<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< Nevermind/Nirvana(1991) | main | Ssssh/Ten Years After(1969) >>

Maria Muldaur/Maria Muldaur(1973)

JUGEMテーマ:音楽

 

7月も半ばを過ぎましたが、私の住む関東地方はまだ梅雨明けしません。

水不足だと言われていますが、先週は木、金曜と続けてゲリラ豪雨。

釣りにも、昨年9月以来久しく行ってないので、そろそろ梅雨明けして欲しいのですが…。

 

2016年第28週の帰宅BGMは、Maria Muldaurのソロ・デヴュー作『Maria Muldaur』を聴きました。

 

Maria Muldaurは、ニューヨークのグリニッジ・ヴィレッジ出身で、The Even Dozen Jug Bandや Geoff Muldaurとのデュオで、東海岸で活動した後、本作でソロ・デヴューを果たしています。

 

Clarence White、Ry Cooder、Amos Garrett、Andrew Gold、Nick DeCaro、Jim Keltner、Jim Gordon他そうそうたる面子がレコーディングに参加した本作は、Lenny Waronkerのプロデュースの下、ジャグ・バンド調の「Any Old Time」をはじめとして、カントリー調の「My Tennessee Mountain Home」や「I Never Did Sing You A Love Song」。

1920〜1930年代の空気を伝えるような「The Work Song」やニューオリンズ・ジャズ調の「Don't You Make Me High (Don't You Feel My Leg)」など、おおよそアメリカ音楽のルーツを全て網羅したような内容なのですが、決して泥臭くなるような事もなく(「Three Dollar Bill」だけがスワンプ調で唯一泥臭い曲か)、むしろヨーロッパ的な雰囲気を伝えてくれるのは、やはりMariaの歌唱によるおかげでしょうか。

 

なかでも、ビルボードで6位を記録した「Midnight At The Oasis」は、Amos Garrett名ギターとMariaのとろけるような歌声(ある意味この歌声はエロいよなぁ)と共に、フリーキーでパラダイスにいるかのような錯覚に陥らせてくれる一曲。

「Long Hard Climb」も、ノスタルジックな気分に浸らせてくれる一曲で、なかなか捨て難い曲です。

 

夏の夕涼みにピッタリのアルバムです。

マリア・マルダー
ダブリューイーエー・ジャパン
【ディスク1】
  1. エニー・オールド・タイム
  2. 真夜中のオアシス
  3. マイ・テネシー・マウンテン・ホーム
  4. ラヴ・ソングは歌わない
  5. ザ・ワーク・ソング
  6. ドント・ユー・フィール・マイ・レッグ
  7. ウォーキン・ワン&オンリー
  8. ロング・ハード・クライム
  9. スリー・ダラー・ビル
  10. ヴォードヴィル・マン
  11. マッド・マッド・ミー

Macchi * 70年代西海岸ロック * 18:50 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 18:50 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