Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
2007年12月1日より
ブログパーツUL5
注目ブログ
... and i still remember
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
Surf's Up/The Beach Boys(1971)
2018.04.01 Sunday 13:01

JUGEMテーマ:音楽

 

Warner/Reprise移籍第2弾アルバム。

 

往時(60年代)の勢いはなく、退潮感さえ感じさせるアルバムの雰囲気ではありますが、成熟感というか、はかなくも美しい衰えの美学を映し出した素晴らしい内容のアルバムですね。

 

デヴュー時は、サーフィンや車など明るく平和で理想的な、悪く言えば能天気なアメリカの社会像をその歌に描いていたThe Beach Boys。

本作では、コーラスワークの美しさなどそれまでのバンド・イメージを維持しながらも、「Don't Go Near The Water」で環境問題を歌い、「Riot in Cell Block #9」をリメイクした「Student Demonstration Time」では学生運動、社会運動を描くなど、アルバム内容は当時の世相、時代背景に合わせており、これまでのバンド・イメージとはガラリと変えています。
これには、新たにバンド・マネージャーとして起用されたJack Rieleyの意向が大きく反映されたようですが、ベトナム反戦運動やヒッピー・カルチャーなど、彼等を取り巻く社会や音楽の環境が大きく変動していた事に、バンドも変わらざる得なかったのでしょう。

 

レコードを入れる内袋も干からびた大地の写真を使い、ジャケットも暗く重苦しいデザインなのですが、その歌詞内容とは裏腹に「'Til I Die」や、お蔵入りとなった『SMiLE』に収録予定だった「Surf's Up」も、メロウで美しいソフト・ロックとなっています。

 

本アルバムの中で、ひときわはかなくも美しい輝きを放っているのが、Bruce  Johnston作の「Disney Girls (1957)」で、もう帰ってこないあの当時を想う、胸が締め付けられるような名曲です。

 

 

ザ・ビーチ・ボーイズ,ビーチ・ボーイズ
ユニバーサル ミュージック
【ディスク1】
  1. ドント・ゴー・ニア・ザ・ウォーター
  2. ロング・プロミスト・ロード
  3. テイク・ア・ロード・オフ・ユア・フィート
  4. ディズニー・ガールズ
  5. スチューデント・デモンストレーション・タイム
  6. フィール・フロウズ
  7. ルッキン・アット・トゥモロー (ア・ウェルフェア・ソング)
  8. ア・デイ・イン・ザ・ライフ・オブ・ア・トゥリー
  9. ティル・アイ・ダイ
  10. サーフズ・アップ

| Macchi | 70年代西海岸ロック | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
History of the Eagles(2013)
2018.01.04 Thursday 13:01

JUGEMテーマ:映画

 

2018年になりました。

本年もよろしくお願いします。

 

数年前に買っておきながら、ずっと観ずにいましたが、ようやく今回の正月に観ました。

Eaglesの結成〜解散。そして再結成〜現在(製作時はまだGlennは存命)までを、関係者のインタビューを交えながら追ったドキュメンタリー映画です。

結成〜解散までをPart1。再結成〜現在までをPart2と、2部構成のDVDです。

 

デラックス版のおまけに1977年3月21日のキャピトル・センターで行われたライヴ映像(8曲収録)を収録したDVDが付いています。
このおまけDVDのライヴ映像での、「Hotel California」は、何度となくテレビでも放送されているので、お馴染みの映像ですね。音質や画質はさすがリマスターしているだけあって、今まで観ていたものとは格段に違いますが。

個人的には、Randyの歌う「Take It To The Rimit」が観れたのが良かったですね。

 

さて、本編のドキュメンタリーですが、すでにEaglesについては、再結成時に同じようなドキュメンタリー本も読んでいますので、さすがに2時間で結成から解散までを描くのは、ちと無理があるというか内容が薄いかなと思いました。

再結成から現在に至るPart2についても、解散後のそれぞれのメンバーの境遇の描き方とかもイマイチだったですね。

 

