Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
2007年12月1日より
ブログパーツUL5
注目ブログ
... and i still remember
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
Hard Attack/Dust(1972)
2017.12.09 Saturday 18:42

JUGEMテーマ:音楽

 

2009年6月28日の記事で紹介したDustのセカンド・アルバム。

 

Arnold Schwarzeneggerが主演した映画『コナン・ザ・グレート』の原作である『英雄コナン』のイラストなどを手掛けたFrank Frazettaによるアルバムジャケットを見ていると、1980年代以降のヨーロッパ大陸系のメタル・バンドのアルバムかと勘違いしてしまいそうですが、アメリカのハード・ロック・バンドのアルバムです(ちなみにFrazettaは、サザン・ロック・バンドMolly Hatchet

のアルバムジャケットも手掛けている)。

 

前作がどんなアルバムだったのか、ほとんど覚えていないのだけれども、ハード・ロックとはいうものの、ヴォーカルは結構軽めだったような気がする。

ただ、前作の記事を読み返すと、ヴォーカルは弱いものの、疾走するような速く攻撃的な曲が中心だったようだ。

 

そんな前作から比べると本作は、ストリングスをフィーチャーしたメロウなバラード「Thusly Spoken」や、スティール・ギターをフィーチャーしたカントリー調の「I Been Thinkin」や、こちらもカントリー調だがスライドギターをフィーチャーした「How Many Horses」など、「柔」の穏やかな一面を見せるところが特色。
ヴォーカルが弱いと書いたけど、その分「Thusly Spoken」なんかは、ソフト・ロックっぽくもあり、意外と様になっている。
メロディが上手いよね。

 

とはいうものの、冒頭の「Pull Away / So Many Times」を聴けば、前作同様に疾走するような攻撃的な曲は、いまだ健在という事が分かる。

また、「Thusly Spoken」や「I Been Thinkin」のような穏やかな曲の後は、一転して「Learning to Die」や「Ivory」のようにへヴィな曲を持ってくるのも心憎い限り。

「Suicide」もアルバム最重量級のへヴィさで、これまた魅力的。

 

 

Dust
Repertoire
【ディスク1】
  1. Pull Away/So Many Times
  2. Walk In The Soft Rain
  3. Thusly Spoken
  4. Learning To Die
  5. All In All
  6. I Been Thinkin'
  7. Ivory
  8. How Many Horses
  9. Suicide
  10. Entranco

| Macchi | 70年代アメリカンハードロック | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Blind Faith/Blind Faith(1969)
2017.12.02 Saturday 12:30

JUGEMテーマ:音楽

 

CreamのEric ClaptonとGinger Baker、TrafficのSteve Winwood、それにFamilyのRic Grechからなるブリティッシュ・ロック・バンドBlind Faithの唯一のアルバム。

たった1枚のアルバムを発表したのみで、短命に終わったが、それぞれのメンバーが、有名バンド出身だった為、スーパーバンドとして騒がれ人気を博し、唯一のアルバムだった本作も英米ともにチャート1位を記録しました。

 

ブックオフで入手し初めて聴きましたが、そんなに大騒ぎするような内容かなと…。

Winwoodのヴォーカルは、The Spencer Davis Groupでの惚れ惚れするようなソウルフルな声を気に入っていたし、Claptonのギターもアグレッシブなプレイは好きだけど、このアルバムはどうもなぁ…。

 

冒頭「Had To Cry Today」の曲展開が、まず個人的にイマイチ。やたら曲が長い割には、起承転結が成っていないというか、強引的で引っ掛かる。

続くアコースティックな「Can't Find My Way Home」は、ケルト調でいいけど、前曲とは対照的に小粒過ぎて消化不良。

 

この曲もそんなに取り立てて良くないけど、3曲目の「We All Right」からようやく乗ってきて、特に後半のWinwoodのピアノのプレイが素敵かな。

4曲目の「Presence Of The Lord」は、Winwoodのソウルフルなヴォーカルが映えるバラード。この曲が一番アルバム中で完成度が高いかな。無難な曲で、後にClaptonが自分のライヴでこの曲を取り上げるのも納得。

 

良かったのはここまでで、この後の「Sea Of Joy」はまだいいけど、「Do What You Like」は、緊張感もなくダラダラと締まりのない長い曲で、やっぱりイマイチ。

 

もともとバンド結成までの経緯も、皆が気持ち一つになってワッと湧いて出来たわけでもないし、アルバム収録も順調に進んだわけではなかったわけで、そんな事も踏まえて、そんなにいいアルバムかな…と、個人的に思うわけです。

 

それにしても、宇宙船はともかくこのジャケットは波紋を呼ぶわな…。

 

 

