<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

マッシュルーム・バーガー

2013091912190000.jpg


今日の昼食。
フレッシュネス・バーガーにて。

肉は挟んでおらず、代わりに肉厚椎茸?ではなく、巨大マッシュルームが挟んである。
照り焼き風味かな!?と思ったが、バルサミコ味だという。

以前発売していた時は、びっくりして、食べなかったけど、興味津々で初めて食べてみた。

肉と比べてヘルシーだけど、やっぱり物足りないかな…。
昼食後に眠くなる事はなさそうだけど、お腹が鳴りそう…。
Macchi * 食べる * 19:38 * comments(2) * trackbacks(0) * pookmark

塩サイダーキャンディー

JUGEMテーマ:グルメ



毎日暑い日々が続き、熱中症対策として様々な商品が売られていますが、コンビニで目をつけたのがこの塩サイダーキャンディー(個人的には、別に熱中症対策で目をつけたわけではないんですけどね)。

UHA味覚糖の商品で、塩サイダーキャンディーの周りに炭酸パウダーがコーティングしてあるのですが、この炭酸パウダーが凄い!
これまでも、シュワシュワという食感(?)が味わえる食べ物はありましたが、このキャンディーの炭酸パウダーは半端じゃありません。結構長続きします。続けていくつか食べたら、げっぷも出てしまいます(笑)。
キャンディーのほうもサイダーの炭酸の辛さと、塩のしょっぱさがマッチしていて美味しいです。

Macchi * 食べる * 20:09 * comments(2) * trackbacks(0) * pookmark

ビタミン野菜のど飴

JUGEMテーマ:グルメ




今回は「食べる」記事で、コンビニで見つけた逸品です。
自宅の近くのセブン・イレブンで見つけたのですが、ノーベル製菓の「ビタミン野菜のど飴」です。

ネーミング的には何の面白みもないのですが(苦笑)、これが美味しいんですよ!

ノーベル製菓というと、古くは「スーパーレモンキャンディー」や最近では「男梅キャンディー」とか、レモンや梅干など、味の元になる素材のリアルな味を再現したキャンディーが得意な会社ですが、こののど飴もキャロットジュースの味を見事に再現していて、まるで舐める野菜ジュースと表現したくなるようなキャンディーでいいですね。

ただ難点は、売っていたのが自宅の近くのセブン・イレブン1店のみで、他のコンビニや職場近くのコンビにも探したのですが、今のところ他に売っている店を見た事がありません。
袋タイプとか出ないかなぁ。


Macchi * 食べる * 20:31 * comments(2) * trackbacks(0) * pookmark

都こんぶ梅酢味

JUGEMテーマ:グルメ

気付いてみると、超久し振りの「食べる」記事です。

釣りキチ先生のブログで、都こんぶの事を目にして以来、心の片隅にちょっと引っ掛かっていたので(岩手の名物お菓子だったのか!?と勘違いした(苦笑))、先日、「お菓子のまちおか」に行ったら梅酢味なんてのが売っていました。
梅関連の味には弱い僕としては、思わず買ってしまいましたが、う〜んそんなに梅酢の味するかなぁ…という感じ。



それよりも、同じく「まちおか」で売っていて気になったのは、これ。



「ボンタンアメ」で有名なセイカ食品の製品で、桜葉とさくらんぼ果汁で付けた桜風味の、「ボンタンアメ」のようにオブラートで包まれたソフトなアメ。柔らかアメなところがまた、さくら餅っぽいのだろう。
ほのかに桜の風味がするのですが、もうちょっと桜の風味がするといいかなぁ(でも、強すぎるとかえってわざとらしいかな)。

そして、やはりセイカ食品のオブラートで包まれたソフトアメなのですが、パイナップルアメとリンゴアメ。これはどちらも美味しいですね。



いずれも昔ながらあるお菓子ですが、その技法を生かして、決して奇をてらっているわけではないけど、なんとなくスイーツ心をくすぐる企業努力って、なんかいいですね。
Macchi * 食べる * 22:56 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

ジャーマンソーセージ(マクドナルド)

マックのジャーマンソーセージを本日食べましたが、これは何だかなぁと思います。

名前はソーセージですが、ソーセージの上にでかいチキンが載っているんですね。チキンのシリーズなので、当たり前といえば、当たり前なのですが。チキンとソーセージを一緒に挟む事に意味あるのか?と思います。

それと、ソーセージの下に敷いてある、ザワークラフト風の玉ねぎのみじん切りソースが、だらしなく垂れてきて、食べづらいです。
Macchi * 食べる * 12:47 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

ザワークラウトドッグ/ドトールコーヒー

ザワークラウトドッグ

あつ〜。
夏は暑い。
暑いと辛いものと酸っぱいものが食べたくなるし、辛いものと酸っぱいものが美味い!