ドキュメンタリーという事で、一応それぞれのメンバーにインタビューしているのですが、やはり一番多いのはGlennとHenleyに対するインタヴュー。バンドの中心人物であるだけに仕方ないのですが、この映画自体バンド公認だと思うので、バンドの内紛について果たして公平性を保てているのかはよく分かりませんね。BernieとRandyの脱退については、所詮遥か昔の事なので、内容が薄か

ったですね。

 

やはり一番新しい内紛だけに注目の集まるのがFelderの解雇だと思うのですが、GlennのFelderに対する評価は、観る前から何となく分かっていましたが、Felder解雇、訴訟の後だという事もあるけど、HenleyのFelderに対するコメントが個人的に嫌でしたね。Felderの事を「Felder氏」と呼んだりねぇ。

オリジナルメンバーで、中心人物だし、解散後成功したのもこの2人だから、GlennとHenleyの報酬が他の3人より高くなるのは仕方ないし、メンバー全員が平等というFelderの考えはかなり甘いけど、GlennとHenleyのFelderに対するアーティストとしての評価はやはり著しく低いよね。

個人的には、こいつは腹黒いと今まで思っていたIrving Azoffの方が、むしろFelderの事をちゃんとギタリストとして評価していたかなと思いました。

 

特にこれいって真新しいものはなかったけど、個人的に驚いたのは、アーティストの代弁者と思われていたDavid Geffenが、結構Eagles、特にHenleyには不評だった事ですね。

権利とお金の問題は紙一重だけど、Henleyがこれまたカネの問題に結構エゲつない面も見れたのもこのドキュメンタリーの収穫だったかな…。

 

 

| Macchi | 70年代西海岸ロック | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Crazy Eyes/Poco(1973)
2017.12.23 Saturday 18:42

JUGEMテーマ:音楽

 

今年も残り少なくなってきました。

年末も押し迫って、仕事では「このクソ忙しい年末に何やってるんだ!」と一喝したくなる事もあり、例年に漏れずバタバタした歳末の日々を送っていますが、個人的には粛々と自分の仕事を進めたい気分です。

 

そんな今週の通勤BGMですが、今年は、個人的に色々な事があり、それらの事をしみじみ思うと、久し振りにこのアルバムを聴きたくなりました。

 

Pocoが1973年に発表した6枚目のアルバム『Crazy Eyes』です。

 

本作を最後に、バンドの中心メンバーであるRichie Furayがバンドを脱退してしまうのですが、ぼやっとメンバーが写ったそのアルバム・ジャケットに加え、収録された曲も、Gram Parsonsの「Brass Buttons」や、JJ Caleの「Magnolia」のカヴァーが、どこか寂しげな雰囲気をアルバムに与えており、印象的なものがあります。

また、アルバム・タイトル曲でもある「Crazy Eyes」は、ストリングスもフィーチャーした、9分超にも及ぶカントリー組曲で異色の楽曲ですが、本作を最後にバンドを脱退するRichieの曲だと知れば、何か感慨深いものがあります。

 

上記3曲が、アルバム中で特に印象深い曲ですが、Rusty Youngの「Fools Gold」や、Timothy B. Schmitの「Here We Go Again」は、それまでの彼等らしい良質のカントリー・ロックを届けてくれています。

最後の「Let's Dance Tonight」はRichieの曲ですが、この曲は明るい曲で、ホッとさせられるものがあり、現在でもRichieがライヴで歌い続けている一曲です。

 

アルバム収録には、バンド脱退後にRichieが参加したThe Souther Hillman Furay Bandで一緒に活動する事になるChris HillmanやPaul Harris、Joe Lalaが参加しており、面白いところでは、The Jeff Beck GroupやJourney、Jefferson Starship、Whitesnakeなど、様々なバンドを渡り歩くイギリス人ドラマーAynsley Dunbarが参加しています。

 

(収録曲)

1. Blue Water
2. Fools Gold
3. Here We Go Again
4. Brass Buttons
5. A Right Along
6. Crazy Eyes
7. Magnolia
8. Let's Dance Tonight

