<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1984/Van Halen(1983) | main | Thinkin'/Banchee(1972) >>

Bright Lights & Country Music/Rick Nelson(1966)

JUGEMテーマ:音楽

 

バベルの塔を見てきました。

ポスターなど宣伝から結構大きな絵なのかなと思っていたら意外に小さい絵でちょっと拍子抜けだったかな…。

グッズ売り場には、以前Bunkamuraで行われたブリューゲル展の時みたいに、ガシャポンフィギアがあればよかったのに…。

 

今週はRick Nelsonの『Bright Lights & Country Music』を聴きました。

Rick Nelsonというと、以前The Stone Canyon Bandのアルバムを何枚か取り上げましたが、今回聴いたアルバムは、それ以前のアルバム。

 

The Stone Canyon Bandでカントリー・ロックを展開したRickですが、カントリーへの接近自体はもっと早く、今回聴いた『Bright Lights & Country Music』では、以前から好きだったカントリー・ミュージックのカヴァーを取り上げています。

アイドル歌手時代から、そのバック・ミュージシャンを務めてきたJames Burtonに加え、無名時代のClarence Whiteも関わっている本作は、その後のカントリー・ロックの先駆け的なアルバムとも言えなくもないですね。

 

アップテンポな曲も、スローな曲もそつなく歌いこなすRickだけど、やはり「Welcome To My World」や「I'm a Fool To Care」といったスローバラードが一番バシッと決まっているかな。Rickのようなハンサムで若い男性が、こんな曲を歌っていたら、さぞかし画になったでしょうな。

 

 

RICK NELSON
ACE
【ディスク1】
  1. Truck Drivin' Man
  2. You Just Can't Quit
  3. Louisiana Man
  4. Welcome To My World
  5. Kentucky Means Paradise
  6. Here I Am
  7. Bright Lights And Country Music
  8. Hello Walls
  9. No Vacancy
  10. I'm A Fool To Care
  11. Congratulations
  12. Night Train To Memphis
  13. Take A City Bride
  14. Funny How Time Slips Away
  15. The Bridge Washed Out
  16. Alone
  17. Big Chief Buffalo Nickel (Desert Blues)
  18. Mystery Train
  19. Things You Gave Me
  20. Take These Chains From My Heart
  21. (I Heard That) Lonesome Whistle Blow
  22. Walkin' Down The Line
  23. You Win Again
  24. Salty Dog

Macchi * カントリーロック * 15:58 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 15:58 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