<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2014年12月6日のつぶやき | main | 2014年12月7日のつぶやき >>

Metamorpheus/Steve Hacket & The Underworld Orchestra(2005)

JUGEMテーマ:音楽

2014年第44週の帰宅BGMは、元GenesisのギタリストSteve Hacketが、オーケストラと共演したクラシック・アルバム『Metamorpheus』を聴きました。

元Genesisと書いていますが、彼がGenesisを脱退したのは1977年なので、ソロギタリストとしてのキャリアの方が長いので、一人のギタリストとして今は認知すべきでしょうね。

僕自身は、恥ずかしながらGenesisや、Peter Gabriel、Phil Collinsの名前は知っているものの、彼等のアルバムは一枚も聴いた事がないんですよね。
Steve Hacketも記憶があやふやで、レンタルで何かのアルバムを聴いたと思うのですが、ちゃんとアルバムを買って聴いたのは、今回が初めてです。と書きながら、彼のライヴは、プログレ・フェスでしっかり観ているんですけどね(苦笑)。

今回聴いたアルバムは、1997年の『A Midsummer Night's Dream』に続く、クラシック・ギターとオーケストラとの共演アルバムで、『A Midsummer Night's Dream』がシェイクスピアの作品などを題材にしていたのに対し、本作では、ギリシャ神話を題材にした作品だそうです。

ロック、ましてやプログレとなると、とかくうんちくを語りたくなる傾向にありますが、(僕がSteve Hacketに関する知識をほとんど持ち合わせていないという事もありますが)今回のアルバムは黙って静かに目を閉じて耳を傾けたい、そんなアルバムです。
アルバムの趣旨とは全く関係ありませんが、寒くなり、クリスマスも近いこんな時期だからこそ、暖かい部屋で聴きたいアルバムです。

ロックはちょっと…というクラシックファンにも聴いて頂きたいアルバムです。

スティーヴ・ハケット
WHDエンタテインメント
【ディスク1】
  1. The Pool Of Memory And The Pool Of Forgetfulness
  2. To Earth Like Rain
  3. Song To Nature
  4. One Real Flower
  5. The Dancing Ground
  6. That Vast Life
  7. Eurydice Taken
  8. Charon’s Call
  9. Cerberus At Peace
  10. Under The World - Orpheus Looks Back
  11. The Broken Lyre
  12. Severance
  13. Elegy
  14. Return To The Realm Of Eternal Renewal
  15. Lyra

Macchi * プログレッシヴ・ロック * 11:51 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 11:51 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