というわけで、今日の昼食はドトールで、新発売の「ザワークラウトドッグ」を食す。

ザワークラウトとは、ドイツなどでよく食べられるキャベツの酢漬け。
と思ったら、本来ザワークラウトって、酸っぱいのは乳酸発酵によるもので、酢は使っていないのね。

で、「ザワークラウトドッグ」だが、まあホットドッグの上にザワークラウトを載せたものだが、ザワークラウトが味にアクセントをつけてなかなか(個人的にはもっと酸っぱくて良かった)。もーちょっと載せて欲しかったかも。
あまり傾けて食べないように。ザワークラウトは、ただ載っているだけなので、傾け過ぎると落っこちます(つー事は、僕は落とした!?)。
JUGEMテーマ:グルメ


Macchi * 食べる * 00:37 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

マンゴーとパインの南国フルーツパイ/らぽっぽ

マンゴーとパインの南国フルーツパイ

もともと当ブログは、単に趣味の音楽や映画のレヴューだけではなくて、もっと日記風なというか、他の音楽や映画のレビューブログとは違うものにしようと、最初の頃は宇都宮餃子の事とか、PC製作記、あるいはアート鑑賞なんかも書いていたのだけれども、次第にそういう記事は、入会していた某SNSの日記に書くようになって、当ブログ自体は音楽や映画のレヴューに特化するようになっていた。
でも、とある腹の立つ一件がきっかけでその某SNSをやめてしまい、音楽や映画の事以外の記事を書く場がなくなってしまったので、再びこのブログで書こうと思う。

で、再開第1回目の記事は、音楽や映画、釣りと同じくらい好きな「食べる」というカテゴリーを追加して、らぽっぽの「マンゴーとパインの南国フルーツパイ」の紹介。
会社帰りにらぽっぽの前を通った時、あまりに美味そうだったので買ってみたのだが、これがなかなか美味い。
さつまいものペーストの上に、マンゴーとパインが載っていて、甘いさつまいもの味と甘酸っぱいフルーツ味が絡み合い、程よい甘さと程よい酸っぱさがマッチングしていてナイスなお味。

JUGEMテーマ:グルメ


Macchi * 食べる * 16:50 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

宇都宮餃子を食べに行く

北海道・東日本パスを使って、函館まで行くという当初の夏休みの構想(妄想?)からは大きくスケールダウンしたけれど、せっかく6日間も夏休みがあるのだからどこか行きたい!、というわけでホリデー・パスを使って宇都宮へ行って来ました。

ホリデー・パス

ホリデー・パスは、1日限り有効のフリーパスなのですが、フリー区間内ならJR線の普通列車・普通車自由席なら乗り降り自由の切符で、2,300円で券売機でも買えるちょっとした旅に使えるお得な切符です。
例えば、今回僕は宇都宮に行きましたが、普通に切符を買ったら往復5,000円位かかるところが、このホリデー・パスを使うと3,000円ちょっとで済んでしまうといった具合です。

ちょうど午後1時くらいの、休みの日の少し遅めのお昼時に、宇都宮に着くよう湘南新宿ライン宇都宮行きに乗ったのですが、僕が乗った一つ前の湘南新宿ライン高崎行きが、結構混んでいて、これは座れないのでは(汗)!?と焦りましたが、幸い僕が乗った宇都宮行きは空いていました(ホッ)。

電車の中で聴いたBGMは、買ったはいいけどまだ聴いていないものを中心に以下の通り。
・新宿まで…New York Tendaberry/Laura Nyro(1969)
・新宿から大宮と蓮田の間まで…Howdy Moon/Howdy Moon(1974)←これは何回も聴いている