Blind Faith
Polydor / Umgd
【ディスク1】
  1. Had To Cry Today
  2. Can't Find My Way Home
  3. Well All Right
  4. Presence Of The Lord
  5. Sea Of Joy
  6. Do What You Like
  7. Sleeping In The Ground (Previously Unreleased Mix)
  8. Can't Find My Way Home (Electric Version) (Previously Unreleased Mix)
  9. Acoustic Jam (Previously Unreleased)
  10. Time Winds (Previously Unreleased)
  11. Sleeping In The Ground (Slow Blues Version) (Previously Unreleased)
【ディスク2】
  1. Jam No.1: Very Long & Good Jam (Previously Unreleased)
  2. Jam No.2: Slow Jam #1 (Previously Unreleased)
  3. Jam No.3: Change Of Address Jam (Previously Unreleased)
  4. Jam No.4: Slow Jam #2 (Previously Unreleased)

| Macchi | 60年代ブリティッシュロック | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Turnin' Back The Pages/Stephen Stills(2003)
2017.12.02 Saturday 11:16

JUGEMテーマ:音楽

 

Stephen Stillsがコロムビア・レコード時代に発表した3枚のソロ・アルバム『Stills』、『Illegal Stills』、『Thoroughfare Gap』から選曲し、Al Kooperと共演した『Super Session』からの2曲をボーナス・トラックに加えたベスト・アルバム。

 

ベスト・アルバムなので、特にコメントしません。備忘録という事で。

Stephen Stills
Raven [Australia]
【ディスク1】
  1. As I Come Of Age
  2. In The Way
  3. New Mama
  4. Cold Cold World
  5. Love Story
  6. Turn Back The Pages
  7. First Things First
  8. Stateline Blues
  9. The Loner
  10. Buyin' Time
  11. Soldier
  12. Closer To You
  13. Ring Of Love
  14. Circlin'
  15. Midnight Rider
  16. Not Fade Away
  17. Can't Get No Booty
  18. What's The Game?
  19. Thoroughfare Gap
  20. Beaucoup Yumbo
  21. You Don't Love Me
  22. It Takes A Lot To Laugh, It Takes A Train To Cry

| Macchi | 70年代西海岸ロック | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Gun Sight/Gun(1969)
2017.11.23 Thursday 11:56

JUGEMテーマ:音楽

 

PaulとAdrianのGurvitz兄弟によるGunのセカンド・アルバム。最終作でもあります。

ファースト・アルバムは、2008年7月21日に取り上げています。

 

冒頭曲「Head In The Clouds」から、前作同様Adrianのドライヴするギターが疾走しております。良いですね。

 

しかしこのアルバムの特色は次の曲「Drown Yourself In The River」からで、ドブロによるアコースティックギターやスライドギターを使う同曲は、カントリー・ロック、スワンプ・ロックを思わせます。

「Hobo」もスライドギターを使用してサザンロック調。

 

ストリングスを使う抒情的なイメージのメロウなバラード「Angeline」も、前作から引き継ぐ作風ですが、どこかラテンの哀愁が漂い、マカロニ・ウェスタンを想起させます。このバンド、とにかくバラードが格好良過ぎ。

「Lady Link Part One」から「Lady Link Part Two」への流れは組曲的で、「Lady Link」なんかは、もろマカロニ・ウェスタン調。間の「Oh Lady You」も、やはりラテンの大らかさを感じさせる曲です。

 

アメリカン・ルーツ・ロックへのアプローチを感じさせる内容で、アルバムの曲構成の巧みさも上手いし、この兄弟、特にAdrianの器用さに感心させられる作品なのですが、2枚で終わってしまったのは、その先進性故かな。

 

 

Gun
Spm
【ディスク1】
  1. Head In The Clouds
  2. Drown Yourself InThe River
  3. Angeline
  4. Dreams And Screams
  5. Situation Vacant
  6. Hobo
  7. Lady Link, Part 1
  8. Oh Lady You
  9. Lady Link, Part 2
  10. Long Hair Wild Man

| Macchi | 60年代ブリティッシュハードロック | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Steeler/Steeler(1983)
2017.11.11 Saturday 12:39

JUGEMテーマ:音楽

 

後にリーダー・バンドKeelで成功を収めるRon Keel、Alcatrazz、同じく後にソロで成功を収めるYngwie Malmsteen、Mark Edwards(後にLionに参加)がメンバーだった、ロサンゼルスのメタルバンドが発表した唯一のアルバム。

 

Yngwieとってはデヴュー作なのだが、彼にとってはかなりの不本意なバンドで、このアルバムも農家の納屋で録音したとか嘘か本当か分らないけど、さっさとバンドを脱退しています。Ron Keelとも折り合いが悪かったよう。

 

アルバムに収録されている曲は、典型的なキャッチーなアメリカン・ハード・ロック、メタルなのですが、曲自体はそうでもギター自体はクラシカルなフレーズに溢れた速弾きが全曲で炸裂。

Yngwieの不満とは裏腹に彼の個性が爆発していますよ。

 

もちろんこのバンドの魅力がYngwieのギターにあるのは事実なのだけれども、Yngwieのソロの独断場ばかりが魅力なだけでなく、「Cold Day in Hell」や「Abduction」で聴かせるツインリード調のギターや、ギターでハーモニーを聴かせるところも憎い演出。

超絶のYngwieに対して、一方のギターはそれほど上手くないので、裏ジャケに担当パートがヴォーカルの他にギターと書いてある

Ronのギターなのかな!?

