Macchiが通勤BGMとして聴いたアルバム、休日に観た映画、休日の海のボート釣り
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
pc
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
2007年12月1日より
ブログパーツUL5
注目ブログ
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
<< Yes/Yes(1969) | main | Awakening/佐藤博(1982) >>
Country Fever/Rick Nelson(1967)

JUGEMテーマ:音楽

 

今週は、Rick Nelsonの1967年のアルバム『Country Fever』を聴きました。

 

本作でも、前作同様Clarence Whiteなどがレコーディングに参加しているようなのですが、いくら調べてみてもレコーディング・アーティストについてはよく分かりませんでした。

 

前作『Bright Lights & Country Music』に引き続き、本作もWillie NelsonやHank Williamsなど、カントリーのカヴァー曲を収録。
ただ本作は、Bob DylanやGib Gilbeau(Swampwater、The Flying Burrito Brothers)の曲も取り上げており、単にカントリーのカヴァーというよりも俄然カントリー・ロック色が強くなってきたような気がします。

収録曲の中でも、特に「Funny How Time Slips Away」や「Alone '67」といったバラード・ナンバーは、ポップな魅力に溢れていてやはり秀逸ですね。

 

次作『Another Side of Rick 』やその次の『Perspective』では、John BoylanやRandy Newmanの曲も取り上げており興味そそられます。

RICK NELSON
ACE
【ディスク1】
  1. Truck Drivin' Man
  2. You Just Can't Quit
  3. Louisiana Man
  4. Welcome To My World
  5. Kentucky Means Paradise
  6. Here I Am
  7. Bright Lights And Country Music
  8. Hello Walls
  9. No Vacancy
  10. I'm A Fool To Care
  11. Congratulations
  12. Night Train To Memphis
  13. Take A City Bride
  14. Funny How Time Slips Away
  15. The Bridge Washed Out
  16. Alone
  17. Big Chief Buffalo Nickel (Desert Blues)
  18. Mystery Train
  19. Things You Gave Me
  20. Take These Chains From My Heart
  21. (I Heard That) Lonesome Whistle Blow
  22. Walkin' Down The Line
  23. You Win Again
  24. Salty Dog

| カントリーロック | 19:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
スポンサーサイト
| - | 19:21 | - | - | pookmark









http://re2002.jugem.jp/trackback/1513