Macchiが通勤BGMとして聴いたアルバム、休日に観た映画、休日の海のボート釣り
Calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

2007年12月1日より
ブログパーツUL5
注目ブログ
Favorite
MOTHER3
Mobile
qrcode
Sponsored Links
<< 2016年06月18日のつぶやき main 2016年06月19日のつぶやき >>
Malo/Malo(1972)
JUGEMテーマ:音楽

 

週末の金曜日は、昼間は厳しい暑さでしたが、夜も何となく蒸し暑い暑さでしたね。

本格的な夏はまだまだ先ですが、蒸し暑い夜にはMaloの「Suavecito」なんか聴くのも、真夏の夜の夢みたいな感じでよろしいんじゃないでしょうか。

 

2016年第24週の帰宅BGMは、Maloのデヴュー・アルバム『Malo』を聴きました。

 

Maloは、サンフランシスコ出身のラテン・ロック・バンドで、メンバーには、あのCarlos Santanaを兄に持つJorge Santana(ホルヘ・サンタナ)がいたバンドです。デヴューが今回聴いたアルバムを発表した1972年で、4枚のアルバムを残しています。

上にも書きましたが、本作に収録されている「Suavecito」が、チャート18位を記録するヒット曲となりましたが、ある意味一発屋的な存在だったのでしょうか、僕が調べる限り、本作以後のアルバムでは目立ったヒットを飛ばしてはいないようです。

Carlos Santanaの弟がいるよ!というのが売りだったのかもしれませんね。

 

僕がMaloに出会ったきっかけは、ワーナーがその昔売り出した『ウェスト・コースト・ロック・パーフェクト・コレクション』という12枚組CDの中に、「Suavecito」が収録されていた事なのですが、アルバム自体を聴くのは、今回が初めてです。

「Suavecito」意外に大きなヒットがないという事を知りましたが、聴いてみると、これがなかなか面白い内容でしたよ。

 

冒頭「Pana」は、典型的なラテン・ビートの曲。カーニバルのリズムに、弾けるホーン・セクションと踊りたくなるような楽しい曲です。途中転調するところもスパイスが効いていてなかなかですね。

 

2曲目「Just Say Goodbye」は、「Pana」とは打って変わって、メロウなエレピと穏やかなギターが印象的な静かな出だしの曲。熱狂した前夜が明けた、その疲れとも何とも言えない静寂の朝を迎えたという感じなのですが、それもすぐにSantanaを思わせるインプロビゼーション的なハードなギターとリズムセクションの応酬が繰り広げられるのですが、曲後半はその展開もソフト・ロックを連想させるようなメロウなコーラスで終焉を迎えます。

この曲は「Pana」以上にめくるめく展開の曲で、ジャズっぽいというか、クロスオーバー調というか、都会的なセンスも感じさせる曲ですね。

 

3曲目「Cafe」は、再びラテン・ビートの曲。

演奏主体だったそれ以前の曲と比べて、ヴォーカル主体の曲です。

 

4曲目「Nena」は、リズムはラテンのリズムですが、演奏はブラス・ロック調の曲です。

 

5曲目「Suavecito」は、冒頭にも書いたようにチャート18位を記録したシングル向きの曲。それまでの熱いラテン・ビートの曲とは違い、全編メロウな曲でそれこそ「真夏の夜の夢」と表現したくなるような、まどろむような曲調の曲です。

 

本来なら「Suavecito」を最後に持って来れば、アルバム構成として最適だと思うのですが、6曲目、最後の曲は「Peace」。

曲名からくる印象とは違い、ヴォーカルArcelio Garcia Jr.がシャウトする、プログレ・ハード的で、ファンク・ロック的な粘り気もある曲が最後を締めくくります。

 

単純なラテン・ビートとは違い、ジャズ、クロスオーバー、プログレ、ファンク、ソフト・ロックのテイストも感じられる音楽性は、なかなか面白いアルバムだと思いました。

 

 

Malo
Warner Bros / Wea
【ディスク1】
  1. Pana
  2. Just Say Goodbye
  3. Cafe
  4. Nena
  5. Suavecito
  6. Peace



2016.06.19 Sunday 13:17
70年代西海岸ロック comments(0)
スポンサーサイト


2017.03.15 Wednesday 13:17
- -
comment




/PAGES