Macchiが通勤BGMとして聴いたアルバム、休日に観た映画、休日の海のボート釣り
Calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

2007年12月1日より
ブログパーツUL5
注目ブログ
Favorite
MOTHER3
Mobile
qrcode
Sponsored Links
<< Peaceful Easy Feeling - The Best Of Jack Tempchin/Jack Tempchin(1997) main 2015年12月5日のつぶやき >>
The Secret Of Movin' On/David Pack(2005)
JUGEMテーマ:音楽

2015年第47週の帰宅BGMはDavid Packのソロ・アルバム『The Secret Of Movin' On』を聴きました。ブックオフで見つけたCDですが、元JourneyのSteve PerryやAmericaのDewey Bunnell、EaglesのTimothy B. Schmit。さらにHeartのAnn Wilsonがゲスト・ミュージシャンとしてレコーディングに参加しているのが目に付き、購入した次第です。

David Packは、Ambrosiaの元メンバーで、中心人物でもあったアーティスト。
Ambrosiaは、元々はプログレッシヴ・ロック・グループとしてスタートしたものの、今回聴いたDavid Packのソウルフルなヴォーカルを活かしたAOR路線に変更し、「How Much I Feel」や「Biggest Part Of Me」などのヒット曲を放ちました。Ambrosiaについては、『Life Beyond L.A.』『One Eighty』の2枚を、当ブログでも取り上げています。
今回聴いたアルバムは、Ambrosia解散後、1985年の『Anywhere You Go』以来、David Packが実に20年振りに発表したアルバムです。

アルバム内容は、「Biggest Part Of Me」や「You're The Only Woman」といったAmbrosia時代のヒット曲の再録や、Steve Perryとの共作曲「A Brand New Start」、インスト曲「Elizabeth」などを収録。

Ambrosia時代の2曲を除いたいずれの曲もメロウで、曲によってはジャジーなアレンジの効いた都会的で大人のお洒落な楽曲ばかりです。
彼のソウルフルなヴォーカルからか、やはり「Biggest Part Of Me」や「You're The Only Woman」の2曲は名曲だなと思ってしまうのですが、他にこういうR&B、ソウル調の曲がないのが少々残念。
「A Brand New Start」は、なかなかのバラード・ナンバーですが、Steve Perryの色がちょっと強いですね。

アルバム収録曲中で好きなのは、「Vertical Disbelief (That's Not Me)」と「Tell Her Goodbye」の2曲。
「Vertical Disbelief (That's Not Me)」は、ウェスト・コーストという土地柄かラテン調の楽曲がなかなかです。「Tell Her Goodbye」は、アコースティックでジャジーなブルーズ調の曲。
いずれの曲もDavid Packのヴォーカルが魅力的に引き出されていると思います。

 
デヴィッド・パック,デヴィッド・ベノワ,アン・ウィルソン,ドゥーイ・バネル,スティーヴ・ペリー,ティモシー・シュミット
ビクターエンタテインメント
【ディスク1】
  1. ザ・シークレット・オブ・ムーヴィン・オン (トラヴェリン・ライト)
  2. ヴァーティカル・ディスビリーフ (ザッツ・ノット・ミー)
  3. ビゲスト・パート・オブ・ミー
  4. テル・ハー・グッバイ
  5. ア・ブランド・ニュー・スタート
  6. 愛にときめいて
  7. ホエン・ユア・ラヴ・ワズ・オールモスト・マイン
  8. ホエア・ウィ・スターテッド・フロム
  9. エヴァーラスティング
  10. シンク・オブ・U (ソング・フォー・ケイトリン)
  11. エリザベス



2015.12.05 Saturday 18:56
AOR comments(0)
スポンサーサイト


2017.03.15 Wednesday 18:56
- -
comment




/PAGES