Macchiが通勤BGMとして聴いたアルバム、休日に観た映画、休日の海のボート釣り
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
pc
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
2007年12月1日より
ブログパーツUL5
注目ブログ
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
I Can't Stand Still/Don Henley(1982)

JUGEMテーマ:音楽

 

Eagles解散後、Don Henleyが発表した最初のソロ・アルバムです。

Danny Kortchmarがアルバム制作を全面的にバックアップし、Waddy WachtelやSteve Lukather、Andrew Goldなど豪華な面々が録音に参加し、EaglesからもJoe WalshやTimothy B. Schmitが参加しています。

 

Eaglesのメンバーは、バンド解散後、各々ソロ・アルバムを何枚か発表していますが、それらの中でとにかく一番苦手なのがこのアルバムです。

でも、このアルバムを無性に聴きたくなり引っ張り出しました。いやむしろ遅過ぎた位だった。このアルバムの存在を忘れていました。

 

上で自分はこのアルバムが一番苦手と書きましたが、恐らく僕だけじゃなくて、他のEaglesファンも少なくとも得意とはしていない、Henleyのアルバムの中でこのアルバムを一番に挙げる人はいないんじゃないかな…と勝手に決めつけています。

 

何が苦手って、まず大胆に使われたシンセサイザーの音色。

後期になるほど洗練された都会的なサウンドを身に付けていったとはいえ、Eaglesが好きな理由の一つにアーシーなサウンドを挙げる人も多いと思いますが、僕は後追いだったとはいえそういうEagles的なサウンドを期待してこのアルバムを聴いたので、初めて耳にした時にはとにかく自分の期待を大きく裏切られてビックリしたものです。

特に冒頭のアルバムタイトル曲「I Can't Stand Still」の中間部で披露されるシンセソロには、その音色のダサさに思わずのけぞりました。このシンセソロで苦手意識を植え付けられたといっても過言でもありません。

既にAORも70年代後半には登場していたし、『The Long Run』で「The Sad Cafe」のような曲をEaglesは収録していたので、いくらなんでもこのシンセの音色はねぇだろうと思ったのです。

 

時代が時代とはいえ、全米第3位になった「Dirty Laundry」のようなニューウェイブ調の楽曲も苦手ですね。

これもEagels的な楽曲を期待していたので、苦手意識を植え付けられた理由の一つです。

 

HenleyがEaglesの精神的支柱を支えていて、文学者である彼がその詞的世界を形成していたのは周知の事実ですが、このアルバムでも上記の「Dirty Laundry」や「Johnny Can't Read」のようにメディア批判などシニカルな視点で書かれた曲が収録されていて、重厚感のあるアルバムに仕上がっています。

 

本作はEagles解散に伴う痛みや、僚友Glenn Freyに対する思いを歌っていると評されますが、改めて今回このアルバムを聴いていて、このアルバムを作った当時のHenleyの心境はいかばかりかだったのだろうと思います。

アルバムタイトル曲といい、「Dirty Laundry」や「Johnny Can't Read」といい、感情丸出しで歌っていて、聴いているこっちが壊れてどうにかなってしまいかねないような曲が多く、辛いものがあります。

ジャケットの写真も、ダイニングで一本一本並べられたマッチの火をつけるHenleyの姿にも何か意味深なものを感じますし…。

救いなのが、J.D.Southerが曲作りに加わったバラード「Talking To The Moon」。でも、この曲だって別れを歌った苦い想いを歌った曲です。

 

アルバムの完成度は、後に発表されたアルバムには劣りますが、苦い意識を植え付けられると同時に、興味深い1枚に思えてきた今日この頃です。

 

 

ドン・ヘンリー
ワーナーミュージック・ジャパン
【ディスク1】
  1. アイ・キャント・スタンド・スティル
  2. ユー・ベター・ハング・アップ
  3. ロング・ウェイ・ホーム
  4. ノーバディズ・ビジネス
  5. トーキング・トゥ・ザ・ムーン
  6. ダーティ・ラウンドリィ
  7. ジョニーの青春
  8. ゼム・アンド・アス
  9. ラ・アイル
  10. ライラ
  11. ジ・アンクラウデッド・デイ

| 80年代ロック | 18:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
Katmandu/Katmandu(1991)
カトマンドゥ
エピックレコードジャパン