 

 

| Macchi | 70年代西海岸ロック | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
Turnin' Back The Pages/Stephen Stills(2003)
2017.12.02 Saturday 11:16

JUGEMテーマ:音楽

 

Stephen Stillsがコロムビア・レコード時代に発表した3枚のソロ・アルバム『Stills』、『Illegal Stills』、『Thoroughfare Gap』から選曲し、Al Kooperと共演した『Super Session』からの2曲をボーナス・トラックに加えたベスト・アルバム。

 

ベスト・アルバムなので、特にコメントしません。備忘録という事で。

Stephen Stills
Raven [Australia]
【ディスク1】
  1. As I Come Of Age
  2. In The Way
  3. New Mama
  4. Cold Cold World
  5. Love Story
  6. Turn Back The Pages
  7. First Things First
  8. Stateline Blues
  9. The Loner
  10. Buyin' Time
  11. Soldier
  12. Closer To You
  13. Ring Of Love
  14. Circlin'
  15. Midnight Rider
  16. Not Fade Away
  17. Can't Get No Booty
  18. What's The Game?
  19. Thoroughfare Gap
  20. Beaucoup Yumbo
  21. You Don't Love Me
  22. It Takes A Lot To Laugh, It Takes A Train To Cry

| Macchi | 70年代西海岸ロック | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Thunder Island/Jay Ferguson(1977)
2017.11.11 Saturday 11:49

JUGEMテーマ:音楽

 

元Spirit、Jo Jo Gunneのヴォーカル、Jay Fergusonのソロ2作目。

 

冒頭のアルバム・タイトル曲からこれぞカリフォルニア産!と言いたくなる明るいポップセンスに溢れたナンバー。
この曲は全米9位を記録し、アルバムも72位を記録するなど、Jayが最もノリに乗っていた頃だけあって、タイトル曲に続く他の曲も捨て曲がなく、ご機嫌で悩みなど吹っ飛ばしてくれそうな雰囲気に溢れている。
どの曲もいいが、個人的なお薦め曲は「Soulin'」や「Happy Too」。

 

元々、SpiritやJo Jo Gunneでも陽気でご機嫌な曲を提供していたJayだけれども、本アルバムの陽気さは、元々生まれも育ちもカリフォルニアという生い立ちに加え、フロリダで録音しているというのも関係しているのかなとも思う。

 

アルバムは、EaglesやJoe Walshの作品に関わってきたBil Szymczykが、ファースト・アルバムに引き続きプロデュース担当。

 

収録に参加したアーティストもこれまたファーストに引き続き、Joe Walshが参加している。Joe Walsh自身、Eagles、そしてソロと、こちらも絶好調の時期であっただけに、本作で聴かせるスライドギターは絶妙な味を出している。
「Happy Birthday Baby」などは、Joeが歌っていてもおかしくないようなナンバーで、JayとJoeのポップ・センスもガッチリ合っていたからこそ、ファースト、セカンドとJoeの連続での参加になったんじゃないかなという気がします。

 

ウェスト・コースト・ロック黄金期の1枚ですね。

Jay Ferguson
Collector's Choice
【ディスク1】
  1. Thunder Island
  2. Soulin'
  3. Happy Birthday, Baby
  4. Losing Control
  5. Cozumel
  6. Night Shift
  7. Babylon
  8. Love Is Cold
  9. Happy Too!
  10. Magic Moment

| Macchi | 70年代西海岸ロック | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Byrdmaniax/The Byrds(1971)
2017.09.23 Saturday 15:22

JUGEMテーマ:音楽

 

The Byrdsの通算10作目のアルバム。

一般的には、プロデューサーのTerry Melcherによるオーヴァー・プロデュースが問題視されている、バンド史上でも失敗作の一つとして挙げられている作品です。

このアルバムに触れている記事もあまり多くないですね。

 

今回初めて聴きましたが、オーヴァー・プロデュースというのもあるけれども、と同時に確かに何だかあまりバンド感が感じられない印象があります。いい音なのだろうけど、何というかそれぞれの音が不自然に分離感が強いのもそう感じさせる要因ですかね。

