Macchiが通勤BGMとして聴いたアルバム、休日に観た映画、休日の海のボート釣り
Calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

2007年12月1日より
ブログパーツUL5
注目ブログ
Favorite
MOTHER3
Mobile
qrcode
Sponsored Links
<< Born To Run/Bruce Springsteen(1975) main 2016年03月6日のつぶやき >>
The Final Countdown/Europe(1986)
JUGEMテーマ:音楽

2016年第9週の帰宅BGMは、Europeの『The Final Countdown』を聴きました。
彼等の出世作となったこれまたサードアルバムですね。

このバンドについては、リアルタイム世代なので、大ヒット曲となったアルバムタイトル曲はもちろん聴いていますが、当時高校生だった僕は、今ほどハード・ロック、へヴィ・メタルに興味がなかったので、アルバム自体は今まで聴いた事がありませんでした。
今回は、ブックオフの500円棚で見つけたので、入手してみた次第です。

一聴して、これはメロハー(メロディアス・ハード・ロック)の名盤だわと思いましたよ。
これが売れないわけがない。
キャッチーでメロディアスなハード・ロックが、アルバムタイトル曲や「Rock The Night」、「Danger On The Track」と、これでもかと続き、捨て曲が一切ない。
甘美なバラード「Carrie」も心憎いばかりで、ドライヴする「Ninja」のような曲も全くスキがない。
正直、出来過ぎでそういうところが面白くないといえば面白くないのですが(苦笑)。

David Byronのようによく伸びるJoey Tempestのハイトーン・ヴォーカルは、Steve Perryのように節回しが効くところが、楽曲を最強のものにしており、John Norumのツボを押さえた流麗なギターワークも実に心地いいです。

アメリカナイズされた本作は、北欧メタルの保守本流からは外れるのかもしれませんが、1980年代が生んだハード・ロックの名盤の一枚ですね。

 
Europe
Sony
【ディスク1】
  1. The Final Countdown
  2. Rock The Night
  3. Carrie
  4. Danger On The Track
  5. Ninja
  6. Cherokee
  7. Time Has Come
  8. Heart Of Stone
  9. On The Loose
  10. Love Chaser
  11. The Final Countdown
  12. Danger On The Track
  13. Carrie



2016.03.06 Sunday 20:47
80年代ハードロック comments(0)
スポンサーサイト


2017.03.15 Wednesday 20:47
- -
comment




/PAGES