Macchiが通勤BGMとして聴いたアルバム、休日に観た映画、休日の海のボート釣り
Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

2007年12月1日より
ブログパーツUL5
注目ブログ
Favorite
MOTHER3
Mobile
qrcode
Sponsored Links
<< 2016年03月21日のつぶやき main The Colour Of My Love/Celine Dion(1993) >>
Struck Down/Yesterday And Today(1978)
JUGEMテーマ:音楽

2016年第12週の通勤BGMは、Yesterday And Todayのセカンド・アルバム『Struck Down』を聴きました。

1980年代以降は、「Y&T」というバンド名に改名し、活躍するアメリカ・サンフランシスコのハード・ロック・バンドですが、今回聴いたアルバムは、改名前のバンド名、「Yesterday And Today」名義で1970年代に発表したセカンド・アルバムです。
デヴュー・アルバムは、2011年1月8日の記事で取り上げています。

前作は、デヴュー・アルバムという事もあって、堅さの目立つアルバムでしたが、本作は小慣れてきた感もあり、1980年代の「Y&T」の原型が、このアルバムでほぼ出来上がったという印象です。
流麗なDave Menikettiのギターも実に滑らかなもので、Joey Alvesとのツイン・リード・ギターも、アルバムタイトル曲である「Struck Down」で、その片鱗も見せています。

ただ、前作では後のY&Tのトレードマークともなる、メロディアスで哀愁感漂うバラードが収録されていましたが、本作ではバラード系の曲は「Pleasure in My Heart」のような曲は収録されているのですが、前作ほどのメロディアス感がないところが残念です。

他に注目すべき楽曲は、最後の「Stargazer」で、アルバム収録曲のほとんどをDave MenikettiとLenonard Hazeが手掛けている中で、この曲だけはPhill Kennemoreが単独で手掛けた曲。
ポップな楽曲で、意外にもコーラスワークが素晴らしく、ハード・ロックといえども、コーラスワークも重視するところがアメリカのバンドらしく、ブリティッシュ・ハード・ロックとは違う点かなとも思える曲です。

「Yesterday And Today」名義でのアルバムは、このアルバムが最後で、以後は「Y&T」で再出発を図る事になるのです。

 
イエスタデイ&トゥデイ
ポリドール
【ディスク1】
  1. ストラック・ダウン
  2. プレジャー・イン・マイ・ハート
  3. ロード
  4. ナスティ・セイディ
  5. ドリームズ・オブ・エジプト
  6. トライド・トゥ・ショウ・ユー
  7. アイム・ロスト
  8. スターゲイザー(ラウンド&ラウンド)



2016.03.27 Sunday 13:29
70年代アメリカンハードロック comments(0)
スポンサーサイト


2017.05.28 Sunday 13:29
- -
comment




/PAGES