Macchiが通勤BGMとして聴いたアルバム、休日に観た映画、休日の海のボート釣り
Calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

2007年12月1日より
ブログパーツUL5
注目ブログ
Favorite
MOTHER3
Mobile
qrcode
Sponsored Links
<< 2016年01月31日のつぶやき main Two For The Show/Kansas(1978) >>
追悼Glenn Frey〜後期Eagles〜
JUGEMテーマ:音楽

2016年第5週の通勤BGMは、Eaglesの『Hotel California』を聴きました。

Don Felderの加入は、かねてからEaglesが望んでいたロック色の強化に大きく貢献しました。
しかし、それに伴う副作用というわけではありませんが、バンドのカントリー・ロック色は薄れていき、カントリー・ロック・サウンドを牽引していたBernie Leadonの脱退に繋がります。

Bernieの後任として加入したのが、アメリカを代表するハード・ロック・バンドの一つであったJames Gangの元ギタリスト、Joe Wolshでした。

最後のスタジオ録音アルバムとなった『The Long Run』に収録された「I Can't Tell You Why」や「King Of Hollywood」で、まだギタリストとしてクレジットされてはいるのですが、ハード・ロック・ギタリストとして知名度の高いJoeの加入により、Glennのバンド内でのギタリストとしての立ち位置は、さらに後退していきます。
一方、それまでのアルバムの中にも「Desperado」といったピアノを使う曲はあったのですが、『Hotel California』や『The Long Run』では、「New Kid In Town」や「I Can't Tell You Why」のようにキーボードをフィーチャーした曲が収録されるようになり、キーボーディストとしての役割が高まってきたように思えます。

次にリード・ヴォーカリストとしてのGlennですが、Don Henleyがバンド最大の代表曲「Hotel California」を歌った事だけにとどまらず、『Hotel California』、『The Long Run』の2枚のアルバムでは、収録曲中大半の曲でリード・ヴォーカルを担当しており、今では彼が「ヴォイス・オブ・ホテル・カリフォルニア」と称されるだけあって、バンドのイメージが完全にGlennからHenleyに移っていった感があります。
しかし、『Hotel California』に収録された「New Kid In Town」では、熟成された大人のヴォーカルを聴かせ、初期の彼のヴォーカル・スタイルとは全く違う、成長の跡を窺わせてくれるところが興味深いものがあります(私的に「New Kid In Town」での歌唱は、ソロ・キャリアも含めて最高の歌唱だと思います)。
残念ながら、ラスト・アルバム『The Long Run』では、「New Kid In Town」のような歌唱は聴く事が出来ないのですが、ハード・ブギー「Heartache Tonight」で久々のシャウトを聴かせており、同曲がGlennと同郷のBob Segerとの共作である事から、最後の最後で原点回帰とも思えなくもなく、これはこれでうれしい1曲です。

 
Eagles
Elektra / Wea
【ディスク1】
  1. Hotel California
  2. New Kid In Town
  3. Life In The Fast Lane
  4. Wasted Time
  5. Wasted Time (Reprise)
  6. Victim Of Love
  7. Pretty Maids All In A Row
  8. Try And Love Again
  9. The Last Resort

Eagles
【ディスク1】
  1. The Long Run
  2. I Can't Tell You Why
  3. In The City
  4. The Disco Strangler
  5. King Of Hollywood
  6. Heartache Tonight
  7. Those Shoes
  8. Teenage Jail
  9. The Greeks Don't Want No Freaks
  10. The Sad Cafe



2016.02.07 Sunday 13:32
70年代西海岸ロック comments(0)
スポンサーサイト


2017.03.15 Wednesday 13:32
- -
comment




/PAGES