Macchiが通勤BGMとして聴いたアルバム、休日に観た映画、休日の海のボート釣り
Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

2007年12月1日より
ブログパーツUL5
注目ブログ
Favorite
MOTHER3
Mobile
qrcode
Sponsored Links
<< 新年の挨拶と、前回記事の書き直し main Banchee/Banchee(1969) >>
Do Away/今井優子(1990)

JUGEMテーマ:音楽

 

さて、2017年最初の通勤BGMですが、年末年始の休み明けの仕事始めが5日でしたので、2017年第1週は、2日しか出勤しておりません。

というわけで、2017年第1週は、通勤と帰宅BGM両方を兼ねて1枚のアルバムしか聴きませんでした。

何を聴こうか迷いましたが、まだ休み明けのなまった気分ですので、やはり聴き易いものを聴こうと邦楽を、それもジャパニーズ・シティ・ポップを選びました。というわけで2017年第1週の通勤・帰宅BGMは、今井優子の『Do Away』を聴きました。

 

今井優子というアーティストについては、彼女の音楽も聴いた事がありませんし、名前も(こう言っては申し訳ないのですが…)ありふれた名前ですので、聞いた事があるようなないようなという程度の認識です。

ジャパニーズ・シティ・ポップのムック本で知り、ブックオフで今回聴いたアルバムを発見した次第です。

 

彼女は1987年にデヴューしているのですが、今回聴いたアルバムは、通算5枚目のアルバムで、3年間で5枚もアルバムを出しているという事は、当時結構勢いのあったアーティストだったのかもしれませんね。
本作は角松敏生がプロデュースしており、吉田美奈子の「愛は彼方」を除いた全ての収録曲も角松が提供しており、彼女のアーティスト人生の転機となったアルバムのようです。

 

アルバムは、「End of the winter」というインスト・ナンバーから始まり、上記の「愛は彼方」へと入っていくのですが、「さよならを言わせて 〜Let me say good-bye〜」までの、ゴージャス感のあるキラキラとしたシンセや「さよならを言わせて」での打ち込みサウンドに、80年代後半〜90年代前半のバブリーな時代を感じてしまいます。

透き通るようだけれどもしっかりとした歌い口の今井優子のヴォーカルは、そのゴージャスなサウンドに負けておらず、この1〜3までの曲展開で聴いていると、彼女はミュージカルのような舞台でも通用しそうな歌唱力を持っているんじゃないかなと思います。

 

メロウな「By the side of love」や、切ないバラード「Airport」は、それまでのゴージャスかつドラマチックなサウンド、曲展開の後だけに効果的なナンバー。特に「By the side of love」は、個人的にアルバム中で一番のお気に入りナンバーです。

 

「Snow train 〜Back in town〜」も、いかにも80年代後半〜90年代前半らしいアップテンポのダンサブルな曲ですね。

「Eye opener...」は、イントロのギターの音色が差し込む穏やかな朝陽を感じさせる曲。

 

都会的な「Unchangeable life」、スロウ・バラード「Phuket's tears」とアルバムは展開していき、最後は5曲目で登場した「Airport」のインスト・バージョンで終わります。

 

アルバム収録には、プロデュースを担当した角松の他に、青木智仁、浅野祥之といった角松バンドの面々や鈴木茂、村上秀一、斉藤ノブなどが参加しています。

今現在聴くと、やはり時代を感じてしまいますが、今井優子もしっかりとしたヴォーカルを聴かせており、なかなか聴き応えのあるアルバムですね。

 

(収録曲)
1. End of the winter (Overture)
2. 愛は彼方
3. さよならを言わせて 〜Let me say good-bye〜
4. By the side of love
5. Airport
6. Snow train 〜Back in town〜
7. Mistress
8. Eye opener...
9. Unchangeable life
10. Phuket's tears
11. Airport (Reprise)



2017.01.08 Sunday 16:50
ジャパニーズ・シティ・ポップ comments(0)
スポンサーサイト


2017.05.28 Sunday 16:50
- -
comment




/PAGES