<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Journey/Journey(1975) | main | Airplay/Airplay(1980) >>

Sweet/スガシカオ(1999)

洋楽を聴く人間にとって、最近のJ-POPなんて全く興味ないという人も多いだろうが、中には面白そうな人もいる。
でも、どうせ聴くなら日本語の曲なのだから、単にメロディがいいというだけでなく、歌詞にちゃんとした内容のあるものを聴きたいものだ。

スガシカオの3枚目のアルバムである、このアルバムを聴こうと思ったきっかけは、何だったのだろう?
SMAPがカヴァーした「夜空ノムコウ」が流行っていた頃だったかもしれない。
その内省的な詩に惹かれて、スガシカオに興味を持ったのだが、ファースト、セカンドと聴いてみたものの、今一つピンと来なかった。

この3枚目のアルバム『Sweet』は、スガシカオの曲の特徴であるファンク調の曲(ワウを効かせたギターが印象に強く残る)と、メロディラインの優れたポップ調の曲が同居するアルバムだが、後者のポップ調の曲に、歌詞に内容があったり、イメージが思い浮かぶような曲が多い。

個人的にお気に入りの曲は、「夕立ち」、「ふたりのかげ」、「グッド・バイ」、「ぼくたちの日々」の4曲。
秀逸なのは「夕立ち」で、ポップなメロディの良さもさることながら、その歌詞世界は、頭の中で映像が再現出来てしまう位だ。
「グッド・バイ」、「ぼくたちの日々」は、やはりポップでメロディの良さが特徴的だが、その歌詞は内省的な部分が強い。メロディがいい曲でありながら、「僕等の街」を「歪んだ笑いとだるい空気の塊」と表現したり、「最近の僕等」を「したり顔」なんて歌ったりするなんて、他のアーティストにそうそう見られないと思う。メロディとその歌詞世界にギャップがあるが、便利で豊かで、一見幸せに見える反面、嫌な事が多い現実の世界を見れば、そんなギャップのあるスガシカオの曲に惹かれてしまう。

でも、そんな嫌な事が多い現実の世界でも、「ふたりのかげ」のように、「明日」はいい事があるだろうか?と希望位は持ちたいんだ…。


JUGEMテーマ:音楽


評価:
スガシカオ
キティ
【ディスク1】
  1. あまい果実
  2. 正義の味方
  3. 夕立ち
  4. ふたりのかげ
  5. 310
  6. 夜明けまえ
  7. 師走
  8. グッド・バイ
  9. いいなり
  10. ぼくたちの日々
Macchi * ジャパニーズ・シティ・ポップ * 02:30 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 02:30 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