 

Ronのヴォーカルは、金切り声タイプで、個人的にはあまり好きなタイプじゃないですね。

 

楽曲も同じ歌詞を連呼する曲が多く、まだ全然練りが足りない曲が多いですが、一聴の価値はあるアルバムだと思います。

 

 

Steeler
Shrapnel
【ディスク1】
  1. Cold Day In Hell
  2. Backseat Driver
  3. No Way Out
  4. Hot On Your Heels
  5. Abduction
  6. On The Rox
  7. Down To The Wire
  8. Born To Rock
  9. Serenade

| Macchi | 80年代ハードロック | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Thunder Island/Jay Ferguson(1977)
2017.11.11 Saturday 11:49

JUGEMテーマ:音楽

 

元Spirit、Jo Jo Gunneのヴォーカル、Jay Fergusonのソロ2作目。

 

冒頭のアルバム・タイトル曲からこれぞカリフォルニア産!と言いたくなる明るいポップセンスに溢れたナンバー。
この曲は全米9位を記録し、アルバムも72位を記録するなど、Jayが最もノリに乗っていた頃だけあって、タイトル曲に続く他の曲も捨て曲がなく、ご機嫌で悩みなど吹っ飛ばしてくれそうな雰囲気に溢れている。
どの曲もいいが、個人的なお薦め曲は「Soulin'」や「Happy Too」。

 

元々、SpiritやJo Jo Gunneでも陽気でご機嫌な曲を提供していたJayだけれども、本アルバムの陽気さは、元々生まれも育ちもカリフォルニアという生い立ちに加え、フロリダで録音しているというのも関係しているのかなとも思う。

 

アルバムは、EaglesやJoe Walshの作品に関わってきたBil Szymczykが、ファースト・アルバムに引き続きプロデュース担当。

 

収録に参加したアーティストもこれまたファーストに引き続き、Joe Walshが参加している。Joe Walsh自身、Eagles、そしてソロと、こちらも絶好調の時期であっただけに、本作で聴かせるスライドギターは絶妙な味を出している。
「Happy Birthday Baby」などは、Joeが歌っていてもおかしくないようなナンバーで、JayとJoeのポップ・センスもガッチリ合っていたからこそ、ファースト、セカンドとJoeの連続での参加になったんじゃないかなという気がします。

 

ウェスト・コースト・ロック黄金期の1枚ですね。

Jay Ferguson
Collector's Choice
【ディスク1】
  1. Thunder Island
  2. Soulin'
  3. Happy Birthday, Baby
  4. Losing Control
  5. Cozumel
  6. Night Shift
  7. Babylon
  8. Love Is Cold
  9. Happy Too!
  10. Magic Moment

| Macchi | 70年代西海岸ロック | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Peter Green Splinter Group/Peter Green Splinter Group(1997)
2017.10.29 Sunday 13:46

JUGEMテーマ:音楽

 

John Mayall & The BluesbreakersやPeter Green's Fleetwood Mac(Fleetwood Macは、元々Peter Greenのリーダー・グループだったのか!)の元ギタリストPeter Greenが、Cozy PowellやNeil Murray等と結成したPeter Green Splinter Groupのファースト・アルバム。

 

ブルーズ・ギタリストとしての技術的評価と共に、Fleetwood Macからの脱退理由、その後10年近くと、音楽活動からの長く続いた隠遁生活が、さらに伝説的な名声を高めた感もありますが、1990年代以降は音楽活動を再開し、本グループをはじめとして、活発な活動をしています。
1999年には同グループで日本へも来日し、私も赤坂ブリッツでのライヴを観ました。前座には、ジョー山中、エディ藩、Char、近藤房之介、妹尾隆一郎、ミッキー吉野、ジョニー吉長など、こちらも豪華なブルーズ好きな面々参加し、濃いブルーズ・ナイトを堪能した記憶があります。
 