 

色々賛否両論ある作品ですが、興味深い作品でもあります。

Gram Parsons作のインスト曲「Green Apple Quick Step」のようにいかにもカントリー然とした曲もありますが、1971年ともなるとやはり時代の趨勢なのかサイケ感も薄れてきて、「Glory, Glory」のようなゴスペル調の曲や、R&B調の「Tunnel Of Love」、ジャグ・バンド調の「Citizen Kane」など、アメリカ南部音楽への接近を感じられますね。

「My Destiny」も、ペダル・スティールがカントリー感を出しているものの、ピアノの弾き語りの、黒人ミュージシャンが歌うような宗教音楽のような感じを醸し出しています。

 

それにしてもオーヴァー・プロデュースに憤慨するのも分かりますね。

個人的には、Roger McGuinn作の「I Trust」なんかは、女性バックコーラスはいらんかなぁという気がします(逆に「My Destiny」には、女性バックコーラスを入れればいいのに…)。

「I Wanna Grow Up To Be A Politician」も、後半はホーンセクションが入ってソフトロック調になっているのも、やはりオーヴァープロデュースの影響なのでしょうかね。

 

最後の「Jamaica Say You Will」は、当時新進気鋭のSSWだったJackson Browneの曲で、いかにも彼らしい歌い回しの曲です。

 

 

| Macchi | 70年代西海岸ロック | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Abraxas/Santana(1970)
2017.07.29 Saturday 10:59

JUGEMテーマ:音楽

 

この1週間は、とかく政治の世界で色々な事がありました。

その中でまず「腹心の友」に関連した問題を巡るやり取り。その麗しき友情を見ていて、自分にはそのような友人がいないなぁと思いましたが、自分の周囲を見渡していたら、彼等はもしや「腹心の友」では!?と思われる人達がいました。

しかし、いくら「腹心の友」でも、ひっきりなしに連れ立っていく一服(ひっきりなしじゃ一服じゃないね(笑))や、昼飯の注文まで一緒に決めるベッタリ感を見ていて、やっぱり私は「腹心の友」はいらんわと思いました。。。。。

 

梅雨も明け、いよいよ夏も本番になってきましたが、このバンドのこのアルバムも暑苦しい位「夏!!」という感じなのかな?

Santanaの2枚目『Abraxas』を聴きました。

 

アルバムは全米1位。Fleetwood Macのカヴァー「Black Magic Woman」は全米4位となる彼等の代表作。

一般的にラテン音楽の要素を取り入れたラテン・ロックと評され、随所に現れるそのリズム感覚(ノリ)や「El Nicoya」のような曲は確かにラテン・ロックなのですが、ドレスアップはそんな感じだけど、基本はブルーズをベースにしたフュージョンですね(プログレまで言ったら言い過ぎか)。歌モノ中心ではなく、アルバムや曲の組み立て方も、演奏中心だし。

「Incident At Neshabur」や「Se A Cabo」なんかは、そのフュージョン志向とラテン志向が、アルバム中でも最高潮に達した曲。

この狂おしいまでのインプロ感とノリに、その尋常じゃないところがサイケの時代にウケたのも何か分かる気がする。猛暑の季節に聴くと、ちょっと暑苦しいけどね。

 

のちに、Neal SchonとGregg Rolieが、Santanaを抜けてJourneyを結成し、当初はプログレ・ハード的な音楽を志向していたのも、このSantanaを聴けば納得というもの。

 

 

 

 

サンタナ
SMJ
【ディスク1】
  1. 風は歌い、野獣は叫ぶ
  2. ブラック・マジック・ウーマン~ジプシー・クイーン
  3. 僕のリズムを聞いとくれ
  4. ネシャブールのできごと
  5. 全ては終りぬ
  6. マザーズ・ドーター
  7. 君に捧げるサンバ
  8. ホープ・ユー・アー・フィーリング・ベター
  9. エル・ニコヤ
  10. 全ては終りぬ (ライヴ) ≪ボーナス・トラック≫
  11. 祭典 (ライヴ) ≪ボーナス・トラック≫
  12. ブラック・マジック・ウーマン~ジプシー・クイーン (ライヴ) ≪ボーナス・トラック≫

| Macchi | 70年代西海岸ロック | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Native Sons/Loggins and Messina(1976)
2017.05.28 Sunday 14:05

