Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
2007年12月1日より
ブログパーツUL5
注目ブログ
... and i still remember
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
Kick Out The Jams/MC5(1969)
2016.07.09 Saturday 13:31

JUGEMテーマ:音楽

 

先週、第3回全日本フォーク・ジャンボリーの事を書き、その中で三上寛の事をパンクだと書きましたが、そんな事を書いていたら何となくパンク的な音楽を聴いてみたくなりました。

 

パンクというと、多くの人が真っ先に思い浮かぶのは、やはりSex Pistolsだと思うのですが、僕はこのバンド、駄目なんですよねぇ。

およそ様式美メタルとは対極的な存在にも関わらず、何故か『BURRN!』でたまに名前を見かけるので、その度に不思議に思っているのですが、僕が駄目な理由は、軽いというか、締まりがないというか、鋭角的な扇動感みたいなものも感じないんですよね。

別にこのバンドに限らないけど、その破天荒なストーリーから、伝説的な存在になってしまうと、過大評価されている部分が少なからずあると思うのですが…。

 

で、結局僕は、何かパンク系は駄目だなぁ…と思って、今回聴いたMC5も、レンタルで1回聴いたきりで素通りしてしまっていたのですが、たまたまブックオフの500円棚で見つけたので、これも1960年代アメリカン・ハード・ロックの一つだし、ちゃんと通らなければいけないよな(!?)と思い、入手していたのを聴いてみた次第です。

 

という事で、2016年第27週の通勤BGMは、MC5のデヴュー・アルバム『Kick Out The Jams』を聴きました。

 

MC5は、アメリカ・デトロイトを拠点に1960年代後半から1972年にかけて活動していたガレージ・バンドで、たった3枚のアルバムを残さなかったにも関わらず、後のパンク、へヴィ・メタル、グランジ・オルタナティブ・ロックに大きな影響を残しており、彼等の曲をカヴァーした後輩バンドも数多くいます。

 

今回聴いたのは、彼等のデヴュー・アルバムにして、ライヴ・アルバムでもあった作品。
初っ端からライヴ音源を収録したのは、彼等はやはりスタジオ・バンドではなく、ライヴ・バンドとして、その魅力を最大限表現出来たからでしょう。

レンタルで1回聴いたきりで素通りしていましたが、改めて聴いてみると、これがなかなかいいですね(苦笑)。

テクニカルとか、へヴィというほどの重量感はありませんが、サイケ感すら感

じさせる歪んだ2本のギターをはじめとした荒々しい演奏と、観客を煽る扇動的なヴォーカル。

「Ramblin' Rose」から「Rocket Reducer N. 62 (Rama Lama Fa Fa Fa)」までは、単純なロックンロール調の曲なのですが、「Ramblin' Rose」と「Rocket Reducer N. 62 (Rama Lama Fa Fa Fa)」は、ブルーズっぽい面も聴かせてくれます。

「Borderline」なんかは、スラッシュ・メタルを思わせる速い曲。

「Motor City Is Burning」からはブルージー調で、彼等もやはり1960年代のバンド、ルーツ・ミュージックが根っこにあるバンドなんだなと感じさせます。

最後の「Starship」は、東海岸のThe Doorsですね。これは観客も興奮します。

 

本作は、Elektraから発売されましたが、元々過激な政治的発言が多かったバンドで、このアルバムでも2曲目の冒頭で卑語を叫んでいたのを問題視したElektra側が急遽その部分だけ音源を差し替えたという事も話題の一つです(現在のCDでは、その部分は元に戻されています)。

この件によりバンドはElektraとは袂を分かち、その後の2枚のアルバムはAtlanticから発売しています。

 

 

MC5
イーストウエスト・ジャパン
【ディスク1】
  1. ランブリン・ローズ
  2. キック・アウト・ザ・ジャムズ
  3. カム・トゥゲザー
  4. ロケット・リデューサー No.62
  5. ボーダーライン
  6. モーター・シティ
  7. アイ・ウォント・ユー
  8. スターシップ

| Macchi | 60年代アメリカンハードロック | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2018.02.17 Saturday 13:31
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://re2002.jugem.jp/trackback/1394