Macchiが通勤BGMとして聴いたアルバム、休日に観た映画、休日の海のボート釣り
Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

2007年12月1日より
ブログパーツUL5
注目ブログ
Favorite
MOTHER3
Mobile
qrcode
Sponsored Links
<< Blue Murder/Blue Murder(1989) main Certified Live/Dave Mason(1976) >>
Rock & Roll Outlaws/Foghat(1974)

JUGEMテーマ:音楽

 

Blue Murderの記事では、厳しい事を書きましたが、やっぱりハード・ロックはこういう方がいいなぁ…と。

 

2016年第41週の帰宅BGMは、Foghatの4枚目『Rock & Roll Outlaws』を聴きました。

 

冒頭の「Eight Days On The Road」から、ブルージーなフレーズに、ブギーのリズムでグイグイと引っ張っていくこの高揚感。ヴォーカルもハチャメチャ感一歩手前のシャウト。否が応でも期待させる滑り出し。

 

ジャム・セッション風の「Hate To See You Go」。

キャッチーな「Dreamer」やカントリー調の「Trouble In My Way」。

アルバムタイトル曲「Rock And Roll Outlaw」から「Chateau Lafitte '59 Boogie」への流れは、お得意のブギー、ロックンロール調で、曲によってはスライドギターも交える。

 

いずれも捨て曲がなく、飽きさせない作りで、一気に最後まで聴かせる。

 

ブリティシュ・ロックのバンドで、アメリカ進出すると駄目になってしまうバンドは多いのですが、本作は彼等が正にノリに乗っていた頃のアルバムで、プライベート・ジェットの前でキメるジャケットは、アメリカでも成功した証なのでしょうか(彼等のプライベート・ジェットなのかは分かりませんが)…。

 

ブリティッシュ・ハード・ロックでは、B級に位置付けられるFoghatですが、いやはこれは紛れもなく名盤ですよ。

 

 

フォガット
ビクターエンタテインメント
【ディスク1】
  1. エイト・デイズ・オン・ザ・ロード
  2. ヘイト・トゥ・シー・ユー・ゴー
  3. ドリーマー
  4. トラブル・イン・マイ・ウェイ
  5. ロックン・ロール・アウトロー
  6. シャーリー・ジーン
  7. ブルー・スプルース・ウーマン
  8. シャトー・ラフィット ’59・ブギ



2016.10.16 Sunday 15:03
70年代ブリティッシュハードロック comments(0)
スポンサーサイト


2017.05.28 Sunday 15:03
- -
comment




/PAGES