<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Hasten Down The Wind/Linda Ronstadt(1976) | main | 2016年08月27日のつぶやき >>

Back To Oakland/Tower Of Power(1974)

JUGEMテーマ:音楽

 

また、ウェスト・コースト・ロックというのも、自分の引き出しの少なさを痛感しますが、まだまだ暑い日が続きますので、こんなホットだけど、都会的でクールなサウンドもたまにはいいかなと…。

 

2016年第34週の帰宅BGMは、Tower Of Powerの4枚目『Back To Oakland』を聴きました。

 

アルバム冒頭とエンディングを飾る「Oakland Stroke」のたたみかけるリズムセクションに加え、ヒット曲となった「Don't Change Horses (In the Middle of a Stream)」や「Can't You See (You Doin' Me Wrong)」、「Man From the Past」などでのソウル・フィーリングといい、アメリカ西海岸ベイエリア・ファンクの最強バンドの一つであるTower Of Powerの、代表作の1枚ですが、CDのジャケットを開いて、メンバーの大半が白人だと知り、ビックリ。

同じく西海岸の最強ファンク・バンドの一つであるSly & The Family Stoneほどのディープさはなく、何となくスマート感が感じられるのはそういうことでしたか(最もリード・ヴォーカルを執るLenny Williamsは黒人ですし、ソウルフルなヴォーカリストなんですけどね)。

 

かくいう僕がこのバンドを気になったのも、フュージョンやAOR的な面が感じられるところ。

スウィートなバラード「Just When We Start Makin' It」や「 Time Will Tell」をはじめとして、インスト曲「Squib Cakes」など、彼等の強力な武器であるホーン・セクションが、ソウルフルでありつつも実に都会的でスマートな印象を演出し、ジャケット写真に写るアメリカ(西海岸の都市)のイメージを体現しているところが最高ですね。

 

 

タワー・オブ・パワー
ワーナーミュージック・ジャパン
【ディスク1】
  1. オークランド・ストローク…
  2. ドント・チェンジ・ホース
  3. 今からが最高
  4. キャント・ユー・シー
  5. スクウィブ・ケイクス
  6. タイム・ウィル・テル
  7. マン・フロム・ザ・パスト
  8. ラヴズ・ビーン・ゴーン・ソー・ロング
  9. アイ・ガット・ザ・チョップ
  10. なつかしき街の灯
  11. …オークランド・ストローク

Macchi * 70年代西海岸ロック * 22:08 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 22:08 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