Macchiが通勤BGMとして聴いたアルバム、休日に観た映画、休日の海のボート釣り
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
2007年12月1日より
ブログパーツUL5
注目ブログ
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
<< Crazy Eyes/Poco(1973) | main | History of the Eagles(2013) >>
Waitin' For The Sun/Rusty Young(2017)

JUGEMテーマ:音楽

いよいよ2017年もあと残り2日ですね。

私も、会社は昨日が仕事納めで、年末年始の休みに入りました。

毎年の事なのですが、どこかに行く事もなく、家で過ごすだけなのですが、個人的に今年は色々な事があったので、今年は厳かに過ごしたいなと思っています。

特に冬の休みは、日数はあるものの、あっという間に過ぎてしまうので、あまり寝坊もせず、1日1日をじっくりと過ごせたらなと思っています。

 

さて、本年最後の通勤BGMですが、PocoのRusty Youngが発表した初ソロ・アルバムを紹介して締めくくりたいと思います。

 

本アルバムの事は、Eaglesの『Hotel California』40周年記念デラックス・エディションをアマゾンで注文した際に知ったのですが、まず思ったのが「とうとう出したんだ…」という事ですね。

Pocoの方は、2010年に盟友Paul Cottonが脱退し、2013年にアルバム『All Fired Up』を発表。その後、解散の話も出たような記憶がありますが、現在でもライヴを中心に演奏活動を続けているようです。

そのPocoのRusty Youngが、Pocoのデヴューから何と48年も経って、初のソロ・アルバムを発表しました。それが今回聴いた『Waitin' For The Sun』です。

 

Pocoの『All Fired Up』の時も感じたのですが、まず一聴して感じたのが、声の衰えかな…。
元々決して声量のある人ではなかったので、若い頃からそんなに張りのあるヴォーカルではなかったのですが、やはり歳を感じさせてしまうのは否めません。

ヴォーカルが弱いので、もう少しバック・コーラスを厚めにしてもいいかなとも僕は思うのですが、まあこれは個人の好みの問題です。

 

一回目に聴いた時は、個人的に、アルバムの最初の方は今一つのめり込めなかったのですが、2回目以降は段々と聴き入っていけましたね。

アルバムの収録内容は、何か特別に真新しい事をやっているのではなく、「My Friend」や「Honey Bee」のようなカントリーロックや、カントリー・フレイヴァーをほのかに漂わせる「Sara's Song」や「Heaven Tonight」のようなバラード・ナンバーなど、これまで彼がPocoで培ってきた音楽を展開しており、安心して聴いていられる内容です。

「Seasons」はインストナンバーなのですが、この曲はこれまでの音楽性とはちょっと違う事をやっているかな。

比較的アッサリした曲が多い中で、一番ドラマチックな展開をし、コーラスワークも往時のPocoを思わせる「Innocent Moon」が、アルバム中で個人的に一番好きなナンバーです。

 

アルバム収録に参加したミュージシャンは、Jack Sundrud、Michael Webb、Rick Lonowと、現Pocoのメンバーに加え、Jim Messina、Richie Furay、Timothy B.Schmitと元Pocoのメンバーがゲスト参加しています。

 

(収録曲)

1.Waitin' For The Sun

2.My Friend

3.Honey Bee

4.Sara's Song

5.Heaven Tonight

6.Hey There

7.Seasons

8.Innocent Moon

9.Down Home

10.Gonna' Let The Rain

 

| 新譜 | 18:38 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark
スポンサーサイト
| - | 18:38 | - | - | pookmark
Rustyのソロは某サイトで知って予約して購入したのだけど、耳に合わず再聴する気になれず、投稿の為に今聴きながらキーボードを叩いています。そもそも「Waiting for the sun」と言えばDOORSです(笑)。ソロのできとしては、CottonやRichieの作品の方が安心して聴けるかな。歳のせいか本来の声がでていないですね。
| ラム | 2018/01/02 5:15 PM |
ラムさん、私も一回目に聴いた時は、今一つ耳に馴染めませんでした。
でも、2回目以降は結構耳に入っていきましたよ。
ベタ褒めするような内容ではありませんが、変に奇をてらったような新しい事をやるよりは、これまで通りの事をやっているという意味で、安心出来る内容です。小粒な曲が多いのが物足りなさを感じますが。
Richieのソロ作品は個人的に好きですが、Cottonのは最近作は聴いていません。
| Macchi | 2018/01/04 1:59 PM |









http://re2002.jugem.jp/trackback/1505