JUGEMテーマ:音楽

 

久し振りにハード・ロックを聴きましょうかね。

 

ハード・ロックの代表的なバンドを一つ挙げろと言われたら、Led Zeppelinの名を挙げる方も多いかと思いますが、1990年前後には、Kingdom ComeBadlandsのようにLed Zeppelinの影響を受けたハード・ロック・バンドが出現しますね。

今回聴いたKatmanduもそんなバンドの一つといってもいいでしょう。

 

Katmanduは、元FastwayのDave Kingと元CobraAsiaのMandy Mayerが中心となって結成されたハード・ロック・バンドです。

 

上に書いたようにLed Zeppelinからの影響を強く受けていて、冒頭の「The Way You Make Me Feel」や「When the Rain Comes」、「Ready for the Common Man」など、ブルージーなハード・ロックを展開してくれます。

Mandyのギターにはあまり派手さがないのですが、DaveのヴォーカルがRobert Plantタイプのハイトーン・ヴォーカルでなかなか聴かせてくれます。

「Sometimes Again」や「Heart & Soul」のようなアコースティック調の楽曲も、剛ばかりではない柔の面も併せ持ったZeppelinの影響を受けていていいですね。

 

アルバムのクオリティは決して低くないのですが、時代はグランジ、オルタナ時代に突入していたし、音楽性とは裏腹に何故こうなったのかよく分からないバンド名やアルバムジャケットも災いしたのか、結局本作1枚で終わってしまいました。

中古屋でも二束三文の値段で売られていて、ジャケットを見ただけでは何のアルバムなのか全く分からないし、手を出す気にもちょっとなれないかもしれませんが、いい意味でだまされたと思える1枚ですね。

 

個人的なお薦め曲は、黒人霊歌「Sometimes I Feel like A Motherless Child」をイントロに使った「Ready for the Common Man」です。

 

1. The Way You Make Me Feel
2. God, Part II
3. Love Hurts
4. Sometimes Again
5. When the Rain Comes
6. Heart & Soul
7. Ready for the Common Man
8. Only the Good Die Young
9. Let the Heartache Begin
10. Medicine Man
11. Pull Together
12. Warzone

 

| 90年代以降ロック | 21:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
Alive Alone/Mickey Thomas(1981)
Mickey Thomas
Wounded Bird Records

JUGEMテーマ:音楽

 

さすがに夏の疲れが出て来たのか、ここ数日の寝起きが悪いです。

 

今回は、Jefferson Starship、Starshipのリード・ヴォーカル、Mickey Thomasのセカンド・アルバムです。

 

何でこのアルバムを聴きたくなったのかというと、このアルバムにはEaglesのDon HenleyとGlenn Freyが共作した「Too Much Drama」という曲をカヴァーしており、しかもアルバムの録音にはDon Felderが参加していると知ったからです。

 

録音アーティストのメンバーには、Felderの他に、Joe Vitale、Paul Harris、George PerryといったEaglesに近い人達が参加しており、他にTOTOのSteve Pocaroも参加。Jefferson StarshipからはCraig Chaquicoが参加しています。

プロデュースが、これまたEagelsのプロデュースではお馴染みのBill Szymczykというのも興味深いですね。

収録した曲は、上で書いたHenley/Freyの共作曲他のに、Funky KingsのJules Shearの曲やAndy Goldmarkの曲、それにJourneyのJonathan Cainの曲、さらにはCreamの「Badge」もカヴァーしています。

 

歌は上手い人なのでかなりの期待もしながら聴いたのですが…、肝心のアルバム内容はというと、ポップな曲から、いかにもSSW調のフォーキーな曲、それにトロピカルなレゲエ調の曲まで、実にソツなくこなしているという感じ。

Grace Slickにもひけをとらないハイトーン・ヴォーカルで、元々歌の上手い人なので、手堅い演奏陣の演奏も加えれば、悪くなるわけもないのですが、可もなく不可もない内容で、どこか引っ掛かるところもなくスルッと入り込んでしまい、あまり印象にも残らない内容です。

 

