<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< A Thousand Pictures/Craig Chaquico(1996) | main | Peter Green Splinter Group/Peter Green Splinter Group(1997) >>

Jennifer Warnes/Jennifer Warnes(1976)

JUGEMテーマ:音楽

 

Jennifer Warnesの4枚目のアルバムです。

 

それまで発表したアルバムは鳴かず飛ばずの状態でしたが、本作は全米43位を記録し、シングルでも「Right Time Of The Night」が全米6位まで上昇し、ようやく出世の足掛かりを掴みました。

 

アルバム内容は、Mick JaggerとKeith Richardsの共作による「Shine A Light」や、ヒットシングルとなったPeter McCannの「Right Time Of The Night」のようなキャッチーでカチッとした音作りの曲と、The Everly Brothersの「Love Hurts」や、Daniel Mooreの「Round And Round」のように、バラード系のシンプルでちょっとユルい感じの楽曲に分かれていて、ヒット作とはいえ、内容的にはまだ統一感が感じられません。

一般受けするなら完成度の高い前者の方の曲に軍配が上がるかもしれませんが、「Shine A Light」辺りなんかは、バックヴォーカルやホーンセクションなども強力にバックアップしているスワンプ調の曲で、Jenniferのヴォーカルも力強いので、彼女の必殺的な裏声美声に殺られた人達には、後者の曲の方が魅力的に感じるかもしれませんね。

 

録音に参加したミュージシャンが、これまた多彩で、Russ KunkelやJay Graydon、Kenny Edwards、Danny Kortchmar、Nikky Hopkins等々、実力派のスタジオミュージシャンがすらりと名前を並べています。

 

 

ジェニファー・ウォーンズ
SMJ
【ディスク1】
  1. ラヴ・ハーツ
  2. ラウンド・アンド・ラウンド
  3. シャイン・ア・ライト
  4. あなたは私のもの
  5. 夢を見ながら
  6. ママ
  7. 星影の散歩道
  8. マギー・バック・ホーム
  9. ドント・リード・ミー・オン
  10. 行かないでダディ
  11. オー・ゴッド・オブ・ラヴリネス

Macchi * 女性ヴォーカル * 19:02 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 19:02 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