Macchiが通勤BGMとして聴いたアルバム、休日に観た映画、休日の海のボート釣り
Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

2007年12月1日より
ブログパーツUL5
注目ブログ
Favorite
MOTHER3
Mobile
qrcode
Sponsored Links
<< Heart/Heart(1985) main 東京ワッショイ/遠藤賢司(1978) >>
Lovelines/Carpenters(1989)

JUGEMテーマ:音楽

 

2016年第39週の帰宅BGMは、Carpentersの『Lovelines』を聴きました。

 

本作は、彼等の未発表曲集で、1977年から80年にかけてレコーディングされていた曲と、80年に完成させておきながら発売が見送られたKarenの幻のソロアルバムに収録されるはずだった曲で構成されています。

 

Karenの幻のソロアルバムに収録される予定だった曲は、「Lovelines」と「If We Try」。それに「Remember When Lovin' Took All Night」と「If I Had You」の4曲。

1991年には、Carpentersの4枚組ボックスCDが発売され、このボックスでも何曲か幻のソロアルバムの曲が公開されますが、とうとう96年にそのアルバムそのものがCD化された事は、当ブログでも2014年7月13日に記事にしました。

 

さて、今回聴いた『Livelines』ですが、未発表曲集とはいえ、単なる蔵出し音源的なアルバムではなく、ちゃんとした完成度の高いアルバムとして楽しめますよ。

 

「Where Do I Go From Here」や「The Uninvited Guest」は、黄金期(に陰りが見えてきた頃)の「I Need To Be In Love」を思わせる、郷愁にかられそうな癒し系の楽曲ですし、スタンダード・ナンバーの「When I Fall In Love」や「Little Girl Blue」のような曲を収録しているところも、いかにも彼等らしい。

Karenのソロアルバムからの曲は、都会的なサウンドを前面に出したAOR、シティ・ポップス的な曲だと以前記事に書きましたが、本作に収録されている「Kiss Me The Way You Did Last Night」も、Carpentersの曲ながら70年代後半に録音されただけあって、やはりシティ・ポップス的な魅力が出ていますね。

 

楽曲のクオリティは決して低くないどころか非常に高いのですが、録音時期の事を考慮すると、黄金期のような勢いというか覇気というか、元気に欠けるところは仕方ないのかなという感じですね。

 

 

Carpenters
Pgd/a&M
【ディスク1】
  1. Lovelines
  2. Where Do I Go From Here?
  3. The Uninvited Guest
  4. If We Try
  5. When I Fall In Love
  6. Kiss Me The Way You Did Last Night
  7. Remember When Lovin' Took All Night
  8. You're The One
  9. Honolulu City Lights
  10. Slow Dance
  11. If I Had You
  12. Little Girl Blue



2016.10.01 Saturday 21:13
ソフトロック comments(2)
スポンサーサイト


2017.04.16 Sunday 21:13
- -
comment
カーペンターズで1989年に未発表曲集がリリースされていたなんて初めて知りました。情報提供ありがとうございました。我が青春のBGM「カーペンターズ」・・、リチャードとカレン・二人の美しいコーラスを中学〜大学生時代までリアルタイムで傾聴しながら青春を過ごしてきました。カレンの究極の美声に彩られたバラードや名曲の数々にどれだけ癒されたことでしょう。洋楽に嵌り始めたRWが初購入した頃のEPレコード(今や死語=ドーナツ盤)の一つが上記に掲載した曲「遙かなる影」(close to you)だったことをこの歳になって思い出しました。
RW 2016/10/08 9:55 PM
RWさん、コメントありがとうございます。
カーペンターズは、カレンの死によって、その活動は幕を閉じましたが、カレンの死後も、今回聴いた未発表曲集のように、単なるベスト盤とは違うアルバムをその後もいくつか発表してますよ。
また、彼等も時代に応じて、そのサウンドも変化させており、黄金期とは違う魅力を発見するのもいいものですよ。
Macchi 2016/10/10 12:02 PM




/PAGES