<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Abraxas/Santana(1970) | main | Gotthard/Gotthard(1992) >>

Next/Journey(1977)

JUGEMテーマ:音楽

 

先週Santanaを取り上げた際、Journeyが話題に出たので、無性にJourneyが聴きたくなりました。

という事で、今週はJourneyのサード・アルバム『Next』を。

 

Journeyについては、これまで何枚もアルバムを取り上げて、初期JourneyはSteve Perryがいなかった事も記事に書いてきましたが、今回聴いた『Next』は、Steve Perry加入前の最後のアルバムですね。

 

初期Journeyは、歌モノ中心ではなく、演奏主体のハード・ロック・バンドだった事もこれまで書いてきましたが、今回聴いた3枚目は、サンフランシスコのバンドの宿命なのか、これまで発表した2枚のアルバムとは趣もちょっと変わっていて、アルバム前半はサイケなユルい曲が続きます。どことなく神秘的な雰囲気も漂っているし。ジャケットについては、セカンド・アルバムの『Look Into The Future』から何となくサイケな感じはありましたが、この3枚目は裏ジャケがそんな感じ。

それまでのアルバムとの変化点は、リード・ヴォーカルに、Gregg Rolieに加え、ギターのNeal Shornが2曲で挑戦している事ですね。

 

アルバム前半はユルい感じなのですが、後半は一気にハードに引き締まります。

後半冒頭を飾る「Hustler」は、NealのギターとAynsley Dunbarのドラムが、これまので鬱憤を晴らすかのように炸裂!

アルバムタイトル曲の「Next」もガッツのある曲だし、最後の「Karma」もブルージーな曲でいいですね。

ヴォーカルは入らないインスト曲だけど、スペーシーで緊張感のある「Nickel & Dime」は、アルバム一番の曲かな。この曲はファースト・アルバムでバンドを脱退してしまったギタリストのGeorge Ticknerも作者として名を連ねており、ファースト・アルバムのクオリティに通じる良さは、そういう事なのかと今更ながら納得。

 

 

 

ジャーニー
Sony Music Direct
【ディスク1】
  1. スペースマン
  2. ピープル
  3. アイ・ウッド・ファインド・ユー
  4. ヒアー・ウィ・アー
  5. ハスラー
  6. 果てしなき挑戦
  7. ニッケル・アンド・ダイム
  8. カーマ

Macchi * 70年代アメリカンハードロック * 17:35 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 17:35 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