アルバムは、1996年12月に行われたライヴ音源と、2曲のスタジオ録音新作曲を収録。
BluesbreakersやMac時代の曲を聴いた事がないので、若い頃のPeterと比べてどうだという事は言えないのですが、ボソボソとしたヴォーカルには、その年齢と共に渋いものを感じます。
肝心のギターですが、最初の「Hitch Hiking Woman」や「Travelling Riverside Blues」でのドブロによる演奏から、エレキギターに持ち替えて以降の曲での演奏は、ライヴでどういう順番で実際に演奏されたのか分かりませんが、曲が進むにつれてその演奏も次第に熱くなっていきます。「Going Down」での演奏なんかは、(演奏後の声援もかなり盛り上がっていたようですが)ファンには最高の演奏だったのではないでしょうか。

 

 

Peter Green
Snapper Classics UK
【ディスク1】
  1. Hitch Hiking Woman
  2. Travelling Riverside Blues
  3. Look On Yonder Wall
  4. Homework
  5. The Stumble
  6. Help Me
  7. Watch Your Step
  8. From 4' Till Late
  9. Steady Rollin' Man
  10. It Takes Me
  11. Dark End Of The Street
  12. Going Down

| Macchi | 90年代以降ロック | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Jennifer Warnes/Jennifer Warnes(1976)
2017.10.15 Sunday 19:02

JUGEMテーマ:音楽

 

Jennifer Warnesの4枚目のアルバムです。

 

それまで発表したアルバムは鳴かず飛ばずの状態でしたが、本作は全米43位を記録し、シングルでも「Right Time Of The Night」が全米6位まで上昇し、ようやく出世の足掛かりを掴みました。

 

アルバム内容は、Mick JaggerとKeith Richardsの共作による「Shine A Light」や、ヒットシングルとなったPeter McCannの「Right Time Of The Night」のようなキャッチーでカチッとした音作りの曲と、The Everly Brothersの「Love Hurts」や、Daniel Mooreの「Round And Round」のように、バラード系のシンプルでちょっとユルい感じの楽曲に分かれていて、ヒット作とはいえ、内容的にはまだ統一感が感じられません。

一般受けするなら完成度の高い前者の方の曲に軍配が上がるかもしれませんが、「Shine A Light」辺りなんかは、バックヴォーカルやホーンセクションなども強力にバックアップしているスワンプ調の曲で、Jenniferのヴォーカルも力強いので、彼女の必殺的な裏声美声に殺られた人達には、後者の曲の方が魅力的に感じるかもしれませんね。

 

録音に参加したミュージシャンが、これまた多彩で、Russ KunkelやJay Graydon、Kenny Edwards、Danny Kortchmar、Nikky Hopkins等々、実力派のスタジオミュージシャンがすらりと名前を並べています。

 

 

ジェニファー・ウォーンズ
SMJ
【ディスク1】
  1. ラヴ・ハーツ
  2. ラウンド・アンド・ラウンド
  3. シャイン・ア・ライト
  4. あなたは私のもの
  5. 夢を見ながら
  6. ママ
  7. 星影の散歩道
  8. マギー・バック・ホーム
  9. ドント・リード・ミー・オン
  10. 行かないでダディ
  11. オー・ゴッド・オブ・ラヴリネス

| Macchi | 女性ヴォーカル | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
A Thousand Pictures/Craig Chaquico(1996)
2017.10.09 Monday 12:59

JUGEMテーマ:音楽

 

Jefferson Starshipの元ギタリストCraig Chaquicoの3枚目のソロアルバム。

 

当時の事は知りませんが(まだロックにはまっていない頃なので)、Jefferson Starship〜Starship時代は、それこそRainbowのRitchie Blackmore並にギターキッズの憧れの的だったというCraig Chaquico。

確かにそれまでのJefferson AirplaneのギタリストJorma Kaukonenなどとは違い、ハード・ロッキンなプレイがスタイルのギタリストなので、Ritchieと肩を並べられたかどうかは疑問ですが、そのプレイスタイルはギターキッズを魅了するものがあると思います。

 

Starship解散後は、それまでのプレイスタイルとはガラリと変わり、アコースティックギターによるスムース・ジャズ路線へと転向し、このジャンルでグラミー賞にノミネートされるまでのキャリアを重ねているようです。

 

スムース・ジャズというジャンルがどういうものかは分りませんが、本作もアコースティックギターを中心に、イージーリスニングのような楽曲が展開され、それまでのハード・ロック・スタイルとは当然違うし、AORとも違うし、ロック時代の彼のギターを聴いている人には、消化不良の感が残る作品かな。

 

 

| Macchi | 90年代以降ロック | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2017年10月8日のつぶやき
2017.10.09 Monday 03:40
18:22
ボート釣りをしに、1年2ヶ月振りに京急大津へ行ってきた。武山根で1度も移動せず、鯵28匹の大漁。 https://t.co/ptPsPqnVjs
| Macchi | - | - | - | pookmark |
←back 1/150 pages next→