肝心のHenley/Freyの共作曲「Too Much Drama」ですが、この曲の存在は今回知りましたが、何でしょうこれ、Eaglesの「Funky New Year」?という感じのR&B調の曲。爽やかなウェスト・コースト・ロックを期待した人には肩透かし食らってしまうかもしれません…。

でも、肝心のEaglesがBoXでもろくな未発表音源すら公表しなかっただけに、この曲の存在は貴重なのかな。

 

(収録曲)

1.She's Got You Running

2.Alive Alone

3.Maybe Tomorrow

4.Following Every Finger

5.This Time They Told The Truth

6.Survivor

7.You're Good With Your Love

8.I Don't Wanna Talk About It

9.Too Much Drama

10.Badge

| 80年代ロック | 16:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
It Ain't Me Babe/The Turtles(1965)

JUGEMテーマ:音楽

 

世間でいうお盆休みの時の事ですが、初めて入った本格インドカレー屋さんで、店員のお姉さんとの優しいちょっとした会話に、癒された今日この頃です。

 

今回は、The Turtlesのファースト・アルバムです。

 

収録曲は、Barry McGuireのヒットで有名なEve of Destruction」をはじめとするP.F. Sloanの曲や、「Like A Rolling Stone」をはじめとするBob Dylanの曲のカヴァーを中心に、「Wanderin' Kind」といったメンバーのHoward Kaylanのペンによるオリジナル曲を織り交ぜています。

このアルバムでは、Dylanの「It Ain't Me Babe」と、Sloanの「Let Me Be」を、それぞれビルボードチャート10位、30位にチャートインしています。

 

ちなみに「Let Me Be」は、次作『You Baby』でも再収録されています。

 

The Byrds同様、フォーク・ロックを展開していますが、ヒットした「It Ain't Me Babe」や「Let Me Be」を聴いていると、メロウなポップ・ロック・バンドのような印象を受けますし、これらの曲がヒットしたところを考えると、リスナーが彼等に求めたイメージもそんな感じだったのかなという気がしますが、「Let The Cold Winds Blow」や「A Walk In The Sun」を聴いていると、彼等自身はもっと荒々しいガレージ・ロック的な面も求めていたような気がしますね。

 

まだデビューアルバムなので、今一つパッとした印象が残らないアルバムですが、彼等の魅力の片鱗が垣間見えるアルバムです。

 

 

Turtles
Edsel
【ディスク1】
  1. "1.Wanderin’ Kind
  2. It Was A Very Good Year
  3. Your Maw Said You Cried
  4. Eve Of Destruction
  5. Glitter And Gold
  6. Let Me Be
  7. Let The Cold Winds Blow
  8. It Ain’t Me Babe
  9. A Walk In The Sun
  10. Last Laugh
  11. Love Minus Zero
  12. Like A Rolling Stone"
【ディスク2】
  1. "1.Wanderin’ Kind
  2. It Was A Very Good Year
  3. Your Maw Said You Cried
  4. Eve Of Destruction
  5. Glitter And Gold
  6. Let Me Be
  7. Let The Cold Winds Blow
  8. It Ain’t Me Babe
  9. A Walk In The Sun
  10. Last Laugh
  11. Love Minus Zero
  12. Like A Rolling Stone"

| 60年代西海岸ロック | 17:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
A Space In Time/Ten Years After(1971)

JUGEMテーマ:音楽

 

終戦(敗戦)から73年が経ちましたが、戦争を体験した方が亡くなっていくにつれ、当時の事を語れる方が少なくなっていく中で、段々とこの時期のテレビ番組も当時をの事を振り返る番組も少なくなっていきますね。

危機感を感じずにいられません。

 

Ten Years Afterの6作目です。

 

アルバムタイトル『A Space In Time』通り、「Here They Come」や「Baby Won't You Let Me Rock 'N' Roll You」ではSEを使ってスペーシーな感じを醸し出しています。スペーシーといえばスペーシーなのですが、冒頭の「One of These Days」や3曲目の「I'd Love to Change the World」の感じからサイケ調ともいえますね。

収録曲は、ブルーズベースの楽曲が多くを占めますが、ストリングスを使った「Over the Hill」や、「Over the Hill」のようなロックンロール調の曲、それに「Hard Monkeys」のようなポップな曲もあり、多様性があります。

