゲロウののようにヒラヒラと飛ぶ姿も優雅でした。

    何かいい事あるのかなと思ってその日はちょっと朝から気分が良かったのですが、帰り間際に同僚にのろけ事を言われて、1日の最後はガッカリさせられました…。

     

    『The  Snake』というアルバムタイトルですが、Whitesnakeのアルバムではありません。

    Harvey MandelというCanned Heatにも在籍したギタリストの5枚目のソロアルバムです。

     

    Canned Heatに在籍していたという事で、ブルーズ系のギタリストなのですが、これがビックリのアルバム内容。

    6曲目「Uno Ino」を除く全編インストゥルメンタル・アルバムで、ブルーズ系といってもこてこてのブルーズ色の強いアルバムではなく、アーバンなフュージョン色の強いサウンドで、1972年の作品という事を考えれば、Jeff Beckの『Blow By Blow』が1975年の発表なので、滅茶苦茶進んでいる、いや進み過ぎた内容です。

    個人的には、3曲目「Lynda Love」と、5曲目のアルバムタイトル曲「The  Snake」、それに最後の「Bite The Electric Eel」がお薦め。

     

    しかもこのMandelという人物、1971年に発表した前作の4枚目のアルバム『Baby Batter』もインスト・アルバムだったというから、どれだけ進んだ人なのかという感じです。

    Canned Heat自体、日本では今一つ人気がないですし、そこに短い期間在籍していたとなるとさらに知名度の低いギタリストになってしまいますが、年代やサウンドを考えれば、今一度再評価されてもいいギタリストかと思います。

     

     

    Harvey Mandel
    Beat Goes On
    【ディスク1】
    1. The Divining Rod
    2. Pagasus
    3. Lynda Love
    4. Peruvian Flake
    5. The Snake
    6. Uno Ino
    7. Ode to the Owl
    8. Levitation
    9. Bite the Electric Eel

    • 2019.06.16 Sunday
    • 21:38
    • スポンサードリンク
    • -
    • -
    • -
    スポンサーサイト
    0
      Comment:
      Add a comment:









      Trackback:
      http://re2002.jugem.jp/trackback/1541
      CALENDAR
      SMTWTFS
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << June 2019 >>
      PR
      ENTRY(latest 5)
      ARCHIVES
      CATEGORY
      COMMENT
      TRACKBACK
      PROFILE
      2007年12月1日より
      ブログパーツUL5
      注目ブログ
      MOBILE
      qrcode
      LINK
      無料ブログ作成サービス JUGEM

      (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.