Macchiが通勤BGMとして聴いたアルバム、休日に観た映画、休日の海のボート釣り
Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

2007年12月1日より
ブログパーツUL5
注目ブログ
Favorite
MOTHER3
Mobile
qrcode
Sponsored Links
<< Back To The Blues/Rick Derringer(1993) main 2015年12月13日のつぶやき >>
Cornerstones/佐藤竹善(1995)
JUGEMテーマ:音楽

2015年第48週の帰宅BGMは、佐藤竹善の『Cornerstones』を聴きました。

佐藤竹善は、言わずと知れたSing Like Talkingのヴォーカリストですが、今回聴いたアルバムは、彼の初ソロ・アルバムで、彼の音楽的なルーツになっているAORの名曲をカヴァーしたカヴァー・アルバムです。

このアルバムは、以前レンタルで聴いた事があるのですが、入手して改めて聴いてみて、ニンマリさせる内容ですね。
特にEric Taggの「No one there」からNed Dohenyの「Whatcha' gonna do for me」、そしてBobby Caldwellの「What you won't do for love」へと到る冒頭3曲の流れは、グルーブ感といい、AORファンなら納得の内容だと思います。

AOR調の曲ばかりではなく、Nat King Coleの「Stardust」のようなスタンダード・ナンバーも収録し、「I. O. U. Me」では益田(岩崎)宏美とのデュエットも披露。ミュージカル映画の一幕を観ているような気分にさせてくれます。それにしても、この女性ヴォーカルが益田宏美だとは分かりませんでした。

Timothy B. Shmitの「Something sad」には、イントロが一瞬演歌か!?と思わせられますが(オリジナルもこんな感じだったけ?)、Timothyのサードアルバム『Tell Me The Truth』からの選曲という事で、Eaglesファンとしてはこれまたニヤリ。

レコーディングに参加したアーティストも、上記の益田宏美の他に、元ウエストロード・ブルースバンドの山岸潤史や、Dean Parks、Ned Dohenyなど、豪華な面々が参加しています。

 
佐藤竹善
BMG JAPAN
【ディスク1】
  1. No One There
  2. Whatcha' Gonna Do For Me?
  3. What You Won't Do For Love
  4. I・O・U・ME
  5. Promises Promises
  6. Something Sad
  7. You Need A Hero
  8. O・C・O・E (Official Cat of the Eighties)
  9. Desperado
  10. Stardust
  11. Something Sad (日本語ヴァージョン)
  12. Imagine (Live) (ボーナストラック)
  13. Moanin' (Live) (ボーナストラック)
  14. Between the sheets (Live) (ボーナストラック)



2015.12.13 Sunday 15:59
ジャパニーズ・シティ・ポップ comments(0)
スポンサーサイト


2017.04.16 Sunday 15:59
- -
comment




/PAGES