アルバムの構成もどことなくコンセプト調で、アコースティックギターをフィーチャーした曲を上手い感じで配置しているのもいい感じで、彼等のピークは過ぎてしまって、彼等のイメージとは違うと思う人もいると思いますが、客観的に評価すれば地味だけどいいアルバムだと思いますよ。

 

 

テン・イヤーズ・アフター
EMIミュージック・ジャパン
【ディスク1】
  1. ワン・オブ・ジーズ・デイズ
  2. ヒア・ゼイ・カム
  3. チェンジ・ザ・ワールド
  4. オーヴァー・ザ・ヒル
  5. ロックン・ロール・ユー
  6. 過ぎたむかし
  7. レット・ザ・スカイ・フォール
  8. ハード・モンキーズ
  9. アイヴ・ビーン・ゼア・トゥー
  10. アンクル・ジャム

| 70年代ブリティッシュハードロック | 19:08 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark
We Ran/Linda Ronstadt(1998)

JUGEMテーマ:音楽

 

Linda Ronstadt、通算21枚目のスタジオ録音アルバムです。

 

1980年代に入り、スタンダード音楽やメキシコ音楽へと足を踏み入れたLindaですが、ずっとそのような音楽を続けていたわけではなく、合間にカントリー音楽やポップ、ロック音楽へ回帰しています。

 

本作もロックへと回帰したと評価されたアルバムで、John Hiattの「When We Ran」や「Icy Blue Heart」、Bruce Springsteenの「If I Should Fall Behind」といった曲をカヴァーしているのですが、それまでのようにアップテンポな曲があるわけではなく、力強い歌声を聴かせてくれますが、昔の様な野太いシャウトを聴かせる事もありません。

実に落ち着いたたたずまいの大人のロックです(AORという意味ではありません)。

 

と書くと、ああロックに戻ったのねだけで終わってしまうのですが、この後彼女が再びロック、ポップスに回帰したアルバムを作る事がなかった事を考えると、落ち着いていると同時に何か寂しげな、彼女のロック、ポップス歌手としての使命、役割を終えたようにも聴こえます。

 

「Ruler of My Heart」や「Cry 'Til My Tears Run Dry」など、R&B調のこの時期のだからこそ円熟した歌声を聴かせる楽曲もいいけど、Waddy Wachtelが書いた「Damage」が個人的にお気に入り。

 

お馴染みのGlyn Johnsがプロデュースし、Bernie LeadonやMike Cambell、Waddy Wachtel、Jim Keltner、Leland Sklar、Russ Kunkelなど、ウェスト・コースト・ロックのお馴染みの面々が録音に参加しています。

 

 

Linda Ronstadt
Elektra / Wea
【ディスク1】
  1. When We Ran
  2. If I Should Fall Behind
  3. Give Me A Reason
  4. Ruler Of My Heart
  5. Just Like Tom Thumb's Blues
  6. Cry 'Til My Tears Run Dry
  7. I Go To Pieces
  8. Heartbreak Kind
  9. Damage
  10. Icy Blue Heart
  11. Dreams Of The San Joaquin

| 女性ヴォーカル | 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
On A Day Like Today/Bryan Adams(1998)

JUGEMテーマ:音楽

 

Bryan Adamsの記事は、2008年1月20日にセカンドアルバムを取り上げていますが、あの記事では、あの人は今何をしているの?みたいな感じで書きました。

その2年後にバンクーバー五輪の開会式に登場して、今も健在なのを知り、別に彼を熱心に聴いていたわけではないけれども、80年代の全盛期をリアルタイムで知っている者として、ちょっと嬉しかったものです。

 

で、今回聴いたのは、そんな彼がセールス的にはアメリカでは低迷し、全盛期を過ぎた頃に発表したアルバムです。

ブックオフで状態のいいのが280円で売られていたのを買ったものです。

 

デヴュー当初は熱いロックンローラーとして、80年代後半から90年代前半はバラードナンバーをヒットさせ、ヒットチャートの常連としてBryan Adamsは活動していましたが、1990年代以降は、グランジ、オルタナ旋風が吹き荒れるなど音楽市場も様変わりして、1980年代的な音楽もなかなか通用しなくなってきたので、彼が以前のようにヒットチャートに躍り出るのは難しいのかなと思います。

