Macchiが通勤BGMとして聴いたアルバム、休日に観た映画、休日の海のボート釣り
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
2007年12月1日より
ブログパーツUL5
注目ブログ
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
<< Thunder Island/Jay Ferguson(1977) | main | Gun Sight/Gun(1969) >>
Steeler/Steeler(1983)

JUGEMテーマ:音楽

 

後にリーダー・バンドKeelで成功を収めるRon Keel、Alcatrazz、同じく後にソロで成功を収めるYngwie Malmsteen、Mark Edwards(後にLionに参加)がメンバーだった、ロサンゼルスのメタルバンドが発表した唯一のアルバム。

 

Yngwieとってはデヴュー作なのだが、彼にとってはかなりの不本意なバンドで、このアルバムも農家の納屋で録音したとか嘘か本当か分らないけど、さっさとバンドを脱退しています。Ron Keelとも折り合いが悪かったよう。

 

アルバムに収録されている曲は、典型的なキャッチーなアメリカン・ハード・ロック、メタルなのですが、曲自体はそうでもギター自体はクラシカルなフレーズに溢れた速弾きが全曲で炸裂。

Yngwieの不満とは裏腹に彼の個性が爆発していますよ。

 

もちろんこのバンドの魅力がYngwieのギターにあるのは事実なのだけれども、Yngwieのソロの独断場ばかりが魅力なだけでなく、「Cold Day in Hell」や「Abduction」で聴かせるツインリード調のギターや、ギターでハーモニーを聴かせるところも憎い演出。

超絶のYngwieに対して、一方のギターはそれほど上手くないので、裏ジャケに担当パートがヴォーカルの他にギターと書いてある

Ronのギターなのかな!?

 

Ronのヴォーカルは、金切り声タイプで、個人的にはあまり好きなタイプじゃないですね。

 

楽曲も同じ歌詞を連呼する曲が多く、まだ全然練りが足りない曲が多いですが、一聴の価値はあるアルバムだと思います。

 

 

Steeler
Shrapnel
【ディスク1】
  1. Cold Day In Hell
  2. Backseat Driver
  3. No Way Out
  4. Hot On Your Heels
  5. Abduction
  6. On The Rox
  7. Down To The Wire
  8. Born To Rock
  9. Serenade

| 80年代ハードロック | 12:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
スポンサーサイト
| - | 12:39 | - | - | pookmark









http://re2002.jugem.jp/trackback/1498