JUGEMテーマ:音楽

 

段々蒸し暑くなってきましたね。

梅の実も大きくなってきて、あと少ししたら梅雨入りですね。

 

Loggins and Messinaの6枚目のアルバムで、最後のスタジオ録音アルバム。

「Pretty Princess」や、「It's Alright」から「Boogie Man」への流れのように、長尺のドラマチックな楽曲を志向するJim Messinaに対し、一方のKenny Logginsは、「My Lady, My Love」や「Wasting Our Time」のように、コンパクトでいい意味でキャッチーな楽曲が目立つアルバムです(これらの曲を聴けば、1980年代に入ってのKennyの活躍振りにも納得です)。

 

アルバムは、コンセプトアルバム調の構成で、フルートやクラリネットなどの管楽器がソフトなタッチを印象付けながらも、聴き応えのある作品に仕上がっています。

 

この作品後、ツアーに出た彼等はコンビを解消しています。

コンビを続けていく過程で、色々な事があったかもしれませんが、有終の美を飾ったとも思えなくもないいいアルバムです。

 

 

 

ロギンス&メッシーナ
Sony Music Direct
【ディスク1】
  1. スウィート・マリー
  2. プリティ・プリンセス
  3. マイ・レディ・マイ・ラヴ
  4. ウェン・アイ・ウォズ・ア・チャイルド
  5. ウェイスティング・アワー・タイム
  6. ピースメイカー
  7. イッツ・オールライト
  8. ブギー・マン
  9. フォックス・ファイアー
  10. ネイティヴ・サン

| Macchi | 70年代西海岸ロック | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
In Concert/America(1995)
2017.01.15 Sunday 15:30

JUGEMテーマ:音楽

 

昨年末から懸案だった携帯電話の機種変更をようやくしました。

以前記事に書いたように、ガラホへの変更です。

全ての機能を理解しているのではないので、まだ何とも言えないのですが、これまで3Gの携帯で見れたメールやサイトが、4Gに変えた事で見れなかったり、同じものが見れても今までと感じが変わってしまったり、進化している割には今のところ便利なのかよく分からないですね。

アプリについては特に興味ないので(ガラホでは使えるものも限られますし)、ネットの使い方については、要修行ですね。

 

2017年第2週の帰宅BGMですが、Americaのライヴアルバム『In Concert』を聴きました。

昨年6月5日の記事で、King Biscuit Flower HourおけるRick Derringer & Friendsのライヴアルバムを取り上げましたが、今回聴いたライヴアルバムも、King Biscuit Flower Hourおけるライヴ音源で、1982年9月4日、オハイオ州のブロッサム・ミュージック・センターで行われたAmericaのライヴを放送したものです。

 

当時のAmericaは、アルバム『View From The Ground』を発表した頃で、このライヴでの演奏も、「You Can Do Magic」他4曲が同アルバムから選曲されており、その他「Ventura Highway」や「Sister Golden Hair」、そして「A Horse With No Name」などヒット曲が演奏されています。

 

ライヴの模様については、特にこれといって特筆する事はないのですが、変に客に媚びたり、凝った仕掛けをする事もなく、シンプルな歌と演奏でサラッと次々と繰り出していくところは、僕も彼等のコンサートを20年近く前に観ましたが、清いの一言に尽きます。

メンバーはDewey BunnellとGerry Beckleyの二人ですが、そのコーラスワークも絶妙で、アルバムも「You Can Do Magic」からはグイグイと引っ張られるように盛り上がってきますよ。

 

 