 

そういった意味では、本作は祭りの後というか、デヴュー時のように熱過ぎる事もなく、またバラードをヒットさせていた頃のように甘ったる過ぎる事もなく、そういった時代を通り過ぎ、吹っ切れたような渋さが光る好盤です。

渋いといっても、職人的ないぶし銀のようなものではなく、元々メロディメーカーなので、さらりとした優しい甘さや爽やかさが漂うようなロック、ポップスですね。

これといってド派手な曲もないので、何となくサラッと通り過ぎてしまいそうな曲ばかりを収録しているのですが、「How Do Ya Feel Tonight」や「C'mon C'mon C'mon」、「Fealess」辺りの曲は、個人的になかなか好きですよ。

ギターが実に堅実でちょっとブルージーなのもいい味出してますね。

 

 

ブライアン・アダムス,メラニー・C
ポリドール
【ディスク1】
  1. ハウ ドゥ ヤ フィール トゥナイト
  2. カモン カモン カモン
  3. ゲッタウェイ
  4. デイ ライク トゥデイ
  5. フィアレス
  6. アイム ア ライアー
  7. クラウド ナンバー ナイン
  8. ホエン ユーアー ゴーン
  9. インサイド アウト
  10. イフ アイ ハド ユー
  11. ビフォア ザ ナイト イズ オーヴァー
  12. アイ ドント ウォナ リヴ フォーエヴァー
  13. ホエア エンジェルズ フィアー トゥ トレッド
  14. ライ トゥ ミー
  15. ヘイ ベイビー

| 90年代以降ロック | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
Taking A Cold Look/I-Ten(1983)

JUGEMテーマ:音楽

 

1980年代に、ソングライティング・チームとしてMadonnaやCyndi Lauperなどに楽曲提供し、大成功を収めるTom KellyとBilly Steinbergが組んだデュオI-Tenが発表した唯一作です。

Tom Kellyについては、彼がメンバーだったカントリー・ロック・バンドFools Goldのファーストセカンドを以前取り上げています。

 

Keith OlsenとSteve Lukatherが共同プロデュースしており、レコーディングにはSteve LukatherをはじめとしてDavid PaichやSteve PocaroのTOTOのメンバー他が参加。

 

収録曲はハード・ポップ調で、いかにも80年代らしい産業ロックですね。

と書くと、手厳しい音楽ファンには嫌われるタイプのロックですが、さすが80年代にヒット曲を量産したソングライティング・チームだけあって、収録されている曲はやはり良く出来ていますよ。

今の時代、洋邦を問わず、こういうすんなりと耳に馴染むポップ・ソングって、あまり聴けないですし。

 

アルバム冒頭の「Taking A Cold Look」から「Lonely In Each Others Arms」までは、「Taking A Cold Look」のようなハードな曲から、「Alone」のような壮大なバラード、アップテンポな「Workin' For A Lovin'」、シュールな「Lonely In Each Others Arms」とバラエティに富んだ楽曲が収録されていて飽きさせません。

「I Don’t Want To Lose You」以降は、段々似たような楽曲が多くなってきて、メリハリも効かなくなり、ちょっと飽きてきてしまうのですが、それぞれの楽曲自体は決してクオリティが低いわけではないですよ。

 

ちなみに「Alone」は、1987年にHeartがカヴァーして、全米1位を獲得する大ヒットとなっています。

 

 

アイ・テン
SMJ
【ディスク1】
  1. テイキング・ア・コールド・ルック
  2. クイックサンド
  3. アローン
  4. ワーキン・フォー・ア・ラヴィン
  5. ロンリー・イン・イーチ・アザーズ・アームズ
  6. アイ・ドント・ウォント・トゥ・ルーズ・ユー
  7. タイム・トゥ・セイ・グッバイ
  8. イージー・ウェイ・アウト
  9. クライング
  10. プレッシング・マイ・ラック

| AOR | 22:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
Hat Trick/America(1973)

JUGEMテーマ:音楽

 

サッカー・ワールドカップは、フランスの優勝で終わりましたが、今回このアルバムを聴いた理由は、別にその事とは関係ありません。

 

