<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

If That's What It Takes/Michael McDonald(1982)

JUGEMテーマ:音楽

 

今年もあと1ヶ月ちょっとですか…。

早いですね。

あと1回位は釣りに行きたいなぁ。結局、今年もイナダを釣る夢は叶わないのかなぁ…。

 

2016年第45週の通勤BGMは、Michael McDonaldのソロ・デヴュー・アルバム『If That's What It Takes』を聴きました。

 

このアルバムが発売された1982年という年は、1970年代にヒットを飛ばした大物バンドの元メンバーが相次いでソロ・アルバムを発表した年で、EaglesのDon Henleyが『I Can't Stand Still』を、Steely DanのDonald Fagenが『The Nightfly』を発表しており、二人とも各々のバンドの中心メンバーであり、バンドの解散後に発表されたアルバムだけあって、注目のアルバムとなりました

 

今回聴いたMichael McDonaldの『If That's What It Takes』も、彼が後期The Doobie Brothersの中心メンバーであり、またバンドの方向性を、カラッとしたロックサウンドからソウル路線へと大きく転換させた張本人だけあって、注目のソロ・アルバムとなりました(ビルボード・チャートで最高位6位となりました)。

 

冒頭を飾る「Playin' by the Rules」は、曲自体が軽やかなステップのポップな曲なので、なかなか心地よいです。

続くR&B調の「I Keep Forgettin' (Every Time You're Near)」は、彼のソウルフルなヴォーカルの魅力が見事に引き出された曲で、シングル・チャート4位となったのも納得の1曲。僕もこのアルバムではこの曲が1番好きかな。

以後もドラマチックな展開が魅力的な「Love Lies」や明るい曲調の「I Gotta Try」。ピアノの弾き語りによるセンチメンタルなバラード「I Can Let Go Now」、シティ・ポップ調の「That's Why」など、彼らしいR&Bやソウルを基調とした魅力的な曲が続きます。

 

レコーディングに参加したミュージシャンも豪華で、Dean Parks、Edgar Winter、Jeff Porcaro、Steve Lukather、Kenny Logginsなど、アメリカ西海岸でも、最高のセッションメンが参加しています。

 

ただ、アルバムを聴き進めていくうちにちょっと思うのは、少し…重いかなという事。

Michael McDonaldの魅力って、もちろんその音楽性もさることながら、そのスモーキーでソウルフルなヴォーカルにあるのですが、ソウルフルにも色々ありますが、彼の場合、もさっとした感じのヴォーカルで、それぞれの曲も単調に聴こえてしまうのは少し難かなと感じました。

 

 

Michael McDonald
Warner Bros / Wea
【ディスク1】
  1. Playin' By The Rules
  2. I Keep Forgettin' (Every Time You're Near)
  3. Love Lies
  4. I Gotta Try
  5. I Can Let Go Now
  6. That's Why
  7. If That's What It Takes
  8. No Such Luck
  9. Losin' End
  10. Believe In It

Macchi * 80年代ロック * 13:00 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

Airborne/Don Felder(1983)

JUGEMテーマ:音楽

 

今週は、諸事情により通勤BGMも帰宅BGMも同じアルバム1枚で済ませています。

 

来週は、元EaglesのDon Felderが来日公演をするという事で、今回は彼のアルバムを聴いてみましょう。

といっても、彼が2012年に発表したソロ2枚目のアルバム『Road To Foever』は、以前取り上げていますので、今回2016年第43週の通勤・帰宅BGMは、Don Felderの『Airborne』を聴きました。

 

『Airborne』は、1982年のEagles解散後、Don Felderが発表した初のソロ・アルバムです。
Eaglesの中では、敏腕ギタリストとして、バンドのロック・バンド化に道筋を開き、曲作りの面でも、代表曲「Hotel California」をはじめとして、幾つかの曲で貢献するなどの役割を担ってきたDon Felder。

ただ、リード・ヴォーカルを担当した曲は、『One Of These Nights』の「Visions」1曲のみで、どちらかというと裏方とまではいかないものの、後からバンドに入ったJoe WalshやTimothy B. Schmitと比べると、地味な印象が否めないメンバーでした。

 

そんな彼が発表した『Airborne』は、奇抜さや真新しさはないものの、彼のギターのプレイスタイル同様に、演奏、曲作り共にカチッとした安定した作りが特徴的な、いかにもアメリカンなロックンロール・アルバムですね。

それを象徴するのが冒頭の「Bad Girls」と「Winners」の2曲で、前者は安定した彼のギタープレイが楽しめるロック曲に対して、後者はポップなロックンロール曲。

続く「Haywire」は、キャッチーなハード・ロックで、トーキング・モジュレーターの使用は、Eaglesでの経験を活かしたのでしょうか。

「Who Tonight」はシュールなバラード。この手の曲は、Eagles時代の僚友Joe Walshが時折作るのですが、Joeからの影響があるのかな。

ここまでがレコードでのSide Oneの曲。

 

Side Twoに移り、1曲目の「Never Surrender」は、再び調子が戻り、「Bad Girls」同様カチッとしたロック曲。アメリカンですなぁ。

続く「Asphalt Jungle」は、その曲名に納得のブルージーなスライド・ギターが映える曲で、本作の中でギタリストとしての魅力が一番出た曲かな。

「Night Owl」は、「Haywire」同様再びトーキング・モジュレーターが活躍。

最後の「Still Alive」は、若干ポップですが「Bad Girls」、「Never Surrender」同様、彼の安定したギタープレイがトレードマークの曲。

 

一部共作はあるものの、全曲Felderが作り、リード・ヴォーカルも彼が執っています。
レコーディングには、Eagles時代の同僚Timothy B. Schmitの他に、Joe Walsh人脈でJoe Vitale、George ”Chocolate” Perry。Carlos Vega、Tris Imboden(Chicago)、Russ Kunkel、Nathan East、Joe lala、Kenny Loggins、Dave Masonと豪華な面子が参加しています。

 

Eaglesの「Already Gone」と「Good Day In Hell」で、強烈なFelderショックを受けた僕としては、本作を初めて聴いた時、当時の流れとはいえ、やたらシンセサイザーを多用していて、あまり好きになれないアルバムでしたが、こうやって改めてじっくりと聴いてみると、いかにもFelderのアルバムとして、納得の出来ですね。

ただ、飛び抜けた何かがあるアルバムでもないので、これでは売れないよなぁ…。

 

 

Don Felder
Wounded Bird Records
【ディスク1】
  1. Bad Girls
  2. Winners
  3. Haywire
  4. Who Tonight
  5. Never Surrender
  6. Asphalt Jungle
  7. Night Owl
  8. Still Alive

Macchi * 80年代ロック * 22:25 * comments(2) * trackbacks(0) * pookmark

Randy Meisner/Randy Meisner(1982)

JUGEMテーマ:音楽
 
2015年第8週の通勤BGMは、ふとこのアルバムが聴きたくなりました。
元EaglesのベーシストであるRandy Meisnerのサードアルバム『Randy Meisner』です。

Randyは最初のソロアルバムを、Eagles脱退後の1978年に、Asylumから発表しています。
少々ややこしい話ですが、このファーストソロアルバムのアルバムタイトルも『Randy Meisner』。
そして、レーベルはEpicに移りましたが、今回聴いたサードアルバムのアルバムタイトルも『Randy Meisner』。
日本では、最初のアルバムを『テイク・トゥ・ザ・リミット』と、3枚目を『紺碧のハイウェイ』と邦訳し、区別を付けています。

R&Bやクラシック・ソングの凡庸なカヴァーを中心とした内容で、結果的にAsylumからも契約を打ち切られ、Eagles脱退後の再スタートをいきなりつまづいたファースト。
新規一転Epicへ移籍し、自らEric KazやWendy Waldman等と共作した曲を中心に収録し、Brian Garofaloなど強力なバック・ミュージシャンのサポートを受けて、「Hearts On Fire」と「Deep Inside My Heart」という2曲のヒットを生んだセカンド。

続くサードアルバムは、Heartのアルバムのプロデュースで知られるMikeFlickerがプロデュースし、参加ミュージシャンもHeartのWilson姉妹、Howard Leese、Denny Carmassiが全面的にバックアップした、ハード・ポップ色の強い、これまた強力なアルバムとなりました。

自ら書いた曲は、9曲中3曲と、自作曲の収録は少なくなってしまいましたが、テキーラ・サーキット人脈からは離れ、David Palmerの「Darkness Of The Heart」やBrian Adamsの「Tonight」といった、1980年代を象徴する若い世代のミュージシャンの曲を取り上げている点が注目されます。
特に、アルバム冒頭の曲「Never Been In Love」から4曲目「Tonight」までは、タイトで重いDennyのドラム、ハードなHowardのギター、強力なWilson姉妹のバックヴォーカルに加え、Nicky Hopkinsのピアノ、Tower Of Power Hornsも加わり、聴く者を圧倒します。
もちろん、主人公のRandyもこれらのバック陣に臆する事なく、力強いリードヴォーカルを聴かせてくれ、それまでのナイーヴな彼のイメージを完全に払しょくする内容です。

Randyといえば、一世一代の名曲「Take It To The Limit」ですが、このアルバムではその手のバラードももちろん収録しています。
「Strangers」は、あのElton Johnが、Eaglesへ贈った曲で、「Take It To The Limit」に劣らぬ名唱を聴かせてくれます。

内容的には前作に引き続き、かなり充実した内容だと個人的には思うのですが、ワイルドなRandyをファンは望んでいないのか、このアルバムのセールスは今一つ伸びませんでした。
今一度再評価してもらいたい一作です。

 
ランディ・マイズナー
ヴィヴィッド
【ディスク1】
  1. NEVER BEEN IN LOVE
  2. DARKNESS OF THE HEART
  3. JEALOUSY
  4. TONIGHT
  5. PLAYIN' IN THE DEEP END
  6. STRANGERS
  7. STILL RUNNIN'
  8. NOTHING IS SAID('TIL THE ARTIST IS DEAD)
  9. DOIN' IT FOR DELILAH

Macchi * 80年代ロック * 14:00 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

Falling In Love Again/David Gates(1980)

JUGEMテーマ:音楽

2014年第45週の帰宅BGMは、David Gatesのソロ4枚目『Falling In Love Again』を聴きました。

リリース年は既にAOR全盛期。
本作では、Hadley HockensmithやDavid MinerというフュージョンやAOR分野でのギタリストを起用し、「Can I Call You」や「20th Century Man」、「Starship Rise」など、クリアなギター・サウンドを強調した楽曲や、Jim Hornのサックスをフィーチャーした「Silky」など、時代を意識したサウンドが際立ちます。

しかし、そこはメロディー・メイカーGatesの作るアルバム。
どの曲もポップなメロディーは健在で、時代がどう動こうともGates節は揺るぎません。
何か吹っ切れたような「Where Does The Loving Go」や、Bread時代をほうふつさせる「Falling In Love Again」。どことなく和テイストも加わったバラード「She Was So Young」など、捨て曲のない良質なシティ・ポップスはさすがの一言に尽きます。

Bread時代の僚友Mike Botts、Larry Knechtelに加え、ペダルスティールにDan Dugmoreも参加した、なかなかの高音質盤でもあります。

(収録曲)
1.Can I Call You
2.Where Does The Loving Go
3.20th Century Man
4.She Was So Young
5.Silky
6.Falling In Love Again
7.Starship Ride
8.Chingo
9.Sweet Desire
10.The Rainbow Song

Macchi * 80年代ロック * 21:55 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

Alpha/Asia(1983)

JUGEMテーマ:音楽

John Wetton漬けになりそうな事に懸念しつつも、2014年第19週の通勤BGMは、Asiaのセカンドアルバム『Alpha』を聴きました。

Asiaは、元King Crimsonのベース兼ヴォーカルJohn Wettonと、元YesのギタリストSteve Howe、同じく元YesのキーボーディストGeoff Downes、それに元EL&PのドラマーCarl Palmerによって結成され、1982年にデヴューしたイギリスのバンドです。
各メンバーのいずれもが、1970年代にブレイクした大物プログレッシヴ・ロック・バンドの出身だけに、Asiaはスーパーバンドとして大きな話題になりました。
そのデヴューアルバムも、これまで彼等が培ってきたプログレッシヴ・ロックという音楽性を、4分前後の曲にコンパクトにまとめ、さらにポップさを加えた、より当時(80年代)の音楽事情にマッチしたものであった為、全米9週1位を記録するほどの大ヒットとなりました。

そんな前作のヒットを受けて発表されたのが今回聴いたセカンドアルバムですが、全収録曲を提供しているのがJohn WettonとGeoff Downesによるもので、Steve Howeも楽曲を提供したのですが、彼の曲は外されたという事です。
Wetton、Downesによる楽曲提供、Howe外しというのが、このセカンドアルバムの鍵で、前作よりもプログレッシヴ・ロック感が大きく後退し、よりポップ感が増しました。

初めてこのアルバムを聴いた時、前作とは打って変わって、個人的には思わずのけぞりたくなるほどポップ感が増した曲が、冒頭に2曲配置されているところに大きく驚きました。
1曲目「Don't Cry」は、躍動感のあるポップ・ソングですが、イントロのHoweのトーンの高いギターに違和感を感じます。これがHoweではなく、もっと普通のギタリストなら何の違和感も感じなかったでしょう。
2曲目「The Smile Has Left Your Eyes」は、とろけそうな甘いバラード。JourneyのSteve Perryならともかく、Wettonのヴォーカルはハイトーンの伸びるタイプの声質ではないので、こういう高く伸びていくバラード・ナンバーはかなりきつそうです。
3曲目「Never In A Million Years」、4曲目「My Own Time(I'll Do What I Want)」と、同タイプのポップ・ソングが続き、これら4曲をアルバム前半に置く事で、Wetton、Downesの進みたいポップな方向性がハッキリしていきます。

バンドのよりポップ化に戸惑いを覚えるスタートですが、5曲目辺りから前作の面影も蘇ってきます。
5曲目「The Heat Goes On」。Downesのキーボード・ソロを聴かせる場面もあり、プログレッシヴ感とポップ感の融合という前作のコンセプトに沿った曲です。
短い曲ですが、6曲目「Eye To Eye」も同様の曲で、5、6曲目がアルバム中のヤマ場でしょう。
7曲目のバラードナンバー「The Last To Know」、8曲目「True Colors」と前作を彷彿させる曲が続き、最後の曲「Open Your Eyes」も、6分半の中に、ドラマチックさとコンパクトさを兼ね備えたAsiaらしい曲で期待を裏切りません。
10曲目が終わり、アルバムを聴き終えれば、前半のポップさ全開の曲もあまり気になくなります。

とはいうものの、前作にはあった「なんとなくクセのある」感じが後退し、ストレートな感じが増したのも事実で、アルバムは意外にアッサリとしていて、難なく聴き終えてしまうところに少々物足りなさも感じます。
それはやはりHoweのギターの存在感が薄れてしまったところにあります。彼のクセのあるギターサウンドこそが、ある意味プログレッシヴ・ロックたらしめている面があったのも事実で、Howeが脱退し、よりストレートなアメリカン・ハード・ロック・タイプのギターを弾くスイス人ギタリストMandy Meyerを迎えたサードアルバムでは、Asiaが普通のハード・ポップ・バンドになってしまったのも仕方のない事でしょう。

この後バンドは、WettonとHoweの対立が表面化し、Wetton脱退、復帰、代わりにHowe脱退と、プログレッシヴ・ロック・バンド由来のお家騒動が続きます。
そして、この混乱の影響が原因なのかバンドは低迷。果ては活動停止状態に追い込まれ、再起を画策するもうまくいかず、Downesと元ELOのJohn PayneでAsiaを名乗り活動するという状態が長らく続きました(そして2008年に『Alpha』以来25年振りにオリジナルナンバーでのAsiaが再結成されました)。

Asia
Geffen Gold Line Sp.
【ディスク1】
  1. Don't Cry
  2. Smile Has Left Your Eyes
  3. Never in a Million Years
  4. My Own Time (I'll Do What I Want)
  5. Heat Goes On
  6. Eye to Eye
  7. Last to Know
  8. True Colors
  9. Midnight Sun
  10. Open Your Eyes

Macchi * 80年代ロック * 15:03 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

Chicago 18/Chicago(1986)

JUGEMテーマ:音楽

暖かくなったり寒くなったり、寒暖の差が激しい日が何日かありましたが、ここ数日ようやく気温も安定しだして、暖かくなってきましたね。
予報では、今年の桜は、東京は26日辺りだと、何日か前のテレビで言っていましたが、今日、自宅の近くの団地の桜を見ましたら、既に幾つかつぼみが開いているのを見かけました。
学生達も卒業や春休みに突入し、いよいよ春の到来ですが、個人的には、仕事がここから2、3ヶ月忙しくなるので、春はまだまだ遠いです…。
釣りも、今年も解禁日はGW辺りかな…。

2014年第10週の帰宅BGMは、Chicagoの18枚目のアルバム、その名も『Chicago 18』を聴きました。

Chicagoについては、これまで1970年代後半の低迷期を、David Fosterのプロデュースや、メンバーにBill Champlinを加える事で、奇跡の復活を果たすのですが、この奇跡の復活劇は、この2人によるところが大きいのは異論の余地はありません。
と同時にそれ以前からChicagoの中で、コマーシャル化、バラード化指向が強かったPeter Ceteraの存在があったからこそ、上記2人を迎える事で、80年代の奇跡の復活に繋がったといえるでしょう。
そのPeter Ceteraも、『Chicago 17』を最後に、1985年6月にソロ活動専念の為、バンドを脱退してしまいます(脱退理由は他にも色々あったみたいだけど)。
そのCeteraの後釜としてバンドに入って来たのが、Ceteraよりも18歳も若いJason Scheffです。
今回聴いたアルバムは、そのJason Scheffが参加して発表されたアルバムです。

Fosterのプロデュースにより、コマーシャル化したChicagoですが、Ceteraの後任としてJasonの加入は、まさにドンピシャの正解だったと言えるでしょう。
コマーシャル化、バラード化指向が強かった強かったとはいえ、Ceteraは力強いヴォーカルの持ち主でしたが、新加入のJasonは、まるでEaglesのTimothy B Schmitのようなナイーヴなハイトーン・ヴォイスで、バラードでその魅力を如何なく発揮しています。
アルバム冒頭の曲「Niagara Falls」は、そのJasonがリードヴォーカルを執る曲なのですが、早速その切なくて甘いヴォーカルを聴かせてくれます。全米91位になったこの曲は、Steve KipnerとあのBobby Caldwellが共作しているのですが、Caldwellが歌ったら、もっとダンディな感じになったかもしれません。
「Niagara Falls」もいいのですが、やはりSteve KipnerとRandy Goodrumが共作した3曲目「If She Would Have Been Faithful...」は、さらにツボにはまっていて、悶絶ものです(いい意味で書いてます)。甘くなおかつ切ないメロウなメロディ、(ほとんど効果音と化していますが…)ブラスの演奏は、もはや死語と化していますが80年代後半から90年代前半にかけて一時代を築いたトレンディ・ドラマの挿入歌のようです。
さらに追い打ちをかけるように、5曲目「Will You Still Love Me ?」は、御代FosterとTom Keaneが共作しています。この曲はまさにトレンディ・ドラマの主題歌。中高、大学時代を80年代、90年代にかけて過ごした僕には、たまらなく懐かしくいい時代を感じさせる曲であり名曲です(僕よりも10歳も若い人になると、バブルの時代を実感した事がなく、実感してみたいという人もいるのですよ)。
Jasonの魅力を引き出した「If She Would Have Been Faithful...」と「Will You Still Love Me ?」は、それぞれ全米17位と3位を記録しました。このアルバム中での名曲はまさにこの2曲で決まりでしょう。
Chicagoのライヴは、10年くらい前に1度だけ観た事がありますが、この2曲を演ってくれなくて、ガッカリした記憶があります。

一方、やっちまった感があるのが、4曲目、名曲「25 Or 6 To 4(邦題「長い夜」)」のリメイク。
オリジナルは緊張感のある早いテンポの曲で、ベトナム反戦運動や公民権運動など、大きく揺れた当時のアメリカ社会が背景にあったからこその名曲ですが、ハードなギターとのろいテンポのこのリメイク版は、正直ひどいなと思わずにいられません。
Ronald Reaganが強いアメリカを掲げて大統領に就任し、経済では新自由主義を展開し、経済規模が拡大した1980年代とマッチした曲ではありません。むしろAOR調の曲こそ、時代にマッチした名曲といえるでしょう。

他にもリーダーのRobert Lammも、Bill Champlinも、ポップでいい曲を作っていますが、「If She Would Have Been Faithful...」と「Will You Still Love Me ?」の強烈過ぎるインパクトに比べると、今回ばかりはChamplinも地味な感が否めないかなというのが正直な感想です。

アルバムは全米35位と、前々作、前作と比べると、少しづつランクダウン。
そろそろFosterマジックも落ちてきたかなという感じで、次作からはプロデューサーを変えるのですが、またまたChicagoが低迷していくのです。

Chicago
RHINO FLASHBACK
【ディスク1】
  1. Niagara Falls
  2. Forever
  3. If She Would Have Been Faithful...
  4. 25 or 6 to 4
  5. Will You Still Love Me?
  6. Over and Over
  7. It's Alright
  8. Nothin's Gonna Stop Us Now
  9. I Believe
  10. One More Day

Macchi * 80年代ロック * 21:12 * comments(2) * trackbacks(0) * pookmark

Winds Of Change/Jefferson Starship(1982)

JUGEMテーマ:音楽

年明け最初の週は、年末年始の休みで仕事が滞るのは毎年の事なのですが、その他に急な案件が出てきて、本当に慌ただしい1週間でした…。まだ、休み明け1週間しか経っていないのが信じられないくらいです。

さて、年明け最初の2014年第1週の通勤BGMです。
2014年第1週の通勤BGMは、Jefferson Starshipの『Winds Of Change』を聴きました。
AirplaneからStarshipへと再出発し、1970年代中盤から後半にかけて、大成功を収めた彼等が、80年代に入り、音楽シーンの変化の中で、方向性を模索していた頃のアルバムですね。
1978年には、ヴォーカルのGrace Slickがアルコールトラブルで一時的に脱退し、もう一人のヴォーカルMarty Balinも脱退し、代わりにMicky Thomasが参加し、Mickyの存在がJSの中で大きくなってきた頃です。
本作では、一時的に脱退していたGraceも、バンドに復帰しています。

実は、JA〜Starshipの一連のアルバムの中で、僕が一番最初に聴いたアルバムが、このアルバムです。

冒頭のアルバムタイトル曲「Winds Of Change」は、Craig ChaquicoのギターとMickyのヴォーカルが生きるハードロック調の曲ですが、Craigのギターのトーンが(エフェクトされているのか)丸みを帯びていて、演奏はハードですが、曲自体はそれほどへヴィには聴こえません(その他の曲も総じてCraigのギターのトーンは丸みを帯びています)。特徴的なMickyのハイトーンヴォーカルが、仰々しい大河的な独特の雰囲気を醸し出している曲です。

続く「Keep On Dreamin'」は、明るいポップ・ロック。後のStarshipを予感させる1曲です。
3曲目「Be My Lady」は、力の抜けたR&B調の曲。4曲目「I Will Stay」は、バラード調の曲。
「Keep On Dreamin'」、「Be My Lady」、「I Will Stay」と、この辺のコンテンポラリーな楽曲が、80年代ロックの潮流ですが、従来からのファンに許せないでしょうね(苦笑)。

5曲目「Out Of Control」は、Graceのヴォーカルが前面に出た、エレクトロニックポップを帯びた、ファンキーなハード・ロックンロール調の曲ですが、Graceのパワフルなヴォーカルと、GraceとMickyの掛け合いなど、この曲も独特の雰囲気を持っています。JA等の曲での彼等らしさって、曲調などに出るのはもちろんなのですが、Graceの歌い回しや、MartyやMickyのハイトーンヴォーカルによるところも非常に大きいと思います。
この「Out Of Control」を機に、「Can't Find Love」以降、コーラスワークなど、GraceとMickyのヴォーカルの存在感の比重も対等になっていき、従来のJAっぽさが出てきます。
今回聴いた盤は、紙ジャケの中古品で、残念ながらライナーノーツが入っていなく、どの曲が誰のペンによる曲なのか分からないのですが、「Black Widow」、「I Came Back From The Jaws Of The Dragon」は、明らかに80年代のコンテンポラリー・ロックとは異なる曲で、特に「I Came Back From The Jaws Of The Dragon」は、Paul Kantnerによる曲でしょうか、全員参加型の全盛期のJAを彷彿させる、コミューン思想を再現したような楽曲です。

JA時代からのファンには、80年代の産業ロック、ポップ・ロックの流れに流されたアルバムとして評価は低く、一般的には全米28位を獲得するなど、70年代中盤、後半の成功には及びませんが、依然として人気もあり、Starshipでの成功へと続く過程でのアルバムですね。
個人的には、最初聴いた時、80年代ポップ・ロックとしての魅力を持ちながらも、どこか独特な(今思えばそれがJAらしい)雰囲気を持ったアルバムだなと感じましたが、改めて今回このアルバムを聴いても、その感じは変わらないですね。

Jefferson Starship
RCA
【ディスク1】
  1. Winds Of Change
  2. Keep On Dreamin
  3. Be My Lady
  4. I Will Stay
  5. Out Of Control
  6. Can't Find Love
  7. Black Widow
  8. I Came Back From The Jaws Of The Dragon
  9. Quit Wasting Time

Macchi * 80年代ロック * 13:48 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

Undertow/Firefall(1980)

JUGEMテーマ:音楽

第31週の帰宅BGMは、Firefallの4枚目のアルバム『Undertow』を聴きました。

Firefallは、The Flying Burrito BrothersのRick Robertsや、The ByrdsのMichael Clarke、Jo Jo GunneのMark Andes等ウェストコーストロックのベテランミュージシャン達が結成したスーパーグループ。
ウェストコーストロックのベテランミュージシャンが集まった為、Eaglesなどの系列で語られますが、メンバーが、The Flying Burrito BrothersやThe Byrdsというカントリー・ロック・バンド出身者がいる一方で、Jo Jo GunneやZephyrというハード・ロック・バンド出身者からも構成されているせいか、カントリー・ロック臭は著しく低いです。
デヴュー当初からヒットを飛ばしていますが、その成功の秘訣は、デヴューが70年代後半という時代背景もあるのか、ポップさを上手く消化したところにあるでしょう。

Firefallのアルバムでは、デヴューアルバムの評価が断然高いのですが、個人的に初めて聴いた彼等のアルバムは、この『Undertow』。
このアルバムを初めて聴いた時には、今一つ彼等の良さが分かりませんでした。
その原因にRick Robertsの「どことなく」ハイトーンなヴォーカルと、David Museのフルートに、ピント来なかったというのもあるのですが、今回改めて聴いてみて、やはり「う〜ん…」という感じです。

収録されている楽曲は、全10曲。
そのうち、Rick Robertsが6曲。Larry Burnettが2曲。Mark AndesとRobertsの共作が1曲。Jock Bartleyが1曲を提供しています。

Robertsが担当した6曲は、ポップな「Long That Got Away」やハード・ポップ曲「Headed For A Fall」。カントリーバラード「Stardust」、爽やかなウェストコーストポップ曲「If You Only Knew」、ソウルフルなアルバムタイトル曲「Undertow」など、多彩な楽曲を提供しています。
様々な楽曲は、いずれの曲もメロディなど70点台はクリアしており、Robertsの貫録を魅せた、決してクオリティの低くない曲なのですが、どことなく無難な作りで、これぞという特段光るような魅力的な曲はありません。

個人的にRobertsの曲よりも気に入っているBurnettの曲は、「Only Time Will Tell」、「Business Is Business」と男臭い曲を提供していますが、いずれも小粒な曲で、アルバムの局所的な部分でのスパイスとしてしか機能していません。

バンドは、81年にMichael Clarkeが、82年にはRobertsとBurnettも脱退してしまい、83年には解散してしまいますが、このアルバム発表時は、バンドデヴュー5年目で、既に節目を迎えていたのでしょう。
以前デヴューアルバムを取り上げた際、「カントリーロック版Foreigner」と書きましたが、このアルバムは時代的に産業ロックと揶揄されたForeignerなどのバンドが大活躍した時期と重なり、そういったバンド達の影響も多分にあったのかもしれません。

Firefall
Rhino / Wea
【ディスク1】
  1. Love That Got Away
  2. Headed for a Fall
  3. Only Time Will Tell
  4. Laugh or Cry
  5. Stardust
  6. If You Only Knew
  7. Some Things Never Change
  8. Business Is Business
  9. Leave It Alone
  10. Undertow
  11. Just What You Need [CD Bonus]
  12. Crying in the Night [CD Bonus]
  13. Lips! [CD Bonus]

Macchi * 80年代ロック * 15:02 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

Home By Dawn/J.D. Souther(1984)

JUGEMテーマ:音楽

2013年第24週の通勤BGMは、J.D. Southerの4枚目のアルバム『Home By Dawn』を聴きました。
コロンビアに移籍し発表した前作『You're Only Lonely』は、アルバムタイトル曲が全米7位を記録するなど大ヒットしましたが、コロンビアでのアルバム発表はこの1枚限りで、今回聴いた4枚目のアルバムはワーナーから発表されました。

J.D. Southerという人は、Eaglesなど他人に提供する曲はヒットし、ソングライターといった裏方の才能は発揮するものの、自身が発表する作品はヒットから縁遠いのが特徴的で、彼をPocoのRichie FurayやByrdsのChris Hillman等と組ませたスーパーバンドThe Souther-Hillman-Furay Bandも思ったほどのヒットを放てず、2枚のアルバムを出して終わってしまいました。
そんな彼が発表した『You're Only Lonely』は、文字通り一世一代のヒット作と言えるでしょう。

彼の作品(のアレンジ)は変に作り込んだりせずに非常にシンプル、悪く言うとちょっと雑な感じを受けるのも、彼の特徴の一つです。
例えばEaglesが(今のところの)最新作『Long Road Out Of Eden』でカヴァーした「How Long」なども、Eaglesは交互にリードヴォーカルを変えたり、彼等の特徴の緻密なコーラスワークでカヴァーしていますが、J.D. Southerが自身のソロデヴューアルバムに収めたオリジナル曲は、非常にあっさりとした出来で、ちょっとぶっきらぼうにシャウトするところなど、Eaglesヴァージョンを聴いて、オリジナルヴァージョンを聴いた人には、オリジナルが古い収録とはいえ、その落差にビックリしてしまうかもしれません。

そんな彼の4枚目ですが、ゲスト陣はお馴染みの連中とはいえ豪華な面々が参加していますが、やはりその作風はいたってシンプルです。しかし、シンプルが特徴の彼とはいえ、このアルバムは何となく今一つ感が漂います。

冒頭を飾るアルバムタイトル曲「Home By Dawn」は、軽快なロックンロールですが、3分にも満たないこの曲は、取り立てて何か特徴的な曲でもなく、さらっと終わってしまいます。
Linda Ronstadtとデュエットした「Say You Will」も、やはり軽快なポップソングですが、これもやはりあっさりと終わってしまいます。

バラードを作る事には誰よりも長けている彼ですが、(この曲は、アルバム中で一番カチッとしたサウンドで気に入ってますが)「Go Ahead And Rain」といい、「I'll Take Care Of You」といい、何となく過去の曲の焼き直しのようにも聴こえます。

「ALL For You」や「Don't Know What I'm Gonna Do」(←この曲って、最近CMか何かで使われていたような気がするのですが、気のせいかな…)も彼らしい曲ですが、全身全霊をかけるような力の入れ方はせず、7割ぐらいの力の入れようという感じです。

Don HenleyやLinda Ronstadt、Timothy B.Schmit、Waddy Wachtel、Josh Leoなど豪華な面々がサポートしていますが、ドラムを全曲で自身で叩くなど、前作と比較すると、音のまとまり感が欠けている感じは否めません。
(実際このアルバムの発表は80年代真っ盛りなのですが)「Night」でいかにも80年代的なキラキラとした曲を作ったり、それまでのアルバムにあったフォーキーな感じが抜けていたりと、時代に無理に呼応しようとしている部分も感じます。

しかし改めて聴くと、この「何となく今一つ」感もまた、彼がデヴュー以来持ち合わせていた特徴で、最終的にはやはり「彼らしい」のかなと、妙に納得してしまうのです(苦笑)。

J.D. Southerは、この4枚目以降アルバム発表については沈黙してしまいます。そして、2008年に24年ぶりに『If The World Was You』をする事になります。

J.D. Souther
Wounded Bird Records
【ディスク1】
  1. Home By Dawn
  2. Go Ahead And Rain
  3. Say You Will
  4. Ill Take Care Of You
  5. All For You
  6. Night
  7. Dont Know What Im Gonna Do
  8. Bad News Travels Fast
  9. All I Want

Macchi * 80年代ロック * 22:39 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

Timothy B./Timothy B. Schmit(1987)

JUGEMテーマ:音楽

2013年第14週の帰宅BGMは、Timothy B. Schmitの2枚目のソロアルバム『Timothy B.』を聴きました。

この前、本屋で音楽雑誌を立ち読みしていたら、たまたまTimothy B. Schmitの記事を見つけ、なんと喉の癌であったとの事。幸い無事手術も終わり、今は何ともないようですが、そんな記事を読んだら、以前彼のセカンドアルバムの紙ジャケを値頃な価格で入手していたので、久し振りに聴いてみた次第です。

1984年のファーストソロアルバムは、映画『初体験リッジモンド・ハイ』の挿入歌に使われた「So Much In Love」をはじめとして、いかにも彼らしい西海岸ポップ・ロックなアルバムでしたが、今回聴いたセカンドは、スモーキーなジャケットから想像出来るように、ソウルフルでアダルトな都会的サウンドで満ち溢れています。

4曲目「Everybody Nedds A Lover」や、6曲目「Abetter Day Is Coming」のように、それまでの彼のイメージを裏切らない明るい曲調のポップスや多重録音による一人アカペラ曲もあるのですが、冒頭の曲「Boys Night Out」のように、しっとりしたソウル調の曲も半分近くを占めています。
でも意外にも彼のヴォーカルは、こういう曲にも似合っていて、単なるハイトーンヴォーカリストではなく、ソウルフルなヴォーカルであった事に改めて気付かされます。バックの女性ヴォーカルのソウルフルな歌声にも負けずに、対等に渡り合っています。
「Boys Night Out」と同じようにスモーキーな2曲目「Don't Give Me Up」や、ホーンをフィーチャーした(シンセ?)「Jazz Street」などもいい感じを醸し出しています。

3曲目「Hold Me In Your Heart」は、Eaglesの「I Can't Tell You Why」で魅せたナイーヴなイメージに、今回のアルバムから加わったソウルフルなイメージを掛け合わせたような楽曲でしょうか。
5曲目「Into The Night」も同様の曲ですね。

最後はダンサブルな曲調の「Down Here People Dance Forever」で終わりますが、こういうMichael Jacksonなどが歌いそうな曲もハマっています。

Bruce Gaitschが全面的に協力したこのアルバムは、Timothy B. Schmitの新しい、それまで目立たなかった魅力を上手く一気に引き上げましたね。

喉の癌と書いてあり、彼のトレードマークであるハイトーンヴォイスが聴けなくなってしまう可能性もあったかもしれないので、何はともあれ、手術も無事終わって、順調に回復しているようで、よかったですね。

ティモシー・B.シュミット
ユニバーサル インターナショナル
【ディスク1】
  1. ボーイズ・ナイト・アウト
  2. ドント・ギヴ・アップ
  3. ホールド・ミー・イン・ユア・ハート
  4. エヴリバディ・ニーズ・ア・ラヴァー
  5. イントゥ・ザ・ナイト
  6. ベター・デイ・イズ・カミング
  7. ジャズ・ストリート
  8. アイ・ゲス・ウィル・ゴー・オン・リヴィング
  9. ダウン・ヒア・ピープル・ダンス・フォーエヴァー

Macchi * 80年代ロック * 22:09 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