<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< D & B Together/Delaney & Bonnie And Friends(1972) | main | 2015年09月20日のつぶやき >>

Fuse/Fuse(1968)

JUGEMテーマ:音楽

2015年第35週の帰宅BGMは、Fuseの唯一のアルバム『Fuse』を聴きました。

Fuseは、後にCheap Trickを結成する事になるRick NielsenとTom Petersonがメンバーだった事を知る人ぞ知る、マニアックなバンドです。

アメリカン・ハード・ロックのムック本でその存在を知り、以前から聴きたいと思っていましたが、たまたまディスク・ユニオンで発見し、少々ジャケットの縁が古くて黄ばんでいましたが、安価だったので迷わず購入しました。
聴いてみると、実に興味深い内容でした。

アルバム冒頭の曲「Across The Skies」こそ軽いタッチの曲なのですが、2曲目「Permanent Resident」以降は、激しい曲が中心となります。

ハード・ロックといっても、「4/4 3/4」を除けば、ブルーズ・フィーリングのある曲ではなく、「Show Me」や「Mystery Ship」などは、Rick Nielsenが操るオルガンやメロトロンをフィーチャしたへヴィ・ロック(このバンドでは、Rick Nielsenはサイドギター、オルガン、メロトロンを担当)。
「Permanent Resident」や「To Your Health」は、曲の途中で転調もある為、70年代的に言えばプログレ・ハードといった印象。
このアルバムが発表された60年代末期的な観点から見れば、初期Deep Purpleのようなアート・ロック、へヴィ・サイケという感じです。

しっかりとした演奏は聴き応えがあり、特に4曲目「To Your Health」はインスト曲で、メロトロンを大々的に使っており、あのKing Crimsonよりも1年早くアルバムで使用している点でも、かなりの先進性が窺える内容です。

バンドメンバーは、Rick Nielsenを除けば、他は全員10代だったというのも驚きで、特にヴォーカルのJoe Sundbergは、この歌いっぷりにも関わらずまだ17歳だったというから、その声質の老けっぷりというか(苦笑)、大物ぶりに舌を巻きます。
All Musicで調べてみましたが、Joe Sundbergは、その後は目立った音楽活動はしてないようですね。このヴォーカルなら、その後大成する事も出来たでしょう。

Fuseは、結局この1枚きりで終わってしまいましたが、Vanilla Fudgeなどと同列に扱われていれば、かなり成功を収める事も出来たんじゃないかなと思える内容です。

 
ヒューズ
エピックレコードジャパン
【ディスク1】
  1. 空に向かって
  2. 変わらぬ愛を
  3. ショウ・ミー(メドレー)
  4. トゥ・ユア・ヘルス
  5. 心に窓を
  6. 4/4 3/4
  7. さまよえる船
  8. 悲しみにみちた日々

Macchi * 60年代アメリカンハードロック * 11:53 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 11:53 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