自分はサッカーには(情報としては耳目に入りますが)特に興味はなく、その事を他の人から「何で?」と飲み会の席で言われました。でも、前監督の解任に伴うゴタゴタから当初はさほど期待されていなかったように記憶していますが、いい意味で期待を裏切るその善戦ぶりに日本中が沸くのは分かるのですが、サッカーに別に興味も持っていない人まで大騒ぎするのも何なんだろうね!?という気も…。

 

Americaの3枚目です。

 

Hal Blaine、Jim Ed Norman、Joe Walshに加え、Cark Wilson、Bruce JohnstonといったThe Beach Boysの面々もレコーディングに参加しています。

 

アルバムは、ボッサ調の「Muskrat Love」からスタート。シンプルな演奏で決してドラマチックな展開もなく、淡々と進む楽曲展開ながら、穏やかに流れる曲調が心を落ち着かせます。

「She's Gonna Let You Down」は、Gerry Beckley作らしいブリティシュ・ポップ調のセンチメンタルなバラードなのですが、自分にはちょっと鼻に付く曲かな。

続くDewey Bunnell作の「Raibow Song」は、本作で自分的に一押しの曲。中盤から後半にかけてドラマチックに盛り上がっていくポップ・ソングです。

 

カントリー・ロック調の「Submarine Ladies」から、組曲調のアルバムタイトル曲まで、バラエティに富んだ楽曲を収録した好盤です。

アメリカ
ワーナーミュージック・ジャパン
【ディスク1】
  1. マスクラット・ラヴ
  2. ウィンド・ウェイヴ
  3. あの娘にふられて
  4. レインボウ・ソング
  5. サブマリン・レイディーズ
  6. イッツ・ライフ
  7. ハット・トリック
  8. 甘い恋のふれあい
  9. グリーン・モンキー
  10. ウィロウ・トゥリー・ララバイ
  11. グッドバイ

| 70年代西海岸ロック | 10:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
Singles/The Free Design(2011)

正人に涼次、それに元住吉祥平ね…。あまりの偶然に、もはや笑えない…。

 

60年代後半から70年代前半にかけて活躍したソフト・ロック・グループThe Free Designが発表したシングル曲等を集めた企画盤です。

The Free Designについては、4枚目6枚目を取り上げました。

 

ソフトロックというと、極上のコーラス、ハーモニー、ドリーミーなメロディが代名詞ですが、このグループはそれに加え、ジャジーで大人っぽい面を見せるところも魅力の一つです。

特にDisc1に収録されているJohn Phillips作「Summertime」のカヴァーは、ブルージーな面も魅せるナンバーで意外な1曲かと思います。

 

 

フリー・デザイン
SOLID
【ディスク1】
  1. カイツ・アー・ファン
  2. プロパー・オーナメンツ
  3. あなたと私
  4. ネヴァー・テル・ザ・ワールド
  5. アイ・ファウンド・ラヴ
  6. アンブレラズ
  7. エリナー・リグビー
  8. メイク・ザ・マッドネス・ストップ
  9. クロース・ユア・マウス (アルバム未収録楽曲)
  10. クリスマス・イズ・ザ・デイ
  11. ボーン・アゲイン
  12. ア・リーフ・ハズ・ヴェインズ
  13. 何処に行ったら
  14. ガールズ・アローン
  15. サマータイム
  16. ドリアン・ベニディクション
  17. イフ・アイ・ワー・カーペンター
  18. ナウ・イズ・ザ・タイム
【ディスク2】
  1. 2002年のヒット・ソング
  2. ハリー・サンダウン
  3. バタフライはフリー
  4. 私のエンジェル
  5. アイム・ア・ヨギ
  6. バブルス
  7. トゥモロー・イズ・ザ・ファースト・デイ
  8. キジィズ・ウィジィ
  9. タイム・アンド・ラブ
  10. ドント・クライ・ベイビー
  11. フェルト・ソー・グッド
  12. ユー・アー・マイ・サンシャイン
  13. ステイ・オブ・ユア・フラウン
  14. フレンドリー・マン
  15. フレンズ
  16. ゴーイング・バック
  17. ネイチャー・ボーイ (アルバム未収録楽曲)
  18. セツルメント・ボーイ (アルバム未収録楽曲)

| ソフトロック | 13:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark