Macchiが通勤BGMとして聴いたアルバム、休日に観た映画、休日の海のボート釣り
Calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

2007年12月1日より
ブログパーツUL5
注目ブログ
Favorite
MOTHER3
Mobile
qrcode
Sponsored Links
<< Workingman's Dead/Grateful Dead(1970) main 2015年01月17日のつぶやき >>
The Beat Goes On/Vanilla Fudge(1968)
2015年第2週の帰宅BGMは、Vanilla Fudgeのセカンドアルバム『The Beat Goes On』を聴きました。

Vanilla Fudgeは、今回聴いたセカンドアルバムを除いて、デヴューアルバム、3枚目、4枚目と取り上げてきましたが、このセカンドアルバムは、なかなか衝撃的な内容ですね。

Vanilla Fudgeといえば、デヴューアルバムにおける、Supremesの「You Keep Me Hnaging On」のカヴァーをはじめとして、他人の曲を彼等なりにアレンジしてカヴァーするスタイルが思い浮かびますが、このアルバムではその路線は引き続きつつも、曲ばかりではなくよりアルバムを重視するスタイルを取っています。
Sonny & Cherの「The Beat Goes On」という曲を中心に据えつつも、「I Want To Hold Your Hand」といったThe Beatlesの曲や、ベートーヴェンの「エリーゼの為に」などのクラシックも交え、さらに、ミュンヘン会談から戻ったネヴィル・チェンバレンの記者会見や、日本軍による真珠湾奇襲攻撃後のフランクリン・ルーズベルトの議会演説など、現代史における政治家の重要な語りを加え、4つのパートからなるコンセプト・アルバムに仕上げています。

Tim Bogert(ベース)とCarmine Appice(ドラム)という、重戦車級の鉄壁のリズム隊をはじめとして、腕達者なメンバーが揃ったバンドとしては、それぞれの演奏はかなり抑え気味で、少々物足りなさを感じてしまう面もありますが、まだプログレッシヴ・ロックが萌芽しつつあった1968年において、この果敢な挑戦はもう少し評価されてもいい、少々地味なアルバムです。
 
JUGEMテーマ:音楽
Vanilla Fudge
Sundazed Music Inc.
【ディスク1】
  1. Sketch
  2. Phase One: Intro-The Beat Goes On
  3. Phase One: Eighteenth Century Variations On A Theme By Mozart-Divertimento No. 13 in F Major...
  4. Phase Two: The Beat Goes On
  5. Phase Two: Beethoven: Fur Elise & Moonlight Sonata
  6. Phase Two: The Beat Goes On
  7. Phase Two: The Beat Goes On
  8. Phase Three: Voices In Time: Neville Chamberlain/Winston Churchill/Franklin Delano Roosevelt...
  9. Phase Four: The Beat Goes On
  10. Phase Four: Merchant/The Game Is Over/Merchant/The Game Is Over/Merchant/The Game Is Over...
  11. Phase Four: The Beat Goes On
  12. Bonus Phase: You Can't Do That
  13. Bonus Phase: Come By Day, Come By Night



2015.01.17 Saturday 18:08
60年代アメリカンハードロック comments(0)
スポンサーサイト


2017.03.15 Wednesday 18:08
- -
comment




/PAGES