アメリカ
ソニー・ミュージックレコーズ
【ディスク1】
  1. 魔法のロボット
  2. オールド・マン・トゥック
  3. ひなぎくのジェーン
  4. ラヴ・オン・ザ・ヴァイン
  5. ヴェンチュラ・ハイウェイ
  6. アイ・ニード・ユー
  7. インスペクター・ミルズ
  8. 夢のカリフォルニア
  9. ネヴァー・ビー・ロンリー
  10. ユー・キャン・ドゥ・マジック
  11. サンドマン
  12. ここに
  13. 金色の髪の少女
  14. 名前のない馬

| Macchi | 70年代西海岸ロック | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Certified Live/Dave Mason(1976)
2016.10.22 Saturday 22:22

JUGEMテーマ:音楽

 

先週の土曜日、伊豆に行ったのですが、朝6時の電車に乗ったら、暖房がついていたんですよね。

その時は、まだ暖房は早いでしょと思いましたが、今週は夏を思わせる暑さになったり、一転して涼しくなったり、調子狂いますね。

 

2016年第42週の通勤BGMは、Dave Masontの『Certified Live』を聴きました。

 

生粋のブリティッシュ・ロッカーでありながら、アメリカン・ロックを象徴するウェスト・コースト・ロックにカテゴライズされるミュージシャンって、何人かいますが、今回聴いたDave Masonもそんな一人ですね。

 

Delaney & Bonnie & Friendsへの参加を契機に、アメリカ西海岸に音楽活動の拠点を移したMasonは、1973年にコロンビア・レコードに移籍して、ソロ活動の全盛期を迎えるのですが、1976年にLAのユニヴァーサル・アンフィシアター行ったライヴを収録したのが今回聴いたアルバムです。

 

最も脂が乗っていた頃のライヴ盤というだけあって、聴き応えのあるアルバムです。
僕は、正直言ってTrafficも、Masonのソロ作も全く聴いた事がなく、本作もEaglesの「Take It To The Limit」をカヴァーしているという事だけで購入したのですが、Trafficだ何だなんて知らなくても十分楽しめる作品ですよ。

 

Traffic時代の「Feelin' Alright」、「Pearly Queen」から始まり、Bob Dylanの「All Along The Watchtower」へと展開していく部分は、サイドのギタリストのJim Kruegerと掛け合ったり、バック・バンドとガッチリ一体化した円熟の演奏で、徐々に加速度を上げていく感じでさすがという感じ。

 

イギリス人でギタリスト。アメリカ南部音楽に影響を受けたという事で、Eric Claptonに被るところが多く、雰囲気も似ているのですが、Eaglesの「Take It To The Limit」をカヴァーしているところから、Claptonとの違いを感じますね。

「Take It To The Limit」は、アコースティック・ギターを基調に、こちらはどちらかというとゴスペル調ですが、本家Eaglesも顔負けのコーラス・ハーモニーを聴かせてくれ、これはさすがのClaptonも出来ないだろうという感じ。

「Every Woman」でのハーモニーも素晴らしいですね。

 

ポップな曲から、ソウル調の曲。ブルージーなナンバーまで、飽きさせる事なく実に充実しており、Masonのヴォーカルも、ドスの効いた渋い声で、でも上手いし、他のソロ作品も聴いてみたくなりました。

 

 

デイヴ・メイスン
ソニー・ミュージックレコーズ
【ディスク1】
  1. フィーリン・オールライト
  2. パーリー・クイーン
  3. 愛を与えて
  4. 見張塔からずっと
  5. テイク・イット・トゥ・ザ・リミット
  6. 理由なき別離
  7. サッド・アンド・ディープ・アズ・ユー
  8. エヴリ・ウーマン
  9. ワールド・イン・チェンジズ
  10. ゴーイン・ダウン・スロウ
  11. ルック・アット・ユー,ルック・アット・ミー
  12. オンリー・ユー・ノウ・アンド・アイ・ノウ
  13. 悲しき叫び
  14. ギミ・サム・ラヴィン

| Macchi | 70年代西海岸ロック | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
←back 1/9 pages next→