Lovin' Things/The Grass Roots(1969)
0

    JUGEMテーマ:音楽

     

    The 13th Floorが新生The Grass Rootsとして再スタートを切った4枚目のアルバム。

     

    新生The Grass Rootsを、The 13th Floorが担い発表したセカンド・アルバムは、「Let's Live For Today」他多数のヒット曲を収録していましたが、このヒットの生み出していたのが、P.F.SloanとSteve Barriのソングライティングコンビ。しかし、このコンビからSloanが離脱してしまい、The Grass Rootsのバンド活動に再び危機が訪れます。
    Barriは、Sloanが離脱してしまった後も、The Grass Rootsのプロデュースを手掛け、バンドは3枚目のアルバム『Feelings』を発表しますが、前作のヒットとは裏腹に商業的にパッとせず、バンドは大きな方向転換を図ります。
    それが、1968年に発表されたシングル「Midnight Confessions」で、それまでのフォーク・ロック路線から打って変わって、ホーン・セクションを導入したモータウン・サウンド路線で、この方向転換が「Let's Live For Today」以上の成功を収め、バンド初のゴールド・ディスクをもたらします。

     

    今回聴いたアルバムは、その方向転嫁を図った後、ベスト・アルバムを挟んで発表された4枚目のオリジナル・アルバムです。

     

    冒頭を飾るアルバムタイトル曲「Lovin' Things」は、その方向転換通りホーン・セクションを導入した溌剌としたポップ曲。コーラスワークも爽やかな曲で、イギリスのグループのカヴァー曲。
    続く「The River Is Wide」も、やはりホーンを大胆に導入したカヴァー曲で、2人のメンバーが交互にリード・ヴォーカルを執る、ちょっとドラマチックな展開をするポップ曲です。

     

    他もこういうホーンをフィーチャーした曲ばかりかなと思ってしまいますが、3曲目「(You Gotta) Live For Love」や4曲目「City Women」はフォーク・ロック曲。5曲目「What Love Is Made Of」は、ロマンチックなバラードですが、ストリングスも導入し、「Let's Live For Today」のようなサイケなフォーク・ロックとは打って変わり、キャッチーさが大きく増しましたね。

     

    アルバムは再びホーンが大胆に導入された「Pain」へ。この曲が一番モータウン調かな。

    「Baby, You Do It So Well」も結構モータウン色が強いですね。

     

    その後も、ソフトロック調のバラード「I Can't Help But Wonder, Elisabeth」などもいい曲ですね。

     

    このキャッチーさは、1960年代も終わり1970年代のを到来を予感させる一枚ですね。

     

     

    • 2019.02.23 Saturday
    • 20:11
    • スポンサードリンク
    • -
    • -
    • -
    スポンサーサイト
    0
      Comment:
      Add a comment:









      Trackback:
      http://re2002.jugem.jp/trackback/1503
      CALENDAR
      SMTWTFS
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      2425262728  
      << February 2019 >>
      PR
      ENTRY(latest 5)
      ARCHIVES
      CATEGORY
      COMMENT
      TRACKBACK
      PROFILE
      2007年12月1日より
      ブログパーツUL5
      注目ブログ
      MOBILE
      qrcode
      LINK
      無料ブログ作成サービス JUGEM

      (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.