蓮田から先は本を読んでいたのだけれども、ふとドアの上の電光掲示板を見てビックリ!
乗った当初は宇都宮行きになっていたのに、いつのまにか小金井行きになっているではないか!!
僕は席に座るため、空いている事を予想して、前寄り2両目の車両に乗ったのだが、前寄り5両は小金井停まりで、小金井で前寄り5両を切り離し、後ろ10両が宇都宮に行くというものだったのだ。
結局、小金井で後ろの方の車両に乗り移り、小金井から宇都宮までは立つ羽目になった。
まあ、15分ほどだったからいいんだけどね。

で、宇都宮に到着。

宇都宮駅

何しに宇都宮に来たのかって?フフフ、これですよ。これを食べに来たんですよ。

餃子マップ
観光案内でもらった餃子マップ

さすが餃子の街というだけあって、街のあちらこちらには餃子の文字があります。
駅構内も餃子屋もあるし、餃子にちなんだ土産物も多い。
つー事は、街も餃子屋一色なのかというと、確かにJR駅前には餃子屋はいくつかあったけど、別に餃子に染まっているわけでもなく、拍子抜け。
それよりも、横浜や川崎なんかと比べ物にならないくらいにデカイ街並にびっくりした。背の高いビルが密集してないからそう感じたのかもしれないけど。

さて、どこの餃子屋に行こうかと思ったけど、どこ行ったらいいのかマップ見ても全然分からない!単なる地図だけであって、ちょっとした解説も何も載っていないんだもの。
しかたなく、ネットで検索してまずよく目に付いた「みんみん」というお店の本店が、JR宇都宮駅から近かったので(といっても少しばかり歩く)、「みんみん」に行く事にした。

歩く事15分程して「みんみん」に到着と思ったら、うはっ!並んでいるよ!
「みんみん」の手前の角を曲がった小さな路地を覗くと、また別の店にも行列が!
餃子を食いに宇都宮にやって来た僕が言うのもなんだが、わざわざ餃子ぐらいで並ぶか!?と思う(^^;)。
並ぶのは嫌なので、もう一つの近くのこちらは並んでいない店を覗いたが、こちらはカウンターというものがなく、相席は嫌だなぁという事でパス。
結局、近くの長崎屋の地下にある餃子屋で食べる事にした。

適当に選んだ末のお店だったけど、この行った餃子屋というのが正解で、宇都宮餃子の各お店の餃子を色々と食べさせてくれるお店だった(ちなみに周りの客も恐らく観光客であろう、餃子目当てに来た客みたいだ)。
各お店の餃子を一度に少しづつ楽しめるコースというのもあって、僕はAとBの2コース、6店舗、計12個の餃子を食べました。
餃子なんてどれも同じでしょ?となめていたけど、各お店によって味が違うんだよね。

僕が食べたお店の餃子と味の感想は以下の通り
・みんみん…オーソドックスなスタイルの餃子。肉が多少主体かな。
・さつき…紫蘇が入っているところがアクセントか。
・悟空…小龍包のように噛むと肉汁が出るところがいい。
・白美人…キャベツだか白菜がたくさん入っています。
・宇都宮餃子館…「悟空」ほどじゃないけど、ここも肉汁系
・華ざん…ここも「さつき」ほどじゃないけど紫蘇がアクセントに

僕のお気に入りは、悟空の餃子。あふれ出る肉汁だか煮こごりだか分からないけど美味しかったです(^^)。

帰りは湘南新宿ラインが1時間に1本しか走っていない為、待ちきれず宇都宮線に乗って上野まで行こうとしたけど、時間的に後から出発する湘南新宿ラインに乗っても大して変わらない事が判明。
幸い大宮に着いたところで、高崎から来たであろう別の湘南新宿ラインがいい感じで乗り継ぎ出来そうだったので、そちらに乗り換えた。

帰りに聴いたBGMは以下の通り
古河まで…Teaser/Tommy Bolin(1975)
大宮まで…There's An Innocent Face/Curt Boetcher(1973)
恵比寿まで…Aim For The Heart/The Remingtons(1993)←10日の通勤BGMをそのまま利用

餃子食べる為にわざわざ宇都宮に行ったのか!?とか、暇人とか思われるかもしれないけど、暇だったから行ったんだよ(^^;)!電車乗ってどこか遠くへ行きたかっただけ。
Macchi * 食べる * 20:55 * comments(4) * trackbacks(1) * pookmark
このページの先頭へ