Macchiが通勤BGMとして聴いたアルバム、休日に観た映画、休日の海のボート釣り
Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

2007年12月1日より
ブログパーツUL5
注目ブログ
Favorite
MOTHER3
Mobile
qrcode
Sponsored Links
<< Certified Live/Dave Mason(1976) main 2016年10月23日のつぶやき >>
TOKYO SNIPER/流線形(2006)

JUGEMテーマ:音楽

 


今日の朝刊を読んでいたら、サラリーマンの兼業・副業を出来るよう、政府が企業に働きかけていくらしい。

仮に兼業・副業が出来るようになったとして、今また問題になっている長時間労働の問題が懸念されるという事ですが、と同時に所得税や住民税の申告漏れとか多発するんじゃないかなぁという気が…。

日本のサラリーマンって、基本的には自分では確定申告をせず、会社が毎月の給料や年末調整で、申告・納税をしてくれるので、ほとんどの人が税制の事なんてろくに分かっていないと思うし、国税や地方税の方も徴税を特別徴収という形で、会社に丸投げする事で(ある意味無料のアウトソーシングですな)、効率よく徴税出来ているのだから、下手に兼業や副業を認めると、絶対に混乱が

生じると思うなぁ。

働き方改革の一環という事で、配偶者控除の廃止だとか(これは早くも頓挫しましたが…)、何とかあの手この手を打とうとしている現政権ですが、ツメが甘いような気が…。

 

2016年第42週の帰宅BGMは、流線形の『TOKYO SNIPER』を聴きました。

 

流線形については、今年月4月24日の記事で、ファースト・ミニ・アルバム『シティミュージック』を取り上げました。

そこでは、サウンドや雰囲気の、ジャパニーズ・シティ・ポップへのこだわりが半端ではない事は書きましたが、ただ歌詞やヴォーカルのサノトモミに今一つしっくり来なかった事も書きました。

 

今回聴いたアルバムは、その流線形が、クニモンド瀧口一人のオウンユニットになって、2006年に発表したフル・アルバムです。

このアルバムでは、ヴォーカルが前作のサノトモミから江口ニカに変わっているのですが、この江口ニカ、その正体はジャパニーズ・シティ・ポップにおける新生代の歌姫一十三十一の事です。

 

冒頭の滑り出し快調なポップ・チューン「タイムマシーン・ラヴ」から、ジャズ調の「花びら」。フルートのソロが展開される部分のグルーヴ感が堪らない「レインボー・シティ・ライン」など、前作『シティミュージック』で魅せたジャパニーズ・シティ・ポップへの、メロディ、サウンド、そして雰囲気でのこだわりは健在で、本当に舌を巻きます。

 

そして、このアルバムの雰囲気をさらに昇華させているのが、江口ニカ、つまり一十三十一のヴォーカルでしょうね。
矢野顕子のようなそうでないような、特徴的なヴォーカルとまったりとしたその歌い方は、ガチでシティ・ポップたらしめています。恐るべし江口ニカ(一十三十一)…。前作のサノトモミには申し訳ないが、ガラッと感じが変わってしまいましたしね。

インスト曲のような「DANCING INTO FANTASY」からオールド・タイミーなスタンダード・ナンバー調の「雨のシンデレラ」のような曲は、やはり江口ニカ(一十三十一)のようなヴォーカルじゃないと歌えないでしょうね。

 

歌詞については、正直どうだったのかよく分からないのですが、こうなってくると、もうそんな事どうでも良くなってしまう位のサウンドや雰囲気の出来栄えで、う〜ん、これは卑怯なアルバムだな(苦笑)…。

 

 

流線形
ハピネスレコード
【ディスク1】
  1. タイムマシーン・ラヴ
  2. 花びら
  3. レインボー・シティ・ライン
  4. 恋のラストナンバー
  5. 薄紫色の彼方
  6. TOKYO SNIPER
  7. DANCING INTO FANTASY
  8. スプリング・レイン
  9. 雨のシンデレラ



2016.10.23 Sunday 17:59
ジャパニーズ・シティ・ポップ comments(2)
スポンサーサイト


2017.04.16 Sunday 17:59
- -
comment
日本人は働いていないと不安になる民族、まあボケ防止にはイイ制度かもしれませんね。でもこれから20年後はロボットが単純作業をこなしかなり失業率も高まっているのでは・・(konakai ga LASTCOMMENT kamo)
RW 2016/10/26 9:43 PM
RWさん、コメントありがとうございます。

金銭的な理由等とは別に、メインの仕事以外に、単に働くのが好きだというだけで、副業・兼業をする。
確かに日本人は、働くのが好きな民族だと思いますが、そこまで働く事が好きですか?昔だったら、単純に働く事が好きな人も結構いたかもしれませんが、時代の変遷と共に、考え方も変わっていると思いますよ。

今回の副業・兼業の働きかけは、起業をし易い環境作りなど、経済活性化の一環みたいらしいのですが、解雇規制の緩和によるショックを和らげる狙いもあるのかなと、個人的には思っています。

果たしていい制度なのかどうかは、総合的に判断しないと何とも言えませんね。
Macchi 2016/10/27 8:22 PM




/PAGES